Lomoinstant_ja
アカウントをお持ちですか? ログイン | Lomographyのサイトに初めて来ましたか? 新規登録 | フォトラボ | 現在の利用サイト:

ペンのキャップを使いDiana F+で35mmフィルムの撮影をしよう

この単純で簡単なトリックなら、Diana F+で35㎜フィルムが使えて、同時にスプロケット穴まで写せますよ!

中判カメラは、普段あなたが使う35㎜フィルムよりも大きく、ワイドなフィルムを使います。また中判カメラ用のフィルムは異なる巻き上げメカニズムを持っています。
でも、このマガジンの tipster が証明しているように、スポンジを35㎜フィルムのキャニスターのスペーサーとして利用するという方法があります。

ここで、あなたの Diana F+ を他の方法でちょっと洒落たカメラにしてみましょう。
Instructableのユーザー、 mikeasaurus がボールペンのキャップを使うことで、Diana F+で35㎜フィルムを使えるようにする簡単な方法をシェアしてくれました。

必要なもの

  • ボールペンのキャップ
  • カッター
  • テープ

ステップ
1. ボールペンのキャップを手に入れて、フィルムキャニスターの上に挟み込みます。
ちゃんとフィルムが固定されるように10㎜ほどキャップに切り込みを入れてください。

2. キャップのどの部分をを切ろうとしているか確かめて、印をつけます。mikeasaurusは出来上がる前には、およそ3cmを測っていました。

3. キャニスターをフィルム室にちょうどよく装填してください。

4. 35㎜フィルムの先端をあなたのDiana F+の120フィルム用スプールにテープ止めしてください。

5. 光漏れを避けるため、ライトリークスなどの効果が好きでなければ、フィルムカウンターをテープで覆ってください。

力仕事の部分は終わりました。今からフィルムを巻き上げ、巻き戻す方法に移ります。
幸運にも、有志によってクリック音や巻き上げノブの回転で、正確にフィルムを巻き上げるのに必要となる、的確なフィルムのカウント方法が発見されました。
その表が こちら です。

ほら、今、あなたのDiana F+でスプロケット穴まで写る写真が撮れるようになりましたよ!

すべての情報、写真はこの記事から引用されています。 Instructables

cheeo さんの投稿、kotpaさんが翻訳

まだコメントはありません。

この記事を違う言語で読む

この記事のオリジナルバージョンは、Englishによって作成されました。 次の言語でもご覧頂くことができます: Deutsch.