アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

自分だけのカラーフィルターを作ろう!

驚くような赤、青、イエローの色を持った写真を撮ってみたくない?レンズの後ろと前にカラーフィルターを使えば簡単!

カラーフィルター作成に必要な物:

  • 小さなカッティングマシン or ハサミ
  • 透明のテープ or 接着剤
  • 赤、青、黄色のカラーセロハン (文具店で簡単に安く手に入るよ )
  • ボール紙
  • 固めの紙(黒)
  • 黒マーカー
  • コンパス

次のステップはカラーフィルターの作成して、カメラの前に固定!:

Step1 – ボール紙フレーム
カッティングマシンもしくはハサミを使って正方形のボール紙を作成します。サイズはレンズキャップの直径+1cmを一辺の長さにしてね。そのボール紙の内側1cmの部分でまた正方形に切り取って、ボール紙フレーム完成。次に、使いたいカラーセロハンを選んでフレームの上に置いて、フレームのまわりに沿ってマーカーでラインを引く。

Step2 – カラーセロハンを切る
マーカーで引いたラインに沿ってカラーセロハンをカットして、テープもしくは接着剤でフレームの裏側に貼り付け。こんな感じにいくつかの色で作成して、空のフイルムBoxに好きなものを入れてね。

Step3 - フレームをカメラの中に装着
カラーフィルター作成して、レンズの裏に取り付けるために、まずカメラのレンズを取り外します。私はDiana F+を持っているんだけど、レンズの取り外しはとても簡単!あなたもカメラのマニュアルを見ればレンズのはずし方が見つかると思うよ。

次はコンパスを使ってエッジとエッジの間のサークルサイズの計測(下の写真、カメラのレンズがついていた部分)。コンパスの中心をレンズ(中心のガラス部分のサークル)の少し上の部分で押さえれば、レンズを傷つける心配はないよ。コンパスでサークルのサイズを測ったあと、それを使って同じサイズのサークルを固めの黒い紙に描いて、その形に切り取ってみると、上のエッジとエッジの間にぴったりフィットするはず!これは重要な部分で、こうなっていることでフィルターがカメラの中で動いてしまうことを防いでくれます。コンパス、定規、メジャーなんかを使ってレンズがついていた部分中心の中のガラス円のサイズを計測。それで、さっき作った円のフレームの中に正方形もしくは円の形に切り抜き。(正方形にするほうが簡単だと思うよ!)小さな穴はレンズにぴったりなサイズになるはず。

Step4 – カラーセロハン
自分のフィルターに使いたい色を選んで、薄く細長い一片にセロハンを切り抜き。注意:セロハンはとても薄いものにしてね。レンズが写真の中でセロハンを大きくしてしまったりするから。それと、指紋も残さないように!写真がちょっとぼやけちゃうから。私は長めの細長い一片を使ったよ。そうすれば取りやすくなるしフレームに置いたときに角を切りやすくなるから。こんな感じにして、あなたならどんな色を使う?青に赤をまぜて紫、青に黄色をまぜて緑、赤に黄色をまぜてオレンジ?様々な色のストライプで実験してお気に入りを見つけてね!細長い一片の端をテープで黒い紙にとめるんだけど、小さく切ったテープを使ったほうがいいよ。接着剤の湿気がカメラを壊しちゃったりするからね。もしどうしても接着剤を使いたかったら、カメラに入れずに3日くらいは乾かしたほうがいいよ。私のフィルターはこんな感じ:

Step5 – カメラ
フィルターを取り付けたレンズをカメラに戻す。

Step6 – 試してみよう!
ここまでできたらあとは試してみるだけ!私の結果はこんな感じになったよ:

dainy さんの投稿、kintaさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Nederlandsによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: SpanishDeutschEnglish中文(繁體版)한국어 & ภาษาไทย.