Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

LC-Wideでワイドなクリスマス!?

LC-Wideはロモグラファーのお気に入りで、いつでもどこでも大活躍。もちろん、雪という真っ白いキャンバスの上に、街中がカラフルに彩られるクリスマスにはうってつけさ!クリスマスシーズン中はLC-Wideを持って出かけよう!そのためにいくつかコツを用意したよ。

ゆっくりだけど確実にクリスマスが街に近づいてきている。耳を澄ませばベルの音が聞こえてきそう。今こそ、私たちロモグラファーにとって、クリスマスの写真を撮るのに最高のシーズン。ところで君は、一枚の写真に何でもかんでも詰め込もうとしちゃうタイプかな?そんな時はロモグラファーの自慢のワイドアングルカメラ、 Lomo LC-Wide を使うときさ!クリスマスの美しい色合いや楽しさをどうやって写真に収めていいかわからない人のために、簡単なコツを用意したよ!!

poepel さんの写真

1、 夜に撮影する。

当たり前かもしれないけど、クリスマスのきれいなイルミネーションは暗くなってから点灯されるんだ。だから、街、会社、家なんかがイルミネーションで華やかになった時こそ、ISO400からISO1600まである、LC-Wideの良さが活きる時なんだ。

2、 スライドフィルムかレッドスケールフィルムを使う。

みんな知っているだろうけど、スライドフィルムはコントラストが強く、くっきりした色合いが映し出される。それこそ、まばゆくて楽しいクリスマスのイメージにぴったりなんだ!レッドスケールフィルムは、赤や黄色の傾向が強く、写真に暖かみを出してくれるんだ。

3、 多重露光機能を使って、イルミネーションにカラフルなデコレーションを重ねて撮影する。

簡単にクリスマスらしい写真を撮るコツは、日常的な物をクリスマスのカラフルなデコレーションに重ねて撮影するんだ。まず手始めに、クリスマスライトを撮影して、巻きなおした後に色々な物を撮影してみよう。

poepel さんの写真

4、 クリスマスのオーナメントの反射を利用する。

カラフルでキラキラした玉がそこら中のクリスマスツリーの上に載っているよね?遠くから見てもすごくきれいなんだけど、実はクリスマスらしいセルフ・ポートレイトを撮影するのにもってこいのアイテムなんだ。近づいて、構えて、撮影!それだけで、今のシーズンぴったりのセルフ・ポートレイトが撮れるんだ。

5、 街を離れて雪景色も撮影する。

キラキラ輝くオーナメントや楽しそうな雰囲気とは別に、クリスマスシーズンは美しい雪景色でも知られているよね。そう、「ウインター・ワンダーランド」さ。クリスマスアルバムは冬らしい写真抜きじゃ完成しないよ。LC-Wideのワイドなアングルをうまく使って、煌びやか街中だけじゃなくて、美しく雪化粧した景色も撮影しよう!

6、 クリスマスディナーを撮影する。

クリスマスはパーティーやプレゼントが楽しみだけど、もちろん豪華なディナーも楽しみの一つだろう?そんな美味しいクリスマスディナーの写真も撮影し忘れないように!あ、準備の時も忘れずに!それに加えて、LC-Wideのワイドなアングルがあれば、料理と一緒に仲間を撮影することだってできるんだ。

さぁ、今すぐLC-Wideを持ってクリスマスシーズンの写真を撮りに行こう!
持ってない人は急いでサンタさんに頼もう!
メリークリスマス!! 

Lomo LC-Wide は、新開発の17mm広角レンズMinigonを搭載したオート露出35mmコンパクトカメラ。目を引く鮮やかな色、彩度、コントラストの写りを、3つのフォーマットでお楽しみいただけます。 こんなにコンパクトなサイズでたくさんの経験をワイドに楽しめるカメラ LC-Wide を オンラインショップにてお求めいただけます。

plasticpopsicle さんの投稿、54070さんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Françaisと­Italiano & Deutsch.