アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

星と月を撮影しよう!

私は星と月が好きです。それを撮影すると美しさがよくわかります。 さぁ、カメラを使って星と月を撮影するテクニックを紹介しますね。

昔、35mmの私のカメラのバルブモードや長時間露光が何のためにあるのか考えてみました。シャッターをバルブにする機会は、行き交う車を長時間露光して撮影する以外にあるのかな?って。

私は月の満ち欠けや、星の軌道を捉えた写真にすっかり魅了されました。こういう美しい写真を撮るにはテレスコープやフィルターが必須なんだろうなって思いました。実際、こういう撮影をするテクニックはどんなカメラでもバルブモードがあればできちゃうんです。

Things needed:

  • 三脚、もしくはカメラをしっかり置ける水平な場所。
  • カメラ(当たり前だよね!)
  • ケーブルリリース(必須じゃないけど、あるといいです。)
  • フィルム
  • 我慢
  • 友だち(退屈しないために、これが一番大事)

月や星の軌道を撮影する前に、月齢をチェックしましょうね。月が一番明るいのはもちろん、満月のときですので、その前後の数日間までが撮影に適しています。空は雲がなくクリアなときがいいでしょう。こういった情報は天気予報をみれば簡単にわかります。

カメラについては、何でもいいと思います。 LOMO LC-WideLOMO LC-A+Diana のようにワイドアングルで撮影できるのが一番いいですね。もちろんフィルムを入れるのを忘れないように!

フィルムは感度100のものを使用します。

さっき言ったように、月齢と天気が撮影に最適な日を選びます。そして撮影に一番良いと思う場所を探しましょう。カメラを設置して、三脚を使ってもいいし、使わなくてもいいですよ。自分の狙い通りに構図なんかもしっかり確認して、カメラをちゃんとバルブモードにしましょう。そしてシャッターを押して、待ちます…..もちろん時間がかかりますので、ケーブルリリースを使うのをおすすめします。
露光時間の目安は

雲がない時の満月 ƒ8 – 90秒
晴れ時々曇りの満月 ƒ8 – 180秒
曇りの時の満月   ƒ8 – 270秒
少し欠けた月    ƒ8 – 120秒

感度100のフィルムを使った場合の目安です。あんまり露光時間を長くすると、月の丸みがわかりにくくなると思います。

晴れた日の星の軌道を撮るには、シャッターを少なくとも120秒は開けていないといけません。長く露光すれば、地球の自転による星の動きが捉えることができます。

この撮影で大切なのは「実験と実践」です。

もう一つ大事なことは、ラボに現像を頼むと、露出アンダーなのか、もしくは何も写ってない空の写真かと勘違いするかもしれないので、星を撮影したときちんと伝えましょう。もしくはフィルムを自分でスキャンしましょう。

LOMO LC-Wide が誇る新開発の17mm Minigon1ウルトラワイドアングルレンズ。この35mmカメラの奇跡はあなたの写真探検のパーフェクトな相棒です。このカメラは目を惹く驚くほどの鮮やかな色彩とコントラストと追加された3つの異なるフォーマットの多様性による色の噴水を作ります。新たな写真体験を LC-Wide とはじめよう。 こちらの Shop で購入できます。

pvalyk さんの投稿、keniさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Portuguêsと­Nederlands & Русский.