Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

究極のプロジェクト:自分だけのロモホームを作ろう!

ある雨の日に、風邪をひいていた私は、時間だけはあるのに、何もやることがなくて退屈でした。そのとき、ふと目についたのがクローゼットにある空っぽの棚と、反対に、カメラでごちゃごちゃした棚でした。 そうだ! カメラ用に最高のロモホームを作ろう!! それでは、あなたにもできちゃうロモホームの作り方を紹介します。

わたしの家の(古い方の)カメラ用の棚は、まーひどいもんでした。
ストラップ、カメラのアクセサリー、カメラ、レンズ、キャップ…
それがもうごちゃごちゃと散乱!
あれはまだ秋だったけど、大掃除をすることにしました。
雨の日にうってつけ。しかもあなたのロモスキルを最大限に活かせます!

ビフォーアフター:

  • ハサミ
  • 空いている棚
  • テープ(ダックテープ*強力なテープが最適。もしくは透明のセロテープ)
  • カメラ!
  • ビニール袋
  • 写真
  • フィルムのネガとそれを入れるエンベロープ
  • 飾り:ロモグラフィーのポスター、箱、スキャンしたデータの入ったCD、ロモボックス

まず、一番はじめに、ミニチュアのロモウォールを作りましょう。
棚の半分ほどのスペースを使います。写真を選びましょう。そうしたら、写真を裏返して、テープでとめて繋げましょう(Fotoclipを使ってもOK) 必ず裏側にテープをつけましょう。前にテープを付けてしまうと、はがす時にせっかくの作品にダメージが残るかもしれません。そうして、ぜんぶテープで繋げたら、壁にはりつけます。

次は、アクセサリーを整理します。人によって持っているものが違うでしょうが、私はカメラといっしょについてきた付属品がたくさんありました。(フレーム、フラッシュのフィルター、35mmバックなどなど)
まず、付属品をビニール袋にいれます。そうしたらラベルを書いて、テープをはりつけて、壁にペタっ!と。
注意点は、重さです。使ってるテープによって、中の重さを調整しましょう。重いものをいれるのなら、ダックテープを使うのがベターです。軽いものなら、普通のセロハンテープでも大丈夫。
でも、念のためにぜんぶダックテープを使っちゃうのが一番ですけどね。

オーライ。
それじゃあ、一番時間のかかるパートにうつりますよ。
次は、撮影済みのフィルムと、未使用のフィルムを仕分けします。
だいたいいっつも、これをごっちゃにしているせいで、キレイにならないんですよね。棚の横の壁にビニール袋をはりつけて、ラベルを書きます。私は「used」と「not used」にしました。
そしたら、フィルムを入れていきましょう!
そうそう、あなたのお気に入りのロモポスターも張りましょうね。
グッとオシャレになりますよ。

ここまでの途中経過の写真

次は簡単です。カメラを並べましょう。
私の場合は昔の棚より、新しい棚の方が、サイズ的にぴったりでした。
楽しいでしょ!

次はステップは、お好みで。
写真やネガ、スキャンしたデータのはいってるCDを片付けます。
私の場合は、大好きなLomo-Labに現像を頼むと付いてくる、データCDがはいっているケースを二つ壁に貼付けて、片方にはCDを、もう一方にはネガを入れました。この時は、ダックテープを使用しましょう。
次に、写真を箱の中にいれます。
そして、 この記事 をもとに、箱をデコレーションします。そして、カメラのとなりに箱を配置します。

さて、ついに最後のステップです。ここもお好みでやりましょう。
ロモホームの飾りとして、ロモブックを置きます。

お前こだわりすぎだよ!って?
でもロモホームを作るのは楽しいし、部屋を少しスッキリできちゃうんですよ。
雨の日にやるのにうってつけ。病気のときや、退屈してるときには、ぜひ片付けをしてみましょう。

abigail0605 さんの投稿、keniさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutsch.