フィルムで、雷を撮影する方法

ここ2年のあいだ、雷に出くわすたびに、なんとかして撮影しようと挑戦しています。そして最近、ついに成功したんです!しかしそれは、長く、困難な方法で、満足いく結果を得るには、運に頼らなければなりませんでした。
それでは、雷に遭遇する、すべての状況で試すことのできる、基本を紹介しますね!

一番重要なパートは、まさしく「全員」がわかっているとは思いますけど、あなたの情熱です。それがあるからこそ、雷にあった時に、今回もやってみようと思えるんです。時には、いつもより早めに寝ようとしていたり、他の窓を眺めていたりして、チャンスを逃すこともあるでしょう。私がはじめて、自分でも感動するような一枚を撮影したときに、何があったのかを説明します。
-その日、私はすでに眠っていました。すると姪が部屋に駆けこんできたのです。彼女は泣きながら
「起きて、起きてよ!ビーチに座ってたんだけど、海のむこうで、いっぱい雷が光ってるの!」
私は、すぐに Lubitel を手にとり、彼女について、ビーチにあるバーへと走っていきました。

1番目のルール:あなたの情熱を周りの人にも伝えておくこと。

Credits: shoujoai

私が撮影をはじめたときは、本当に初心者でした…シャッターボタンを、長い時間押しておかなければならないことは、すでに知っていましたが、それを、日中に行ってしまったのです。フィルムは完璧に白とびしていました!
この方法のせいで、大事なスライドフィルムを2、3本無駄にしてしまいました。

2番目のルール:撮影するのは夜だけにしよう。

たまに、どうやって雷がきたときに、2番目の写真のように、正確に撮影できたのかと聞かれることがあります。特別なことはしてないんです。次のルールを守るだけです。

3番目のルール:夜間の撮影のときには、長い時間シャッターを開けておいても大丈夫

長い時間というのは、10-15分です。いくつの稲妻を写真に収めたいのかによります。あらしの間、雲がとても明るいなら、露光時間を短くすればいいと思います。実験してみてください。でも、露光時間が足りなかったら、写真には暗闇しか写りません。

4番目のルール:露光時間を変えて撮影してみること。

すべてのカメラで、4番目のルールが可能なわけではありません。例えば、LC-A+ではそう簡単にはいきません。露光時間がもともと短いので。私のオススメは Diana F+Diana MiniLubitel です。可能なら、ケーブルリリースも忘れないようにしましょう!

5番目のルール:バルブ設定のできるカメラを使うこと。

私は、写真がアンダーになったことは、ほとんどありません。稲妻はそれほど明るいんです。アンダーの写真になってしまったのは、ISO50のフィルムでF=4,5に設定したときだけです。

6番目のルール:絞りを小さくすること。

あらしが遠すぎて、小さくしか写らないときには、シンプルで効果的な方法があります。写真をカットすることです。特に、中判フィルムを使用していた場合は、カットしても35mmフィルムほどの大きさは残るでしょう。

7番目のルール:写真をカットして、ベストサイズにしよう。

これはカットする前の写真です。

私が撮影した中の、失敗例をいくつか載せておきます。窓から写真をとるのは、飽きてしまうかもしれません。でも、そうするしかないときもあります。

Credits: shoujoai

天気予報を必ずみて、準備しておきましょう!雷の予報がでているときには、三脚とケーブルリリースを必ず持ち歩くように。たぶん、雷の予報をチェックするのに、いいサイトを知っていると思います。コメント欄で教えてくれると嬉しいです。中央ヨーロッパの予報に便利なサイトを紹介しますね。
www.blids.de (Germany, Suisse, Austriche, Netherlands, Great Britain)

最後に、ルールをおさらいしましょう。
1. あなたの情熱を周りの人にも伝えておくこと。
2. 撮影するのは夜だけにしよう。
3. 夜間の撮影のときには、長い時間シャッターを開けておいても大丈夫
4.露光時間を変えて撮影してみること。
5. バルブ設定のできるカメラを使うこと。
6. 絞りを小さくすること。
7. 写真をカットして、ベストサイズにしよう。

最後のルールは

ルールなんてないさ!!

