Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

15の私が教える、子どもの写真を撮るためのテクニック

子どもっていつも動き回っていて、くるくると表情を変えますよね。 そんな子どもたちの無邪気でカワイイ姿をアナログ写真におさめるにはどうしたらいいんでしょう? 続きを読んでみて下さいね!

これだけは自信を持って言えるんですが、私は子どものことはよく知っていると思います。私自身まだ15歳ですけど、それぞれ8歳、7歳、4歳の従兄が三人もいるんです。
そんな三人を見て言えるのは、 「子どもって早い!」 ってことです。

だから、子どもの写真を撮るときには、こんなことが重要になります

nocturnal さんの写真

1. 子どもはせっかちです。(だから、撮った写真がいつも最高になるわけじゃありません、でも、だから面白い!)

nocturnal さんの写真

2. 時にはありのままの姿を撮影してみましょう。子どもが何かに夢中になって楽しんでいる姿を撮ったり、撮られるって思っていない瞬間を狙って撮影してみましょう。

nocturnal さんの写真

3. 素早くとること、だって子どもはもっと素早いから

外で遊んでいる子どもの写真を撮った事もあるんですが、それも楽しいですよ!ただ、その子の親に誤解されないようにしましょう。(私は親がちょっと目を離した隙に撮ってました。)

私がいつも撮るのは、子どもの写真ばっかりです。とくに従兄たちの。
きっとみなさんも楽しめると思うから、やってみてね。
Good Luck!!

nocturnal さんの投稿、keniさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Türkçeと­Spanishと­Deutschと­Portuguêsと­Italianoと­中文(繁體版) & 中文(繁體版).