アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Fisheye No.2でスピン

ワクワクして熱くなれるようなことをしたいかい?次に外に出る時はFisheyeを持ちだして、クローズアップ!

cruzron さんの写真

こんなことはもう常識だと思うけど、あえて繰り返す。 Fisheye視野が広い 。これを使えば、素晴らしいほどに魚眼に歪んだ170°の世界が見られるんだ。Fisheyeを使って、わざわざ遠くの被写体を撮影するなんてことはもちろんしない―地平線に見えるかすかな粒のように、すごく小さく見えてしまうんだ。昔の写真を参考までに載せておこう。

cruzron さんの写真

こんな微妙な写真になってしまう。Fisheyeを使って風景写真を撮ってはいけない、とまでは言わない。でも、撮影場所をしっかりと選ぶということに気を付けてほしい。全てのロモグラフィーカメラには、長所も短所もある。そんなカメラの本当に良いところを引き出して上げられるかは、私たちにかかっている。

cruzron さんの写真

Fisheyeに関して、いくつかアドバイスを残したい。できるだけ近づいて、できるだけの光を当てるんだ。もし被写体から一歩位しか離れていなくても、Fisheyeのワイドアングルでは、少し離れて見えてしまうから、ぐっと近づかなければいけない。そのカメラができる最高のことを信頼することで、良い結果がみえてくるはず。さぁ、試してみて!

販売中のFisheyeシリーズ一覧

cruzron さんの投稿、54070さんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Spanish & Italiano.