Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

フィルムの両側で多重露光!

フィルムの裏側で写真を撮ると赤い写真(redscale)で撮れます。でもこうして撮るとやっぱり青い色も欲しいな〜って思ったりします。だったら両側で撮ればいいんだ!

ちょっと前にこんな テクニック を読んだ。

自分でRedscaleフィルム作れちゃうなんてすごい!でも両側で撮ったらどうなるんだろう?という事で友達のニック(Nic)にKodak Gold 800で写真を撮ってもらった。そして裏側でまた写真を撮ってみた。撮れた写真は最高だと思う!

また LOMO LC-A+Horizon を使ってFuji Superia 400で撮ってみた。

違うフィルムで撮ると裏側のトーンが少し違って撮れた。まだスライドフィルムで試していない。次はトライしてみようと思ってる!みんなもやってみたら?結構楽しいよ!

LOMO LC-A+ :言わずと知れた、自動露出機能で、感度設定の幅がISO 1600まで対応する、多重露光撮影も可能なコンパクト35mmカメラ。今すぐ オンラインショップ で手に入れよう!

Horizon Perfekt は通常の約2コマ分のフィルムを使用し、ダイナミックなパノラマイメージを撮影することができます。絞りやシャッタースピードを細かく設定することができ、撮影を全体的にマニュアルコントロールすることが可能です。驚きの美しいパノラマ写真を Horizon Perfekt でご堪能下さい。

porkchopsandy さんの投稿、jenboさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Türkçeと­Spanishと­Nederlandsと­Portuguêsと­Italianoと­Deutschと­ภาษาไทยと­中文(简体版) & 中文(繁體版).