アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

Holgaを使って長時間露光でポートレイトを撮影するコツ

僕はHolgaで長時間露光ポートレイトを撮影するのが大好きなんだ。あのドリーミーで謎めいた感じがたまらないんだ。みんな難しそうって思うかもしれないけど、実はすごく簡単で楽しいんだ!

必要な物:

1、 Holga(バルブモードさえあれば、どのモデルでも)
2、 120フィルム一つ
3、 三脚(手の安定に自信があるときはいらない)
4、 自然な光、または懐中電灯
5、 露出確認のためのデジタル一眼
6、 良いモデル

まず、120フィルムをHolgaにセットし(もっと謎めいた仕上がりにしたい時は白黒フィルムを使う)、バルブモードに設定する。次に、三脚に取り付けるか、自分の手が安定していると思うのならそのまま構える。自然の光が当たるように、モデルに窓の近くに座るように指示し、デジタル一眼で露出をチェックする。シャッターを押し、適切に露光されるまでそのままにする。

もし白黒フィルムを使った場合、被写体を懐中電灯で照らすことで、より怪しく、謎めいた仕上がりになる。前に試してみたけど、良い出来だったよ!

ぶれたり、ぼやけたりすることを心配しないで。時々、そのブレが写真をよりドリーミーにすることだってあるんだ。欠点なんか気にせずに、むしろ光が漏れて、ちょっと露光不足になるくらいにするんだ。その仕上がりに驚くと思うよ。

チャレンジを楽しんで。グッドラック!

tomkiddo さんの投稿、54070さんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Русскийと­Italianoと­中文(繁體版)と­Deutschと­中文(繁體版)と­Spanish & Československy.