2011-11-15 #gear #tutorials #art #long-exposure #tutorial #thunderstorm #lightning #tipster #gewitter #night-shoots #wheather shoujoai の記事

他の記事を読む

  • 写真に収めたい大切なもの: Kageakiへのインタビュー

    2019-12-11 #culture #people cheeo の記事
    写真に収めたい大切なもの: Kageakiへのインタビュー

    フォトグラファーとしてキャリアをスタートさせたことは、Kageakiにとって大きな決断でした。このインタビューでは、何が彼を写真に惹きつけるのかを紐解いていきます。「うまくいかなかった1枚は、思い通りに撮れた1枚よりも大切な1枚でした。」

  • #イットガーリー x フワちゃん in New York City

    2019-10-31 xcvllshawn の記事
    #イットガーリー x フワちゃん in New York City

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はフワちゃんがアメリカ、ニューヨークの街角を疾走してくれた様子をまとめました。(パワフルすぎて一部まとめきれませんでした🙃)

  • お家でロモ:春の大掃除

    2020-05-16
    お家でロモ:春の大掃除

    お家にいる時間、大掃除をする方も多いのでは?お掃除中に発掘された写真やその他諸々、もしかしたらおもしろいものが作れるかもしれません…!捨ててしまう前にDIYのアイディアを見てみてくださいね!

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • 光の魔法:写真家 Li Hui

    2020-04-29 #ニュース #people jennifer_pos の記事
    光の魔法:写真家 Li Hui

    写真は思い出を残すだけのものではありません。一筋の光が写真を芸術へと姿を変える鍵となり、カメラを通して見えるもう一つの世界を体感することもできます。そんな光を操り、芸術作品に変えてしまうのが、写真家のLi Huiです。彼女の作品とセンシティブではかなげな素晴らしい写真についてインタビューをしました。

  • お家でロモ:Lomo'Instant Squareでセルフィーコラージュ

    2020-06-04 erina の記事
    お家でロモ:Lomo'Instant Squareでセルフィーコラージュ

    いつもの写真をもっとかっこよくするために、写真を何枚も組み合わせて大きな1枚の写真にするコラージュに挑戦しませんか?Lomo'Instant Squareを使った撮影のコツを、surasurachanが教えてくれました。

    1
  • 本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    2020-05-19 erina の記事
    本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    改良が重ねられてきたLomoChrome Purple、使ったことありますか?パープルに変化すると言われると、構えてしまってなかなか使うに至らないかもしれません。でも実は、日常使いにオススメのフィルム!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoOdds:さくらいたかよし x Lomo'Instant Automat

    2020-05-15 erina の記事
    LomoOdds:さくらいたかよし x Lomo'Instant Automat

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回のLomoOddsは、4人組ロックバンド マイアミパーティのボーカル、さくらいたかよしさんに、Lomo'Instant Automatを使っていただきました。

  • 暗いところで撮影するには?

    2020-05-27 erina の記事
    暗いところで撮影するには?

    夜やお家で撮影するにはどうすればいいの?いつでも思い通りに撮影するためのちょっとしたコツをマスターすれば、どんな環境でもこわいものなし!

  • 【スタッフレビュー】期限切れフィルムの楽しみ方

    2019-09-02 erina の記事
    【スタッフレビュー】期限切れフィルムの楽しみ方

    期限切れフィルム、使ったことありますか?今回は期限切れフィルムを使ってみたスタッフの作例を紹介。どんな変化が現れるのか、予測できない写りを楽しみましょう!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【コーヒーで現像】第一回ロモグラフィー現像ワークショップ開催

    2020-01-23 plsrptme の記事
    【コーヒーで現像】第一回ロモグラフィー現像ワークショップ開催

    2020年2月8日(土)に直営店Lomography+はコーヒ現像ワークショップを開催いたします。フィルムの現像って難しそう思えますがあなたが飲んでるコーヒーでできちゃうって知ってましたか?撮影から現像まで(もちろんSNS投稿用のデータ化までも)お試しいただける豪華版になっております。

  • LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    2020-04-23 xcvllshawn の記事
    LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回はライブ写真を撮影している知衿さんに、Daguerreotype Art Lens使っていただきました。

  • 人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

    2020-06-05 erina の記事
    人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

    ミュージシャンでありフィルムカメラマンの熊谷勇哉さん。これまでケータイでも写真をほとんど撮らなかったという熊谷さんが、なぜフィルムカメラを始め、なぜLC-A+に魅了されたのか聞いてみました。