Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Lomography Spinner 360° 写真の切り取り方

Lomography Spinner 360° の写真を大きくプリントする為に、ネガのデータを切り取る方法をご紹介します。 このテクニックの手順に従って切り取れば、簡単にプリントできるファイルを用意することができるはず。切り取ったサイズは、どこのラボでもデジカメのデータのようにプリントを依頼できる大きさなので、 プリントをしてもらい、パズルのように組み合わせましょう。あなたのお気に入りのSpinner 360°の写真を、壁に飾れるような特大サイズのすばらしいイメージにすることができます!

大きくプリントするためにLomography Spinner 360° の写真を切り取ろう!

Lomography Spinner 360° の写真を大きくプリントする為に、ネガのデータを切り取る方法をご紹介します。
このテクニックの手順に従って切り取れば、簡単にプリントできるファイルを用意することができます。切り取ったサイズは、データでどこのラボでもデジカメのデータのように依頼できるようになるので、 プリントし、パズルのように並べてみましょう。あなたのお気に入りの Spinner 360° の写真を、壁に飾れるような特大サイズのすばらしいイメージにすることができます!

これからご紹介する方法は、簡単にいうと画像編集ソフトで規格外でプリントできないサイズのデータを、
あなたもよく手にしている、L版、2L版のサイズに写真を切り取ってしまうことで、どこでもプリントできるデジタルデータにしてしまおう!という方法です。


ぱっと見難しそうに感じるかもしれませんが、原理は簡単です。規格のサイズに合わせて写真を何枚かに切り取るだけです。一つ一つのデータをプリントしてつなぎ合わせれば、大きな360°写真の完成です。ぜひお試しください!

方法

1. 準備

精密でシャープなプリントをするために、なるべく大きな解像度でネガをスキャンしたデータを用意します。
1200 dpi 以上の解像度でネガスキャンすることをお勧めします。

また、あなたの Spinner 360° 写真をスライスする前に、あなたが依頼する現像所の、 プリント可能なサイズ を調べておいて下さい。サイズは8.9×12.7cm(L版)や、12.7×17.8cm(2L版)10.2×15.2cm(KG版はがきサイズ)などがあるでしょう。それらの基本のサイズを踏まえて、写真をいくつかのパーツに分ければ、プリントしたいサイズにスライスすることができます。

2. イメージの高さをセット

画像編集ソフトPhotoshopで、ネガスキャンした Spinner 360° 写真のファイルを開いてください。ファイルを開いたら、イメージの高さをセットします。

イメージの高さの設定方法:
1. 「イメージ」メニュー→「画像解像度」を選択。
2. もし、例えばL版にプリントしたい時は、「ドキュメントのサイズ」の高さを8.9cm(89mm)にします。
3. 必ず「縦横比の固定」にチェックを入れ、「画像の再サンプル」のチェックは外してください。そうすれば、ピクセル数が変わりません。

3. 「カンバスサイズ」を固定

次に、「カンバスサイズ」を固定します。

まず、2でドキュメントサイズの高さを設定した時の幅を確認します。その幅を、プリント依頼する予定の横幅(L判であれば12.7cmもしくは127mm)で割ります。そうすれば、何枚プリントが必要かわかります。
プリント枚数がわかったら、その枚数 × プリント予定の横幅サイズ(L判であれば12.7cmもしくは127mm)を計算し、その数値をカンバスサイズの横幅に設定します。

※例えば、 Spinner 360° 写真のドキュメントサイズの幅が37cmでプリント依頼するサイズがL判の場合、
37cm ÷ 12.7cm = 2 余り11.6cm つまり、3枚プリントすれば良いことになります。
3枚 × 12.7cm = 38.1cm となるので、カンバスサイズの幅は38.1cm(381mm)に設定しましょう。

カンバスサイズの設定の方法:
1. 「イメージ」メニュー→「カンバスサイズ」を選択
2. 「変更後のファイルサイズ」の幅に先ほど計算した数字(例だと38.1cmもしくは381mm)を入力。

その際、上記であげた例のように、プリントしたいサイズでは Spinner 360° 写真の横幅を割り切れない場合がほとんどです。ですので、余白の位置を設定する必要があります。

