曇った日にはレッドスケール!

3

皆さんは曇った日は好きですか?
写真を撮るにはもちろん晴れた日が一番好きなのですが、実は私は曇った日も好きです。
なぜならそれはレッドスケールの特性が一番生かせる天気だから!
今回、私のたぶん最も好きなフィルムであるレッドスケールフィルムの効果的な使い方を紹介したいと思います。

晴天と曇天の比較

上の写真は、晴れた日と曇った日に同じ場所・同じフィルム・同じ設定で撮ったレッドスケールの写真です。
明らかに雰囲気がちがいますよね?皆さんはどちらが好きですか?人によってちがうかもしれませんが、私は下の曇ったほうが好きです。
レッドスケールの赤色が強く出て写真に深みが出ています。上は赤色が弱く(黄色っぽく)、ギラギラした印象の写真です。
今回は、テクニックというより、レッドスケールに適した天気・光線や時間帯などについてのいくつかのTipsを説明していきたいと思います(^O^)

1. 曇った日に撮る
レッドスケールフィルムの最大の特徴は、もちろん色が赤く染まるということです。被写体の色調は赤を中心に黄色・オレンジ系に彩られます。
上の比較見本では、晴れた日の写真は空の部分を中心にあまり赤くなっていません。これはなぜかというと、その理由の一つとして「空が青い!」という点にあると思います。
レッドスケールの赤と青空の青、この2色は、いわゆる「補色」の関係にあります。赤(Red)の対極にある色は青(Cyan)なので、赤い色を出そうとする場合、青色の被写体は赤を抑える色となってしまいます。結果、赤と青の中間のような中途半端な色合いになってしまいます。
それでは曇天の日(または雨の日)の場合はどうでしょうか。
空の色は白またはグレーっぽくなります。そこに雲の形・グラデーションも加わってきます。レッドスケールの赤をそこに加えると、他の色に影響されることなく赤色が乗ってきます。雲によるグラデーションもしっかりとしたトーンを持って表すことができます。(レッドスケールはネガフィルムなので階調表現が豊かで、雲の形やグラデーションは、コントラストの強いカラースライドより深みを持って描写されます)
これが曇天の日にレッドスケールが向いている一つの理由だと思います。
さらに、曇天下ではコントラストが低下しますので、被写体本来の色が弱まります。適度に抑えられた色は、赤色を加えるには好条件だといえます。(ただしコントラストが低すぎるとメリハリのない見栄えの悪い写真になります)

曇った日の写真

2. 逆光で撮る
次に、逆光条件で撮るというのもひとつのポイントになります。
逆光で撮ると、被写体のコントラストは強まります。レッドスケールにおいて重要なことは、被写体の本来の色ではなくむしろ輪郭や形です。(細かな色はレッドスケールの色特性で均一化されてしまいます)
そこで、逆光条件でエッジを浮き立たせて撮るとダイナミックな写真が出来上がります。
被写体の内側部分(陰になる部分)に関しては、色情報が減り中間色からシャドーになります。そこに赤が混ざり合い、ほどよい色が乗ってきます。青空の下で撮る場合でも、逆光ならば空が白く飛んでくれるという効果もあります。
逆光で撮る、これも効果的な撮り方です。

逆光の写真

3. 夕日を撮る
そして赤色を強調するなら夕日(朝日)の撮影がまさにぴったりです。
レッドスケールフィルムなら、見た目以上の美しい叙情的な世界を手に入れることができます。クロスプロセスでは思ったように赤くならないときや、ネガでは赤が物足りないとき、または思ったほど夕日がきれいじゃないとき(←実はこれがよくある)、そんなときはレッドスケールがあなたの味方になってくれることまちがいなしです(^_^)
ただし夕日の色が強すぎる(赤すぎる)場合は、レッドスケールを使うと色がつぶれて滲んでしまうことがあるの注意です。

クロスプロセスとレッドスケールの比較
夕日、朝日の写真

4. 夜・暗い場所での撮影
夜や室内など、暗いロケーションでの撮影について。
夜の街並や道路、トンネルの中、屋内など、レッドスケールで収めると不思議で面白い写真を撮ることができます。
撮影の際は三脚を立て、ケーブルレリーズを使って長時間露光してみましょう。
赤く染まった情熱的な夜の世界が待ち受けています!

夜や室内などの写真

5. 晴れた日はクロス、曇った日はレッドスケール
最後に、私のふだんの撮影スタイルについて。
上記のように、晴れた日にはどちらかというとレッドスケールは向きません(もちろん合う場合もありますが)。
そこで私は、晴れた日にはスライドフィルムを多用し、曇ったり雨の日にはレッドスケールを多く使うようにしています。そうすれば、どんな天気の日にもそのフィルムに合った撮影ができることになります。
天気が悪いからといってくよくよする必要はありません。レッドスケールはそんなときに効果絶大なのです(^_^)/

晴天のクロスと曇天のレッドスケールの比較

わかりましたか~?
ぜひその時々の天候・状況によっていろいろと変えながら撮影してみましょう。
Enjoy your Redscale life!

レッドスケールフィルムの作り方はこちらのテクニックページをご確認下さい!


Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2012-10-31 #gear #tutorials #night #weather #sunset #lc-a #redscale #backlight #cloudy #tipster #overcast #holga # # #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about hodachrome の記事

3 Comment

  1. unknownsoldier
    unknownsoldier ·

    fmfm

  2. jolgio-lion-cafe
    jolgio-lion-cafe ·

    レスケ、自作してみようかなぁ。

  3. npkishi
    npkishi ·

    わかりやすい!redscale使いあぐねてて、つい残っちゃってました。よっしゃ撮るぞ~!

他の記事を読む

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    2018-03-15 hodachrome の記事
    多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    多重露光アーティスト山本穂高氏(@hodachrome)主催による多重露光写真展「 カサナリノセカイ 」が京都で開催中です。コンセプトは「日常ではありえないような夢の世界──。何度でも心に刻んでほしい…」。全国から集まった多重露光好き・フィルム好きがそれぞれの幻想的な多重露光の世界を奏でます。ぜひ足をお運びくださいませ!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    2018-04-25 Jill Tan Radovan の記事
    境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    Veejayの作品は、忘れられた文化、社会、貧困など様々な世界の問題について私たちに考えさせるものばかり。悲惨な現実を突きつけられる一方、彼の白黒写真からは被写体の美しい人物像が伝わってくるのです。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!