Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

La Sardinaで3D写真

La Sardinaの個性的な特徴をうまく利用すれば、ステレオグラフ(立体写真)が撮影できる!?さっそくLa Sardinaをどう使えばいいのか見てみよう!

La Sardina はスーパー楽しいカメラで、LOMO的撮影にピッタリですよね。実はこのカメラ、ステレオ写真に必要な2つの画像、つまり1つは左目で見た絵、1つは右目で見た絵、を撮影するにもピッタリなんです。ステレオな2つの画像をステレオ写真に変換するには、沢山のやり方があってフリープログラムもあります。ちなみにわたしのお気に入りのプログラムは Stereo Photo Maker です。英語、フランス語、ドイツ語、日本語に対応してますよ!

ステレオ写真のための2枚組の画像セットをつくるには、いくつかの方法があります。一番ベーシックなやり方は、1枚写真を撮り、人間の目の間隔を開けて、もう一枚写真を撮影することです。この方法には難点があり、2枚目の写真を撮る前になにかがちょっとでも動いたらステレオ写真に適切な写真にならず、ステレオ写真にしたときにフリッカーが生じること。もうひとつは、写真が撮影されるときに角度の違いが生じてしまうと、やっぱり適切な写真にならないことです。この問題を解決する方法は、 Holga 3D ステレオピンホールカメラのようなステレオ写真用のカメラを使うことです。これが一番単純な解決方法ですが、ステレオカメラは高額で、重くかさばるものが多いんですよね。ほとんどのステレオカメラはハーフフレームで、フルフレームの写真に比べると質が落ちます。スタンダードな35mmカメラより水平画角が狭い写真になるし、いつもここがステレオカメラって残念だと思うんです。これを解決する方法もあって、それはステレオ写真用固定台を買うか、つくることです。これがあれば2つの別々のカメラを三脚で固定できます。これがあればすごくいい3D画像が撮影できますよ。でも問題は、これってすごく大きくてかさばるってことです・・・。

そこで全部を解決する方法がこちらです。もし2つのカメラを持っているなら、そしてそれを上手にくっつける事ができるなら、この方法は絶対うまくいきますよ。単純にその2つをテープでくっつけて同時にシャッターボタンを押すようにすればいいんです。私はこの方法を2つのsardinaを使って実践しました。

La Sardina の持つ特徴は、ステレオカメラとしてピッタリだとさっき言いましたが、1つはその形です。彼女の持つまっ平らな側面は、もうひとつをぴったりとくっつけられます。いまどきのカメラの丸い側面はテープでくっつけるのが難しいんです。それからテープでくっつけたあとも、こんなふうに両方のフラッシュを接続させたままにできます。

そうすると、1つのフラッシュで、両方のシャッターに対応させなきゃいけないってことは無くなります。このようにとりつけられた2つのフラッシュは実際、画像を結合させたときに3D効果を強めます。それから私はLa Sardinaをこんなふうにくっつけた事もあります。

この配置でも両方のフラッシュを接続したままにできて、サイズもコンパクトにできます。このくっつけ方は固定するのが簡単なんですが、シャッターを同時に押すのが難しく、できる写真の水平サイズも小さくなってしまいます。だから私は最初のくっつけ方の方がいいと思います。

ステレオ写真を製作するのに、 La Sardina にはとっても便利な特徴がもうひとつあります。彼女がいろんな色の服をまとっていることです。私はいつも、右側をCubic、左側をDominoで撮影します。そうすると混乱しませんから。ステレオ写真を撮影する前にも、カメラを買った時付いてきたフォトアコーディオンの写真を1枚撮って、どっちのフィルムがどっちのカメラで撮影したのかちゃんとわかるようにしました。

水準器をカメラをてっぺんに取り付けました。ステレオ写真カメラは水平に撮影することが重要なんです。でも結局ほとんどの写真を水準器を使わずに撮影してしまいました。

La Sardinaの利点はまだあります。それはすっごい広角のレンズを備えていて、被写界深度が深いってこと。つまりすべてに焦点が合いますよね。近くのものと遠くのものが1枚に写っている写真を撮影することが、奥ゆきの魔術をつくりだしますから。

撮影した写真の組み合わせがこちらです。Stereo Photo Makerをつかって作成しました。

下の写真はred/cyan立体写真です。赤・青メガネがあれば立体にみえますよ。

そんなに大変なことをしてないけど、かなりいい結果になってますよね。ポートレートモードのステレオ写真もバッチリでした。だってすごく広角のレンズで水平画角が広いから。これで三脚、シャッターリリースケーブル、水準器をつかってきっちり撮影しても、もちろんすばらしい結果が得られました。でもここまですると、軽く、コンパクトで、使いやすいステレオ写真カメラっていう最初の目的からちょっと外れちゃいますが。

ということで、このステレオ写真にすっごく満足しました。どうでしょう、あなたがもし2つのSardinaをもっていたら、試してみませんか?

La Sardina シリーズをお供に、帆を貼って大海原に飛び出そう!35mmフィルムのカメラはダイナミックな広角レンズを搭載し、多重露光、ダイヤルの巻戻しだって可能、つまり楽しさとスリルたっぷりないたずらがだいすきなあなたに必要な全てが揃っています。 La Sardina カメラ の購入は こちら から!

gvelasco さんの投稿、mizugojiさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Portuguêsと­中文(简体版)と­Deutschと­中文(繁體版)と­Türkçeと­Italianoと­Françaisと­Spanishと­ภาษาไทยと­한국어 & Nederlands.