Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

多重露光のちょっとしたコツ!

多重露光!フィルムスワップ!どんな呼び方にせよ、国内・国外問わず二人のロモグラファーで行う、楽しい共同作業だよね。 友達もしくはまったく知らない人とフィルムを交換すると思うんだけど、一つはっきり言えるのは、ラボから写真を受け取ったときにいつも驚きの結果が出てくるってこと。そうだよね?ここでは、多重露光のちょっとしたコツを教えるよ!

adi_totp さんの写真

1. セルフポートレイトを撮ろう!

これは他の人と一緒に多重露光をするとき、ロモグラファーのほとんどがやっていることだと思う。多重露光のパートナーとの、素晴らしいセルフポートレイトを手に入れることができるよ。いいと思わない?おもしろいよね!

2. 露出を下げよう!

これはとても重要!多重露光のバランスをとるために露出を下げてね。もし LOMO LC-A+ か、 LOMO LC-Wide でISO100のフィルムを使うなら、カメラのISOは200にセットしよう。覚えておいてね!

3. カラフルなものを撮ろう!

そう、カラフルなものを撮ることで、色鮮やかな多重露光の写真ができるんだ!でも多重露光のパートナーには、虹色のケーキや華やかなドレスの女性を撮ったよ、なんて言わないようにね。お楽しみだから!

4. 近くに寄って撮ろう!

多重露光をするとき、僕はいつも近くにあるものを撮るようにしている。LOMO LC-A+ の0.8mか、LOMO LC-Wideの0.4m-0.9mフォーカスだと、二回目の撮影によっては変わった遠近感を得ることができる。撮ったらあとはパートナーにまかせてみよう!

5. 予想外を期待しよう!

期待しすぎるのはよくないんだけど、でも、ラボから受け取った仕上がりを見て悲観的になる必要はない。深呼吸して結果を見よう!思いがけない発見を期待してみて!

さあ、次の多重露光の準備はできた?それとも初めのパートナーともう一度フィルムスワップしてみる?楽しんでね!幸運を祈る!

adi_totp さんの写真

フォースがともにあらんことを!

adi_totp さんの投稿、hiruneさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Françaisと­Deutschと­Spanishと­中文(简体版)と­中文(繁體版)と­ภาษาไทย & Português.