アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

トンネルヴィジョンレンズの新たな使い方

.たいていトンネルレンズを使うと、真ん中に焦点があたっているような、隅がぼんやり写る効果や、被写体に接近して撮影する事が出来ます。そう、それは、このレンズを使って出来る事に間違い無いです。でもね、他にも方法があるのです。ぼんやりしていて、神秘的で、現実的で無い写真が撮れるのです。多重露光みたいなんだけど、1フレームに2フレーム分が収まる様な、そんな写りではないのです。そう、ロモグラフィーのトンネルレンズを使った、新しい写し方なのです!

どうやってこの様な写真を撮るのか。まず第一に、ムーヴメントの自由のために。きっとあなたは、SLRカメラを使いたいと思うの。それなら、55mm以上の大きさのリングが適しています。

何をしたのかと言うと、簡単に露光できるよう、 トンネルヴィジョンレンズ に、リングフィルターを付けます。まず焦点を合わせ、次にフィルターにレンズを付けます。そして、フィルターを回し、あなたの撮りたいものに合わせます。

もし小さなリングのレンズを使う場合はどうするのか。レンズの真ん中にある、トンネルヴィジョンを持ち、もちろん焦点を合わせてから、先ほどと同じことをします。

DSLRユーザーが、あなたの写真を見て感想を言うとしたら、きっとこう言うでしょう。イイ編集したね。でも決して怒らないで、こう言って。編集なんてしてないから!

もしDSLRユーザーが、どうやって写したのって聞いてきたら、こう言ってやって。アナログは最先端をいってるの!!!!!

Ps:いつも通り、何も気にしないで楽しんで

Tunnelvision Lens商品ページへ

reiga さんの投稿、pamiyuさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: 中文(繁體版) & Italiano.