Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

シルエット・ラブ

シルエットは、誰にとっても身近なものだと思うんだよね。私は個人的に、木の枝のシルエットを撮るのが好き。シルエットって、すっごくミステリーな雰囲気が出るでしょう。はっきりと、何が写っているのかわからなくて、想像を掻き立てるから、私はシルエットが大好きなの。

ミステリーな雰囲気は、想像を掻き立てる写真にするの。シルエットを撮る時は、絶対に強い光の真ん前に、被写体がある事。真ん中に被写体があっても、光の強さが十分でなければ、シルエットは、わかりずらくなるか、写真全体が露光されません。

どうやるの?たったの3ステップ!

初めに、見覚えのあるカタチを選ぶ。何でもシルエットにする事はできるけど、いくつか、よりシルエットに向いているモノがあります。見覚えのあるカタチを撮る事で、注目が集まるような、十分な興味をもたせる事が出来ます。

次に、フラッシュは使わない。シルエットには、被写体の真ん中に、ほんの少しの光があれば大丈夫。だから、フラッシュの電源を切るか、はずしちゃってね。フラッシュを使ってしまたら、シルエットは台無しになっちゃうからね。

最後に、正しい明るさを使う。背景を、どれくらいの明るさにしたいのかによるけど、日の出と、日没の光は、いつでも最高なシルエットを撮影する事ができるよ。

どのフィルムでも、近いとか、遠いとか関係なしに、イマジネーションいっぱいの、物語を産みだす、シルエットを撮る事ができるの。

光に負けずに、撮影を楽しんでね!=)

gladys さんの投稿、pamiyuさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Türkçeと­中文(简体版)と­Italianoと­Deutschと­中文(繁體版)と­Československy & Spanish.