しゃべロモ Vol.2

商品ページやマイクロサイトだけでは語り尽くせない、ロモグラフィー自慢のプロダクトの新しい使い方や、知られていない事実等を紹介します。痒いところに手が届く対談式の商品紹介「しゃべロモ」第二回は、Sidekick Bag TPEを検証します。

商品ページやマイクロサイトだけでは語り尽くせない、ロモグラフィー自慢のプロダクトの新しい使い方や、知られていない事実等をWeb担当があらゆるゲストを招いて紹介します。痒いところに手が届く対談式の商品紹介「しゃべロモ」第二回は、Sidekick Bag TPEをLomography Gallery Store TokyoのShop Manager (ihci-uy)と検証します。

Sidekick BAG TPEとは

Sidekick BAG TPE LITEとは

takuji: さて、先週に引き続き、Lomographyのバッグに焦点を当てたいと思います。今回は、Sidekick Bag TPEを検証したいと思います。

ihci-uy: おー、なぜ今回はTPEを選んだんですか?

takuji: 今使ってる鞄が劣化してきたからです。

ihci-uy: あら?お買い上げですか?

takuji: 本当に購入するか否か決めますから、本気でお勧めポイント教えて下さい。
ちなみに、防水性と軽さからSidekick Bag TPEを選びました。

ihci-uy: では、魅力を全面的に押し出していきたいと思います。

takuji: サイズは二つですね。

ihci-uy: そうです。普通のSidekick Bag TPEとTPE LITEがあります。小さいほうがLITEですね。

takuji: 早速大きい方見てみましょうか。まずは前回に引き続きフィルムが入る箇所を探してしまいますね。

ihci-uy: 実は、Sidekick Bag TPEにはフィルムを入れる場所がもとから用意されてるんですよ。ちなみに、これはSidekick Bag TPE LITEにはついていないので、少し大きいサイズならではの特徴かもしれません。

takuji: おー!何本入るんですか?

ihci-uy: 。。。やってみましょう。

takuji: あ、はい。 

二人: おー!ケースに入った状態で5本!これはすごい。36枚撮りなら180枚。いいですね。

takuji: 普段フィルムは何本持ち歩いてますか?

ihci-uy: フィルムは持ち歩いてないですね、カメラには常に36枚撮りが入っているし、オフィスにも自宅にもすごい量のフィルムがありますからね。旅行となれば話は別ですが。

takuji: そう、旅行だと結構カメラの持ち運びが難しいですよね。あと、どのカメラを持っていこうみたいなのも悩みます。ちなみに、私はHorizon PerfektとLOMO Lubitel166+、LOMO LC-Aの3台を旅行に持っていき、その中から2台を常に持ち歩いています。

ihci-uy: じゃ、それが入るかやってみますか。

takuji; 間違いない。

ihci-uy: 内側のバッグにHorizon PerfektとLOMO Lubitel 166+を入れて外側のバッグにLOMO LC-A+を入れてみたけど、余裕ですね。LITEのほうだとHorizon Perfektを横にしないと厳しいです。

takuji: でも、これ中でぶつかるでしょ、カメラ同士が。それが気になるんですよね。

ihci-uy: Horizon Perfektは購入時に専用の鞄が付いてくるじゃないですか。あれに入れれば?

takuji: いやいや、今はSidekick Bagでどこまでいけるかって話ですから。

ihci-uy: 旅行ってことで?じゃ、Tシャツ入れてみましょう。

takuji: 素晴らしい。このスペースを見ると2泊くらいの旅行ならいけますね。あ、男性の場合ね。

ihci-uy: いけるね。

takuji: これ、取り外せるんですね。

ihci-uy: そうです。3 wayですから。小さい方だけだったら、それこそ旅行先とか散歩でLOMO LC-A+とDiana Flash+とか入れて、財布とか入れて出掛けられますよ。

[asset:112140]

女性が背負うとこんな感じです。

takuji: なるほど。15 inchのノート型パソコンを持ち歩く機会が多いのですが、入りますか?

ihci-uy: Sidekick Bag TPEなら余裕で入りますよ。

takuji: ナイスです。

ihci-uy: ご購入ですね?

サイズは、
TPE LITEが、30cm x 25cm x 13cm (取り外し可能なスモールバッグが24cm x 18cm x 6cm)、重さ:740g (全体)
TPEが、35cm x 30cm x 15cm(取り外し可能なスモールバッグが16.5cm x 30 cm x 7.5cm)、重さ:1,150g (全体)

ご購入はこちらから↓

Sidekick BAG TPEを購入する

Sidekick BAG TPE LITEを購入する

2009-11-21 #ニュース #sidekick #tpe # #vol2 takuji の記事

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    2017-10-18 #gear
    《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    今年で10才になったロモグラフィーの Diana F+ は長年のファンも多い中判フィルムカメラ。そのドリーミーな写りはたくさんの人々を魅了してきました。たくさんのカラーやデザインから選べる Diana F+ シリーズ のカメラを、今日はおさらいしてみましょう!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • 坂出商業高等学校 × Simple Use Film Camera

    2018-08-21 erina の記事
    坂出商業高等学校 × Simple Use Film Camera

    【夏休み企画!】ロモグラフィーと 代官山 北村写真機店では、もっとたくさんの人にフィルム写真の楽しさを知ってもらうため、学生さんとのコラボ企画を実施中。今回は「香川県立坂出商業高等学校」写真部のみなさんの作品の一部をご紹介します。

  • #イットガーリー AYAMI × Simple Use Film Camera

    2018-05-12 erina の記事
    #イットガーリー AYAMI × Simple Use Film Camera

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回は役者を目指すAYAMIさんが Simple Use Film Cameraで撮影した写真をご紹介。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    2017-10-20 #ビデオ choko3 の記事
    【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    25周年を記念して『ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ』開催決定!Lomographyの代表的なフィルムカメラ LOMO LC-A+ と、さらにその他たくさんのカメラを使って撮影を楽しみながら、原宿や渋谷の街を撮り歩きます。フィルムカメラを使ったことがない人も、スタッフがフィルムの入れ方からレクチャーします!

  • #イットガーリー AOI YAMADA × Lomo LC-A 120

    2018-05-02 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー AOI YAMADA × Lomo LC-A 120

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はダンサーとして活躍する AOI YAMADAさんが Lomo LC-A 120で撮影した写真をご紹介。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1