Petzvalレンズのプレオーダーももうすぐ終了!今ご予約いただいた分は2014年9月に発送を予定しています。様々な形のボケが楽しめるスペシャル絞りプレートがパッケージに付属するのはプレオーダーだけ!このラストチャンスをお見逃し無く!

アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

花と多重露光: もうフィルムを無駄にしない!

一枚の写真のフレームの、一部分のスペースしか使ってない写真を見たことあるでしょ? その時何も写ってなくて無駄になってるところを有効活用できたらな~って思ったことない? 母なる自然がどうすればいいのか教えてくれたよ!

わたしがもってるカメラ達のなかでも、一番お日さまの光を浴びているのはFisyeyeなんです。Fisheyeを使ってとれる写真が大好きなワケなんだけど、イメージの周りの黒い部分を何度もみてると、このFisyeye特有のフレームを使って、どうにか写真にスパイスを加えられないかなって考え始めたの。
そこで思いついたのが”花!”
多過ぎるのほどの色と、それが作り出す曲線でイメージを囲んじゃおう!

roxanneross さんの写真

fisheyeのパートには比較的シンプルなものを選んで撮影して、満開の花たちがその周りを囲んでより表現できるようにしたの。というわけでとりあえず、もはやその名の通りの街になったsweet Lisbonにあるできるだけシンプルでありふれたものを撮ってみることにしました。

え?これ以上なにを説明すればいいの?
みんなもさっそく試してみてね!

この時の作品は私のロモホームにある full album から見ることができます。チェックしてみてね。

roxanneross さんの投稿、keniさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Spanishと­Русскийと­Portuguêsと­Nederlandsと­Deutschと­中文(繁體版)と­Türkçe & Italiano.