アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

DIY Lomokinoスライダーの作り方

LomoKino動画をもっと滑らかに激しく揺らすことなく撮影したい?このテクニックを使って、DIYでLomoKino用のスライダーを作ってみましょう!

どれだけ今まで固定することに悩まされ、筋肉の疲れに苦労したことでしょう。手で支えるLomoKino撮影は時に上下に激しく揺れた結果となってしまいます。それを避けるため、チベット人修道士と”気”の特訓をするのもいいかもしれませんが、今回はその代わりにスライダーを作るだけで解決する方法を教えちゃいます!
レールまたはスライダーを使用すれば、LomoKinoの撮影が均一に滑らかになります。専用のスライダーを購入するのは高価で手が出せませんが、いつものようにDIYで作ってしまいましょう!

材料:

  • コンジットワイヤーホルダー または 電気ボックス 3つ
  • 5フィートのコンジット部品
  • コネクタ
  • ベルクロテープ(マジックテープ)
  • 1/4" から 3/8" ネジアダプターとボルト

詳しい作り方は動画をご覧ください!

cruzron さんの投稿、kyonnさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutsch.