Black_friday_en
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

星の見つけ方

天空というのは、夜に雲がなくて上空にきらきら輝く星が見えたりなんかすると、想像の世界のようにきれいに見えることがあるよね。才能に恵まれた人は北斗七星やオリオン座の三つ星を数秒で見つけることができるけど、星座に気付くことすらできない人もいる。たとえ望遠鏡を使ってもね!というわけで興味のある人のために、夜空の読み方を簡単に紹介するよ!

analogeyes さんの写真

夜空の星を読み取れるかどうかは、空のある部分で星のグループが作る模様を見極められるかどうかにかかっている。この模様が星座(便座じゃないよ)と呼ばれているよね。古代文明の人々が、星の模様が表しているように見える形によって、名前をつけたんだ。ここからは、澄んだ夜空で見られる星座や星の集まり(星座の一部)を紹介するよ!

北斗七星(ひしゃくの形)
この星座は7つの星からできているよ。そのうち4つが水を入れる部分、あとの3つが柄の部分を作っている。 アメリカでは、北を見ると北斗七星が見えるね。

オリオン座の三つ星
これは斜めの直線状に並ぶ3つ星。3つの星の間隔は狭くて、冬の間に南を見れば簡単に見つかるよ。それからもっと明るい星も2つ見える。ベテルギウスとリゲル。長方形の対角にあるね。「ベルト」みたいに見える3つ星は、オリオンの中央にあるよ。

おうし座
オリオン座を見つけたら、そこから右上に目をやってみよう。それから、おうし座の「V」の形を見つける。その中に見える明るい星が、おうしの目になっているよ。

「これは難しすぎるけど、それでも天文学っぽいものがほしい」って人は La Sardina Copernicus っていうカメラを手に入れてね!このLa Sardinaはロモグラフィーの限定版 Maps Edition cameras の4つのうちの1つなんだ。カメラの前の部分が空の地図で装飾されていて、オリオン座を一瞬で見つけることができるよ。まるでプロみたいにね!それに、星いっぱいのきれいな空の写真を撮ることもできる。

ilkadj さんの投稿、tea-teaさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: 中文(繁體版)と­中文(繁體版)と­Portuguêsと­Deutschと­Spanishと­Československy & Français.