Petzval_preorder_header_kit

先行予約開始!発送はご予約順。2014年5月以降発送予定。

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

LC-Aクイックオレンジフィルター

白黒フィルムには一つ欠点があって、空を撮影したときに空と白い雲と空の見分けがあまりつかなくなってしまうことがあるんだ。そこでこのフィルターが役に立つんだよ。

LC-Aのフィルターなんて売っていないじゃないかって?問題ないよ!自分で手作りすれば良いんだ!

必要なもの
• 未露光、現像済みのフィルム
• はさみ
• 透明な粘着テープ

LC-Aのレンズをカバーできるサイズのフィルムを用意してね!

私の場合はスプロケット穴をカットするけど、もし急いでいる場合はカットしなくても大丈夫。

カットした後、テープを周りに貼付ける。

今度はテープの周りを綺麗に切りそろえる。これも気にならない場合はカットしなくても大丈夫。

そっとカメラ本体に取り付ける。

そうすればカメラフィルターの完成です!

もし撮影中にフィルターを使いたくなければこうやってカメラの後ろに貼付ければ大丈夫!

さて、実際の例を見てみよう。下記の一枚目の写真がフィルターなしで、二枚目がフィルターありの写真だよ。

違いは明らかでしょう。太陽の光が強くて露出オーバーになってしまいそうな場合是非フィルターで撮影してみてね。この2番目の写真も1つ目がフィルターなしで2つ目がフィルターありの写真だよ。

フィルターを使う時は、LC-A でのISO設定を25、フィルムをISO50のフィルムで試していると良い写真が撮れるよ。

どうかこのテクニック記事が役に立ちますように!
いろいろ試して楽しんでみてね!

zark さんの投稿、tame_sanさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Deutschによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Englishภาษาไทย中文(繁體版) & Italiano.