アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

自分でスキャンするコツ:ローファイな方法

スキャンする時に、仕上がりをできるだけネガと近くしなきゃいけないなんて誰が言ったの?本物とは違う、ローファイな仕上がりにする方法を見つけたんだ。そうすると、写真がいい感じに古く見えるんだ。

自分でスキャンする方法を探って色々試していた時に、いつもの方法を良くする方法が見つけたんだ。ネガを窓にぶら下げて、その写真を撮って、 GIMP で転化させる方法さ。この方法にはフィルムが平らじゃないっていう欠点があるから、二枚のガラスプレートに挟んで平らにして、そして、下に鏡を置いて光を反射させて、バックライトみたいにして、それをデジタルカメラで撮影して、GIMPで色を転化させるんだ。

良く分からないけど、ちょっと粗くて、色深度が欠けた仕上がりになる。おそらくだけど、二枚挟んだガラスが、スペクトルのある部分(紫外線以外)を通さないようにしていると思うんだ。でも、これがうまく働いて、古くて味のある仕上がりになるのさ。

色の転化に関して言えば、単純に「転化」Ctrl+Iを押せばいいっていう、簡単な物じゃない。大抵のエマルジョンは全ての色が青っぽく変わるから、RGBのバランスを変えなければいけない。それか、もしiPhoneかAndroidを持っていて、35mmフィルムをスキャンしたい時は、 Lomography Smartphone Scanner を買ってもできるよ。

impaktor さんの投稿、54070さんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Spanishと­中文(繁體版)と­Deutsch & 中文(简体版).