Black_friday_en
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

基礎を当てはめよう Belair X 6-12

Belairは間違いなくLomographyが開発した中で1番使いやすいカメラの1つだ。初心者でも、Belairを使えばとっても素敵な写真を撮れる。ちょっとしたコツさえ知っていれば、Belairで素晴らしい写真が撮れるよ。

晴れた日にISO400のフィルムを使って、絞り値は高めにF16にすると、ほら。とってもシャープな写真だよ!

僕はとってもシャープな写真が撮れたから、おめでとうっていうコメントを1つか2つもらった。それから写真がぼやけないようにするのに苦労しているって人の話も聞いた。ここでは写真がぼやけなくなる方法を教えるからね。

Belairを使うためには、距離をうまく判断できることが必要だ。成功への鍵は、マニュアルにあるレンズのグラフを理解すること。理解するのはとっても簡単――被写界の奥行きを出すのにベストな設定が分かるようになっているだけなんだ――それからもしかしたら、自分がどれくらい間違っているのか分かるかもしれない。1番下の線はレンズの距離設定を示している。上の短くなっている線は許容範囲を示していて、この線の範囲内ならちゃんと焦点の合った写真が撮れるよ。

この 記事 では、被写界の奥行きについて話しているよ。よかったら、戻って見てみてね。

風景の奥行きについて理解したら、この図を見れば90mmのレンズのほうが かなりいい ってことが分かるかな。F16にすれば、シャープな写真が撮れる可能性がぐっと上がる。距離のことも考えながら、絞りはF8よりもF16に設定したほうが成功する可能性はかなり高いんだ。

屋内で念のためにF8で撮ると、シャープさがなくなり始める。

あの記事ではF値が低いほどいい肖像写真が撮れるって書いたと思うんだけど、Belairではそんなに簡単にはいかない。一眼レフほど正確に焦点を合わせることはできないんだ。距離を測ったり、クリップ式のレンジファインダーを買ったり、僕がオススメしたことをよかったらやってみてね。

Belairの好きなところ?僕の持っている中で、唯一オート露光モードがついている中判カメラだってことかな。フィルムへちょうどよく露光するのに必要な時間だけシャッターが開いているからね。 sunny 16 も露出計も必要ないし、イライラすることだってないよ!「ただ撮る」だけでいいんだ。

ほかにもあるかな?

シャッタースピードを選ぶことができないっていうことは、常にF16で撮りたいなら フィルムのISOとスピードを理解 していなきゃいけない。マニュアルにあるような、晴れの日はISO100を使いましょうっていうアドバイスと違って、僕はISO400を使うことにしているからね。そうすればいつでもF16で撮れるし、(ほとんどの場合ね。すごく光が少ない場所なら、F8まで絞りを開くこともある)シャッタースピードが速くなるからブレもなくなる。ビーチに行くのにぴったりの天気のときなんかは、ISO100までいくかもしれないけど。

でも僕の言葉をそのまま信じるんじゃなくて、自分で色々試してみてね。僕の住んでいる国は天気がとっても変わりやすいから、万が一にも対応できなきゃいけないんだ。

Belairに関してはこれぐらいかな。写真の科学に詳しい人とっても素敵なカメラだし、写真を始めたばかりの人にとってもいいカメラだと思うよ。

知識を増やすためには、*錯乱円* を調べてみるといいかもしれない。完璧主義者にとっては変なトピックかもしれないけど、被写界の奥行きについて学ぶには大切なことなんだ。

Belair X 6-12商品ページへ

adam_g2000 さんの投稿、tea-teaさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutschと­Spanishと­Nederlands & 中文(繁體版).