Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Spinner 360°と他のカメラで多重露光

Spinner 360で多重露光写真をつくり上げることは簡単で楽しいことです!

私のお気に入りのロモグラフィック写真は多重露光です。それは、ロモグラフィーの10ゴールデンルールを具現化している、 美しさと、ハッピーなアクシデントをもつ結果になります。だから私は、Lomography Spinner 360°での多重露光をやめられません。私のLomography Spinner 360°の多重露光の初めての1本は、 LOMO LC-A+ で撮影した写真に重ねて撮ったものでした。
このテクニックは、とても簡単です。なぜなら、カメラを改造する必要がなく、道具も何も必要ないからです。

必要なもの
1. Lomography Spinner 360° 1台 : 驚くべきことにこれだけ。
2. 他のカメラ(Spinner以外の)
3. 1本の35mmフィルム

まず、あなたがするのは、 Lomography Spinner 360° でない他のカメラでフィルム1本分撮影すること。
私は、 LOMO LC-A+ カメラと、感度200のフィルムを使い、LOMO LC-A+の設定を感度400にしました。被写体にできるだけ近寄るようにし、花、友人、他人、彫刻を撮りました。また、テクスチャーや派手な色の写真も撮るようにしました。初めの写真は、被写体から腕の長さ位で撮る方がいいです。

1本分撮り終わったら、止まるまでフィルムを巻き戻します。でも、キャニスタ―(フィルムケース)の中に全て入らないようにして下さい。きっとあなたはフィルムの先端を必ず固定しておきたくなるでしょう。どういう意味かは、聞こえるより簡単です。

それから、 Lomography Spinner 360° にもう一度その同じフィルムを装填し、曇り設定にセットします。同じフィルムを2回露光すると、少しオーバー露光になってしまうかもしれませんが、これでうまくいきます。

大きく広がる空や、グレーや、白のコンクリートを撮ると、下層のイメージを消し去ってしまう傾向があります。これはこのテクニックとしてあなたが求めていないことでしょう。とはいえ、 Lomography Spinner 360° は大きな空が大好きです。

ゴールはとにかく考えすぎないこと。カメラと話しながら、手に入れることができるかもしれないクールな予想できない結果を探しましょう。このページの1つの写真にある、花や、友達のリンダや、ブロンズの幽霊のようなLAのダウンタウンあたりにあるジェームス・ディーンのように。

cheeso さんの投稿、kyonnさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。