アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

星景写真への手引き

この記事はビギナーからプロに向けた星景写真(星の軌跡の写真)の基礎知識と私が本で学んだテクニックやみなさんと共有したいチュートリアルを短いながらも集めたものです。

私が何かのテクニックを投稿するなんてことは思ってもみませんでした。というのも、ほとんど私は「Don’t think. Just shoot」というタイプの一人のロモグラファーなんですから(なにしろ私の最優先ルールなのです。ちょっとした思考はむしろ手抜きですし)。結果として、私はディテールにこだわらなくなり、写真を撮ったときはどうしていたかを覚えていないようになりました。
ほら、テクニックに投稿しようとしたらこれじゃまずいでしょう?それでも私はただ写真を撮ろうとしていました。

2・3ヶ月前のカリフォルニアが一番暑い月、数人の友人と私は丸一日を南モハーベの大自然の中で非文化的生活を送っていました。

_ああ、そうだ、”大自然”や”非文化的な生活”というのはあまり正確な表現とは言えませんね。だってピクニック・テーブルを広げて炉やグリルのある場所でキャンプをしていたんですから。

言い訳させてもらうと、水道や携帯電話の電波もなければ、一歩先には意地悪な笑顔がほとんど見えるくらいに大量の虫もいて、さらには夜が更けるとコヨーテが遠吠えしていたんですよ!人生の大半を大都市で過ごした私にはとてもワイルドに感じられました。_

ちょっと待って、何の話でしたっけ?
ああ、そうでした…

LAの喧噪からはなれて、私たちはライト・ペインティングの技を磨こうと思いました。
そうして砂漠の中でキャンプをすることになったのです。私は夜空にはとても魅力を感じていたので、星景写真を試すことにワクワクしていました。(今まで一度も試したことがなかったんです。)
なので、街を出る前にベテランの星景写真家が使う、テクニックを調べました。こうして、私は光(と複数の光――通り過ぎる飛行機からのじゃないですよ)の筋が写った写真を少なくとも1・2枚を撮影することが出来たのです。

1・2ヶ月後、キャンプのフィルムをスキャンする機会をやっと得たとき、実は2・3枚以上の良い写真があったことに気付いたのです。――思うに、これが私の初めての達成感ってやつですね。

それで私はここで、このテクニックを書きながら、みなさんとそのようなプロから得た技を共有しようと思います。
さあ、覚えておいてください。これはみなさんが始めるための基本的なアドバイスでしかありません。――現実離れしたフットワークもなければ、いかなる技術的な話でもありません。

ロケーション、ロケーション、重要なのはロケーション!!! 冒険家になってはるばるサハラ砂漠の真ん中へハイキングする必要はありません。みなさんの街から3・4km離れた、ほとんど平らな、いいロケーションさえあれば上手くいくんです。

星景写真に適したロケーションとにはこのような条件があります。

  • 十分に暗いこと。
  • 街の光が反射されないほどに十分遠く離れていること。
  • 光で照らして前景として利用できるランドマーク(木々や岩の並びなど)が2つ3つあること。
  • 一晩中そこにいても、大きな猫やクマや犬、不審者…(言いたいことはわかってくれるでしょう?)などなどに襲われないくらい安全であること
  • 雲ひとつない、抜けるような夜であること。

経験則 星々の光は15秒ごとに移動すると、どこかで読みました。本当に正確かどうかはわかりませんが、そうだと仮定しましょう。
そうすると…

  • 5-10分で目に見える光の跡が(短いけれど)写る。
  • シャッターを切ったままにしておくのが長ければ長いほど、光の跡は長くなる。

北極星を探せ! 北極星は北半球で唯一ずっと一点にとどまっている星です(南半球の方には、はちぶんぎ座シグマ星/南極星がそうですね)。
つまり…

  • そこへレンズを向けて十分長い間シャッターを切れば、極星の周りで円状に星の通った跡が撮れます。そして、
  • そこから離れたところに向けると、かわりに縞模様が撮れます。

持ち物

  • ほとんどのプロは一般的なものよりも、広角レンズを使うことが多いです。どこかで読んだのですが、東や西を向いているときは広角を使い、北や南を向いてる時は望遠レンズを使うんですって。
  • ISO50-100のフィルム――長い露光でもノイズが少ないので
  • ぐらつきのない、安定した三脚。なぜなら…理由はわかるでしょう…?
  • バルブ設定のあるカメラを一台(もしくは、言うなれば複数台。私はCanon XとDianaを使いました)
  • ロック機構のあるケーブル・レリーズ。数分から数時間に撮影が及びますからね
  • 暖をとるために毛布を一枚か、もっと。懐中電灯、いい本、話せる友だち(逃げることができる誰かがいいですね、万一を考えて)、合い間にうたた寝するつもりならタイマー、そうでなきゃたくさんのコーヒーがいるかもしれません。それから食べ物に…いや、そう難しく考えることはありませんよ。

絞りの設定 プロは絞りを開放にセットすることが多いと知りました。これは、より多くの光を取り込めるので非常に意味があります。でも、光を当てた前景から少なくとも10mは離れるように気を付けてください。そうすればピントは問題ないですから。
これを習得するのは大変な道のりでした。

露光時間を実験しよう!本当にこればっかりは最終的に写したいものによりけりです。

我慢強く、楽しんで!!

以上がほとんど星景写真の初心者に必要なキーポイントです。――いくつか私が見逃していなければですが、きっとおそれ多いことに誰かが指摘して知らせてくれると思います。
さらにいろいろなテクニックについてはインターネットですぐに見つけられるでしょう。

幸運と素晴らしい星空に恵まれますように!

blueskyandhardrock さんの投稿、reservoirpiggiesさんが翻訳

1 コメント

  1. piropiro

    piropiro

    試したいな!!

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: SpanishFrançaisItalianoNederlandsČeskoslovenskyРусскийDeutsch中文(繁體版) & 한국어.