Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Silhouette Doubles を上手に撮るコツ

ロモ愛用者は多重露光写真を撮るのが好きですが、シルエットの多重露光を撮ったことはありますか?必要なのはカメラ、太陽の光と、ほんの少しのイマジネーション。この記事を読んで、ポラロイドカメラのようにMXボタンが無いカメラでも、必ず上手にシルエットの多重露光を撮れるコツを掴んで下さい。

私が初めてシルエットダブル、つまりシルエットの多重露光を撮ったのは実は偶然からでした。というのも、晴れた日に地元の牧場を Lubitel+で撮っていて、日差しが特に強い日だったので、その日の光に対して暗い影をつくりたかったんです。でも、次のフレームにフィルムを回すのを忘れていて、次のショットが二重の影になっていて、その仕上がりがすごく気に入ったんです。

それでは、ここでその方法を紹介します。

1. 好きなカメラにフィルムをロードする。
2. 晴れた日に、カメラを持って友達と一緒に外出する。
3. ファインダーを覗きながら、太陽が友達の頭の後ろに来るようにする
4. 写真を撮る。ここで、次のフレームにフィルムを回さないこと。
5. 影の内側に写したいものを決める。
6. もう一度撮影をして、フィルムを次に回す。
7. いつも通りに現像して、出来上がり!

Diana Mini Silhouette Doubles

この方法は Lubitel+ や Diana Mini のようにフィルムを次に送るのとシャッターが同時にならないカメラにも応用できます。でも、もしそういうカメラじゃなくて、MXボタンが無くても大丈夫。 他の方法があるんです!

たとえば、私はポラロイドカメラを使うのが大好きなんですが、下記のようにシルエットダブルを撮るためにセルフタイマー機能を使います。

1. スペクトラカメラにフィルムをロードする。
2. セルフタイマーにしてカウントダウンを聞く。
3. ファインダーを覗きながら、被写体の後ろに太陽が位置するようにする。
カウントダウンを待って、撮影をする。
4. カメラを閉じる。
5. 再びカメラを開けば、これでダブルを撮る準備は万端。(またカウントダウンが聞こえるはず)
6. 二度目の撮影を待つ。
7. カメラを開いたままにして、セルフタイマーを切ったら写真が出て来る。

ロモグラフィーのサイトでは、 Horizon PerfektInstax Cameras のようなMX機能がない、フィルム送りとシャッターが一体になっていないカメラでもダブルを撮るコツを紹介しています。

Doubles with Horizon Perfekt by guitarleo

Doubles with the Instax Camera by dearjme

さぁ、これでシルエットダブルを撮る用意はできましたね!

vtayeh さんの投稿、lucyxxxさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutschと­Françaisと­Italianoと­Portuguêsと­Nederlands & 한국어.