Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

ドクターラボの実験。食器洗い機に…?

ドクターラボことhtiさんの実験講座です。いくつもの苦難を乗り越えて手に入れたハイクオリティなテクニック。その素晴らしい実験方法をを私達に教えてくれるそうです! 門外不出のテクニックを共有してくれたドクターラボに心から感謝します。 そしてフィルムフリーク大好き「テクニック」の中でアナログへの熱い想いを伝えてくれてありがとう! 皆さんそれでは、do the dishwasher!

*必ず注意事項をお読み頂き、全てご了承頂いた上で、フィルムの可能性をお楽しみください。

注意事項:フィルムを使ったテクニック記事について

ご参考までに、今回はコダックエクタクロームE200というフィルムを使いました。このテクニックではクロスプロセス用のフィルムをオススメします。クロスプロセスでの劇的な色の変化が、素晴らしい結果をもたらしてくれるからです。

必要な物
・コダック エクタクロームE 200
・食器洗い機
・暗室(お風呂場で大丈夫です)
・ドライヤー

工程1
未撮影のフィルムをスプーンや箸の入れ場に置きます(吹っ飛ばないように!)そしていつものように洗剤を投入して、スイッチオンです!
食洗機の運転が終わったら、フィルムを*冷たい水で洗い流しましょう。

*必ず冷たい水で洗い流して下さい。パトローネの中で起きている化学変化を冷やして直す必要があるのです。

工程2
フィルムを洗い終わったら、暗室に代わる場所を探しましょう。ドアが完全に閉まる、お風呂場やトイレが良いですね。そして感光しないように、外部からの光が無いかしっかり確認しましょう。まずパトローネの口を力ずくで開けます。そしてフィルムを引っ張り出し、ドライヤーで直接乾かします。完全に乾いたら、フィルムをしまって力ずくでパトローネの口を閉じましょう。フィルムが元の質感に戻るまでは10分程かかると思います。

工程3
最後にフィルムを装填して楽しく撮りましょう!撮り終わったらクロスプロセス現像に出し、ワクワクしながら待つのです!

ご覧のように、こんな効果は今まで見たことが無いですよね。これを見たフィルムフリークの皆さんはまた一つ食洗機効果という世界が広がったことだと思います。もしお家でこの実験を行うときは是非教えて下さい。驚きの結果を共有しましょう!

あなただけの テクニック をみんなに教えよう!

hti さんの投稿、peach0303さんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutschと­Nederlandsと­中文(繁體版)と­Spanishと­Русскийと­Português & Italiano.