Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

自家製レッドスケールフィルムの作り方

しばらく前に、自家製レッドスケールフィルムの作り方の記事を見ました。皆さんにもご紹介します :)

方法はとてもシンプルです。まず、2本のフィルムを手に入れます。
その内1本分全部をキャニスターから引き出して空っぽにします。1cmくらいフィルムの最後を残して切り取り、少し出た状態にしておきます。 ( 無駄みたいにおもえるけど、価値があるんです )

それから、もう1本のフィルムのフィルムリーダー部分を切り取り、つなぎ目をまっすぐにして、セロテープでできるだけきれいに先ほどカットしたフィルムと貼り付けます。必ず、逆さまに貼付けてください。それから、暗室に行くかダークバッグの中にいれます。でも私はただのブランケットの下でやりました。(フィルムの乳剤が光に当たると写真は写らなくなるので光を当てないように十分注意して行ってください!)それから、空にした方のフィルムにもう1つのキャニスターの中のフィルムを巻き戻します。

フィルムの終わりまできたら、暗いところから出して大丈夫です。1cmまたはそれ位残してカットします。
これからは空になった方のフィルムを次のレッドスケールフィルムの為にまた1本無駄にすることなく使うことができます。
裏返しになったフィルムの新しいフィルムリーダー部分をはさみで切って作り、外に出かけて撮影しましょう!

私は感度200のフィルムを使ってレッドスケールフィルムを作り、LC-Aで感度50設定で撮影しました。もしあなたがFisheyeなどの他のカメラで使いたいならば、感度400フィルムなどを使って作ってください。

もし自家製レッドスケールフィルムが気に入ったなら、感度設定によって色合いが変わる Lomography XRフィルム もぜひお試しください!

dogtanian さんの投稿、kyonnさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Československyと­Portuguêsと­Deutsch & Italiano.