Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

桜の花と、多重露光

ハノーバーのLandes美術館の桜の花にインスピレーションを受けて、私は多重露光をしました。

それは太陽の光が輝く日ではない日。けれども、ハノーバーのLandes美術館の桜の木が私の注意を引きつけました。
私は、フィルムを交換しなくてはならなかったので、期限切れのKodak Elitechrome EB2をLC-Aにセットして、私は、全体をただこれらの桜の花だけを撮り、1枚目のレイヤーにすることに決めました。

撮って撮って。もっともっと。
でも、私は皆さんに言わなくてはいけません。早く撮りながら前進することはきつい仕事です!

そして、撮り終えると、フィルムを巻き戻して、カメラの中に残し、ランダムに撮影に出かけました。結果はより花盛りであったり、少なく花盛りであったり。色ではなく、形が得られました。
私はその効果が好きなので、このテクニックを他のことでも試してみるつもりです。全ての写真にこのアイデアは共通して使えます。

あなたは何を撮ってみますか?

mephisto19 さんの投稿、kyonnさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Spanish & Deutsch.