Spinner 360° 写真を中心に左右に余白を設定したい場合は、「基準位置」の9つのマスのうち、中心のマスを選択します。(下の写真の2/4番目)
・プリントされた写真の最後に余白を残したい場合 は、「基準位置」の9つのマスのうち、左端上から2番目のマスを選択します。(下の写真の3/4番目)
・同様に写真の最初に余白を残したい場合 は、右端上から2番目のマスを選択します。
「OK」を押せば、あなたの希望の場所に余白ができているはずです。
余白は、プリントが仕上がった後にカットすれば気になりません。

Spinner 360° の場合、1枚をL版のサイズ(8.9cm)にすると4、5枚のプリントになるでしょう。L版の写真の比率であれば、1 : 1.427であることを覚えておいて下さい。もし、もっと大きくしたい時は、掛け算をして、サイズ設定を変更しましょう。縦2枚、横10枚の写真や縦3枚、横15枚の写真、といったようにスライスすることができます。 どのフォーマットを選んでも問題ありません。あなたが作成した基本のファイルを使うことができます。

4. ガイドをつけて分割する

それでは、プリントを依頼できる状態にするために、実際に Spinner 360° 写真を分割してみましょう。
まず、正確にカットするための「ガイド」を挿入します。 各「ガイド」はイメージを切る部分につけます。 例えば、8.9×12.7cm(L版)のプリントで出す時、最初の「ガイド」は左端から12.7cm(127mm)、次のガイドは左端から25.4cm(254mm)につけます。

ガイドをつける方法:
1. 「ビュー」メニュー→「新規ガイド」を選択。
2. 「方向」は、「垂直方向」ボタンを選択。
3. 「位置」には、L判で印刷する場合「12.7cm(もしくは127mm)」と入力。
4. 「OK」を押せば、Spinner 360° 写真の左端から12.7cm(127mm)の位置に縦のラインが入るはずです。(下の写真の3/3番目)
5. 同様に、2つめの区切りの25.4cm(254mm)の位置にもガイドをつけましょう。
(プリント枚数が4枚以上ある場合も、同様に幅を計算してガイドを設定します。)

5. 新しいファイルに貼りつけて一枚分ごと保存する

それぞれの切り取ったイメージを選択・コピーしてから、新しいファイルを作成し、貼りつけてください。新しいファイルはプリントを依頼する状態のサイズで作成されます!

選択・コピー・新規ファイルの作成方法:
1. 左側のツールバーから、「長方形選択ツール」を選びます。
2. まず左上端から1つめのガイドの部分(プリント1枚目の部分)まで選択します。選択した部分は、四角く点線で囲われます。(下の写真の1/4番目)
3. 選択されている状態で、「編集」メニュー→「コピー」を選択します。これでコピーされます。
4. 「ファイル」メニュー→「新規」を選択します。ファイル名に任意の名前を入力し、「OK」を押します。
5. 真っ白の新しいウィンドウが開いたら、「編集」メニュー→「ペースト」を選択します。(下の写真の2/4番目)
6. 「ファイル」メニュー→「別名で保存」を選択し、任意の場所に保存します。これが1枚目のプリントデータです。
7. 同様に、2枚目以降も選択・コピー・ファイル作成します。(下の写真の3/4番目)

これで、データが作成できました。

6. もっと細かく分割する

6. では、 Spinner 360° の写真をもっとたくさんのプリントに分割したい時、どうすればよいでしょうか。
「ガイド」を加えて切り取り直すだけです。
先程のファイルをさらに分割します。まずは高さから。先ほどの「ガイド」をつける方法を参考に、今度は「水平方向」方向に一本「ガイド」を加えます。位置は、「カンバスサイズ」の高さの半分です。(下の写真の3/6番目)
横方向も同様に先程のガイドの半分の位置に「垂直方向」にガイドを加えます。(下の写真の5/6〜6/6番目)

7. プリントを発注する

切り取り、各ファイルを1つのフォルダにまとめて保存できたら、あなたのお気に入りの現像所やメール発注のプリントサービスに出してください。

8. 組み合わせて完成!

8. 数日待つとプリントされた写真がいよいよ帰ってきます。 プリント写真を整理して、組み合わせる方法を選んでください。
Lomography Fotoclips を使ってロモウォールのようにつなげたり(下の写真)、接着面の付いているパネルに貼りつけて補強したり、壁に張ったりなどの方法があります。
ぜひ他のアイデアも考案してみてください!

このようにすれば、 Lomography Spinner 360° の写真を美しく、現実にプリントすることができます!ぜひお試しください!

plainjane さんの投稿、kyonnさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: 中文(繁體版)と­한국어と­Deutsch & Русский.