アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

レッドスケールフィルムの作り方

レッドスケールフィルムの作り方です。他にも素晴らしい記事がすでに載っていますが、今回私の方法を紹介したいと思います。ひっくり返した後でもフィルムの順番が変わらない方法です。フィルム両面露光(EBS)など、コマの位置を揃えたい場合には有効です(^_^)/

【用意する物】
1. ネガフィルムフィルム(400以上の高感度がお勧め)
2. はさみ
3. セロテープ
4. 暗室・チェンジングバッグ

1. ネガフィルムとはさみ、セロテープを持って暗室に行きます。

用意する物

2. フィルムをキャニスターからすべて引っ張り出します。

フィルムを取り出す

3. フィルムの最後の部分を1cmほど残してはさみでまっすぐに切り取ります。

フィルムをカット

4. 切り取ったフィルムを裏返してキャニスター側にセロテープでくっつけます。なるべく平行ラインを保ったまま丁寧にくっつけてください。
※ここが一番難しいと思いますがすぐ慣れるのでがんばって!

裏返してセロテープでつなぐ

5. その後、キャニスターを巻き戻します。もし途中で引っかかって動かなくなったら、フィルムが曲がっているせいかもしれません。再度やり直しましょう。

巻き戻す

6. 先端の形を整えて完成です。

先端を整える

裏返したフィルムは感度が実質2段下がります。800なら200、400なら100、200なら50、というように。
この方法ですと、裏返した後のコマの順番が変わらないため、「フィルム両面露光(EBS)」を挑戦するときなどにはコマの整列が容易となります。
(フィルム両面露光についてはこちらを参照ください)
色合いですが、個人的な感想では、Kodakは黄色・オレンジ系が強調され、Fujiはマゼンタ・赤系が強調されるようです。好みに応じて使い分けましょう~。

わかりましたか~?ぜひやってみましょう♪
Enjoy your Redscale life!

レッドスケールフィルムが完成したら、こちらもTRYしてみましょう!
曇った日にはレッドスケール!

「Exposing Both Side of the Film (EBS)」によるシンメトリー写真の撮り方

hodachromeさんの投稿

4 コメント

  1. dida

    dida

    i'll be waiting for the translation ;)

    1年以上 前 · スパムとして報告する
  2. sakasa_naka

    これは普通の写真屋さんで現像を頼んでも良いのでしょうか?
    1年以上 前 · スパムとして報告する
  3. hodachrome

    hodachrome

    @sakasa_naka
    C-41現像なので普通の写真屋さんで問題ないのですが、店によってはレッドスケールを外注に出しているところもあるようなのでいちおうその旨伝えた方がよいと思います。

    1年以上 前 · スパムとして報告する
  4. sakasa_naka

    分かりました。ありがとうございます。
    1年以上 前 · スパムとして報告する

この記事を違う言語で読む

これは、日本語 によるオリジナル記事です。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutschと­Italianoと­中文(繁體版)と­Türkçe & English.