アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

基本に戻ろう フィルム感度について

室内で撮影するとぼんやりした写真になってしまう?夜の撮影は、全体的に茶色になったり色あせたりしてしまう?曇りや雪の日、ビーチで撮るとき、細かい部分がぼやけてしまう?そんなときは、撮影にぴったりのフィルムを選ぼう。

とってもいい写真だけど、(たとえとても晴れた日でも)感度100のフィルムじゃシャッタースピードが遅いからブレたりぼやけたりして、動きをとらえきれないんだ。200か400の方がよかったと思うね。

わざわざ名前は言わないし、これは珍しいことじゃないんだけど、今日サイトでペットの写真を見つけた。構図はとっても素晴らしかったんだけど、撮影した人はこんなコメントを残してた。「またぼやけてる…」

こういった問題が起きるのには色んな要因が考えられるけど、焦点がちゃんと合っているなら、突きつめれば原因は一つだ。露光時間が長すぎる。そのせいで手ブレがフィルムに反映されてしまい、ぼやけた写真になってしまう。さっきのペットの撮影者も、室内で感度200のフィルムを使って撮影してたんだ。200で撮影するなら三脚がないと、思ったような写真は撮れないね。

一眼レフなら色々とできるから調整したり、少なくとも、もうちょっとはっきりした写真を撮ったりできるけど、La Sardinaみたいなプラスチックレンズのトイカメラだとできることはただ一つ。どのカメラで撮影するときにもこれを守れば、写真はどんどんよくなっていくよ。

それは、そのときの撮影にぴったりのフィルムを選ぶってこと。

全てのフィルムには感度が設定されている。これは単純に、ネガでもブレのない、いい写真を撮るために必要な光の量を示しているんだ。数字が大きくなるほど、必要な光の量は少なくなる。つまり、被写体を捉えるためにシャッターが開いている時間が短くてすむんだ。ということはもちろん、手ブレが入る間もないってことだね。

これはISO100のフィルムだけど、感度が低すぎて、シャッタースピードが1/60であっても岩の間の細かい部分を写せない。この日に、このフィルムは合っていないってことだ。Holgaでは設定できないことが多くて、ぼんやりとした仕上がりになることを考えると特にね。

これから言うのはとりあえずのアドバイスで、科学的なことや三脚の使用、その他諸々にまでは言及はしない。さあ、これが秘訣だよ。

フィルムはISOかASA、または両方を規格とするんだけど、どのみちこれは大抵同じことだ。よくあるフィルムのタイプはこんな感じ。

ISO/ASA 100: 昼間や陽射しの強い晴れた日、ビーチで撮る日、雪山で撮る日。
ISO/ASA 200: どんよりと曇った日。100と400で迷ったときに。
ISO/ASA 400: 最も一般的。スポーツを撮る日や、雨の日。
ISO/ASA 800: 夕暮れ、日の沈む頃。室内でフラッシュをたくとき。
ISO/ASA 1600: これは手に入りにくくなっているけど、ロック・コンサートやナイトクラブで撮影するときは最低でもこれだね。これならフラッシュさえ必要ないよ。

なんだかカメラ歴の長い人から不満の声が聞こえてきそうだね。「粒子は?Delta3200やT64は?そんな単純じゃないよ…」って。確かにその通りだろう。そんなに単純じゃない。おもしろいフィルムを見つけたり、クロスプロセスを知ったり、自分のネガを現像したり、増感現像や減感現像をしたりするとなると、話は変わってくる。

でも、まずはこの手法をやってみよう。この単純なコツで技術力を上げたら、ネットで調べたり、このサイトを見たりしてフィルム感度や粒子、三脚の使用やクロスプロセスについてもっと色々な情報を手に入れよう。

基本に戻ろう はAdam Griffithsが月イチで発信するテクニックシリーズで、もう少し技術的なフィルム写真の知識を伝えるようにしている。Adamはそれぞれの記事で、基礎的なテーマを選んで、色んな例を使って簡潔に説明しているよ。

adam_g2000 さんの投稿、tea-teaさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: DeutschItalianoРусскийFrançaisSpanishPortuguês & Nederlands.