アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Belair X 6-12で撮影する五つのコツ

もしあなたがBelair X 6-12を予約していたら、早く手に入れて写真を撮りに行くのが待ち遠しいでしょう。一つ目のフィルムから良い写真を撮るために、撮影時の五つのコツをまとめておきました。

フィルムの感度(ISO/ASA)とオート露出範囲のすべて

Bailer X 6-12 はオート露出が特徴の一つ。なので、 Lomo LC-A, のように正しいフィルムの感度を設定するだけで、真っ暗になったり、真っ白になったりすることが避けられます。Lomo LC-Aだとシャッターが閉じるのは、十分な光があるときのみですが、Belair X 6-12のオート露出範囲は EV4- EV15で、シャッターがレリーズされる瞬間に計算します。

オート露出モードを使うと、選択されたISOに合わせて、適正な露出で撮影されます。ISO/ASAダイアルはレンズボードの裏で、バッテリーチャンバーの下についています。使っているフィルムのISOに合うように、ダイアルを回します。

Belair X 6-12を使って、薄暗い中で撮影する最小の条件はISO100のフィルムを入れてISO/ASAのダイアルを100に合わせた時です。もし写真をもっと明るくしたい時は、ISO値の高いフィルムを使うか、B(バルブ)モードを使えばいいのです。Bモードだと、シャッターを押している間中、露光することができます。

.

フォーカスを合わせる
Belair X 6-12には、1m、1.5m、3m、そして、無限の4つのフォーカスゾーンがあります。被写体との距離に合わせて、レンズフォーカスリングを回すことで調節できます。適正なフォーカスにするために、 被写界深度の表 を参考にしてください。

カメラの展開、バッテリーの挿入

外に行く前に、Belair X 6-12を開きましょう。カメラのそこにあるロックボタンを押したまま、止まるまでレンズボードを引っ張ってください。

レンズボードの上側にあるバッテリーチャンバーに2×1.5V(2×LR44)の電池を入れます。間違えないように入れて、チャンバーを閉じます。

カメラの正しい持ち方

撮影する時、カメラの前の部分とシャッターレリーズの部分の両方を支えているか確認してください。ライトメーターが前の左手側にあるので、そこを隠さないように気を付けてください。カメラを持つ時に片手でも両手でも、シャッターを押す時にはカメラがぶれないように注意してください。詳しくは こちら

パノラマフォーマットでオーバーラップしないために。

6×12のフォーマットは6×6の二倍なので、フレームウインドウから見て、2、4、6、8、10、そして12のところで止めます。他の部分で止めてしまうと、他の写真と重なってしまいます。

Belair X 6-12に関するFAQ

あなたが思いついた質問は FAQ にもう答えが出ているかもしれません。なかった場合はぜひ、 ロモグラフィーカスタマーサービス までご連絡ください。お待ちしております。

tomas_bates さんの投稿、54070さんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutschと­Nederlandsと­Spanishと­ภาษาไทย & 한국어.