アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

DIY : ジーンズのLC-Aケース

デニム生地で自分だけのLomo LC-Aケースを作ろう! すごく簡単だし、カメラの外観に味がでる。作り方はこちら。

LC-A をたった今入手したところだけど、素晴らしいカメラだね。ただ一つ問題なのはカメラにストラップがついてないこと。そこでストラップ付きケースを手作りすることにした。まず紙にケースのパターンを起こす。

寸法:
- 底 : 11 cm x 3 cm
- 背面 : 6 cm x 11 cm
- 側面 : 3 cm x 6 cm
- 正面* : 3 cm x 6 cm

必要な材料と道具:
- カッター/はさみ
- のり
- 裁縫道具
- ストラップ
- 履かなくなったジーパンかデニムの切れ端
- 厚紙
- アクセサリー
- マーカー
- 三脚穴(オプション)

作り方:

  1. 紙にパターンを起こしたら、のりで厚紙に貼る。
  2. 厚紙を、底部分と背面・側面・正面の二つに切り分ける。LC-Aのスイッチ部分の前面には少しゆとりをもたせて。
  3. ジーンズを厚紙よりやや大きめに切り抜いて、厚紙をくるむ。デニムにのりを塗ってもいい。
  4. デニムの裾を縫っていく。厚紙部分を縫った後、外側もね。ストラップ用のループを付けることもできるよ。
  5. それからパターン通り背面・側面・正面を折り、底部分に縫い合わせる。しっかりしていないようならのりを使って。
  6. 三脚穴を付けるなら、底部分に穴をあけよう。
  7. ケースを飾って完成! アクセサリーを付けたり、名前を書いてもいいね! ケースにストラップを付けたら、完成。

ビンテージ風デニムのLC-Aケースでご機嫌!

Lomo LC-A Lomo LC-A はロモグラフィームーブメントの発端となったカメラです。オートコントロールとワイドな感度設定範囲のこのカメラはビギナーにもプロにもパーフェクト。 オンラインショップ ではLomo LC-A+シリーズを販売中です。

alvchrist さんの投稿、orangemikanさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Italiano.