人物が透ける!ゴーストショット(GS)の撮り方

人物が透けて半透明になっているという不思議な写真を見たことはありませんか?多重露光のテクニックのひとつなのですが、私は勝手にゴーストショット(GS)と呼んでいます。この独特な雰囲気を持つ写真をぜひ撮ってみましょう。けっこう簡単にできちゃいます♪

この写真は、公園にて人物を撮ったものです。人物部分が半透明になり、まるで幽霊か何かみたいに見えてちょっと不思議な写真です。これは三脚を使って同じ場所で二回露光したものです。なんだか難しそう?いえいえ、実はかんたんに撮れてしまうんです。それでは今回はこのゴーストショット(GS)を撮るためのTipsを教えますね~ (^_^)

【必要なもの】
1. カメラ
Holga、Diana、Belair、Horizon Kompakt、Sprocket Rocket、Konstruktorなど、多重露光がかんたんにできるカメラがよいです。LC-A+でも可能ですが、三脚に固定したときにMXスイッチが動かせなくなることがあるので注意が必要です。
2. フィルム
基本的になんでもOKですが、ISO1600など高感度すぎるものは露出オーバーになる可能性があるの不向きです。
3. 三脚
これは必需品です。人物以外の風景部分がずれてしまわないように三脚を使う必要があります。

【被写体選び】

被写体選びですが、人物が効果的に浮かび上がるための背景をうまく選ぶことが重要になります。最も気をつけるのは人物と重なり合う背後の部分です。この部分は、なるべくシンプルな背景にするのがよいと思います。例えば、街中や室内だったら明るくてシンプルな壁をバックに、自然を生かして撮るなら空やシンプルな地面をバックにするなど。あまりごちゃごちゃした背景を選ぶと人物が目立たなくなってしまうので注意しましょう。(もしそれがあなたの意図ならばそれでOK!)

周辺・背景はシンプルに

【撮り方】

1. 一回目の撮影
※カメラはHolgaにて、フィルムはISO400のネガフィルム、天気は曇天の場合で説明します。
まず一枚目を撮ります。先に人物を入れて撮るか、後で入れるかはどちらでもいいです。今回は先に人物を入れています。カメラの絞り設定は「天気(晴れ)」にします。これは二回重ねて撮るため、露出オーバーになるのを防ぐためです(状況により変えてください)。三脚をセットして、構図を決めたら人物を配置します。人物の背後の部分は透ける予定なのでその点をよく考慮して配置しましょう。人物は体全体を入れてもいいし、上半身だけ(または下半身だけ)でも面白いと思います。

1回目の撮影(人物ありで撮影)

2. 二回目の撮影
一枚目を撮ったらフィルムを巻き上げずに二回目の撮影を行います。カメラの絞り設定は一回目と同じく「天気(晴れ)」のままです。一回目とまったく同じ構図で、今回は人物は入れずに風景のみを撮影します。

2回目の撮影(人物なしで撮影)

その結果、二つの画像が同じフレーム内でブレンドされ、一回だけ露光された人物部分は風景と溶け込んで半透明になって現れます。

人物の透けた写真が現れる

以上です。かんたんでしょ?
撮影場所や天気、そして衣服の色や明るさが異なると写真の印象もがらっと変わってくると思います。私は神秘的でどことなく物悲しい雰囲気が好きなので曇った日(または日陰)をよく選びます。
HolgaやDiana、Sprocket Rocket、Konstruktor等の場合、そのまま二回続けて押すだけなのでこの技はかんたんにトライできます。LC-A+を使う場合は、カメラのポジションを動かさないようにMXボタンをスライドさせるアイデアが必要となります。LC-A+の場合は、フィルム感度がISO100ならISO200の設定で2回、ISO400ならISO800で2回、という設定で撮りましょう。露出を「抑える」ということがこの撮影方法の要となります。人物の透明度をあえて変えたかったら感度設定を調整してみてもいいでしょう。また三脚がなかったら手持ちで撮って少し背景がぶれるというのもアリだと思います。透明にする被写体はもちろん人物でなくてもいいので、いろいろ試してみるのも面白いですね。

ぜひあなたなりのアイデアで面白い「GSワールド」を作ってみよう!
Enjoy your GS life!

8/20追加!

以下は、このテクニックを使った他のユーザーさんの素晴らしい写真です。(もっと他に素晴らしい写真があったかもしれません、その場合はご容赦を!)

blueskyandhardrockさん、bloomchenさん、werristonさん、maknyさん、aliceclareさん、andrejrusskovskijさん、poepelさん、mariannさんの写真

Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2013-06-25 #gear #tutorials #lc-a #mx #multiple-exposure #tipster #double #doubles #double-exposure # # # # #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about hodachrome の記事

他の記事を読む

  • 光の魔法:写真家 Li Hui

    2020-04-29 #ニュース #people jennifer_pos の記事
    光の魔法:写真家 Li Hui

    写真は思い出を残すだけのものではありません。一筋の光が写真を芸術へと姿を変える鍵となり、カメラを通して見えるもう一つの世界を体感することもできます。そんな光を操り、芸術作品に変えてしまうのが、写真家のLi Huiです。彼女の作品とセンシティブではかなげな素晴らしい写真についてインタビューをしました。

  • 写真に収めたい大切なもの: Kageakiへのインタビュー

    2019-12-11 #culture #people cheeo の記事
    写真に収めたい大切なもの: Kageakiへのインタビュー

    フォトグラファーとしてキャリアをスタートさせたことは、Kageakiにとって大きな決断でした。このインタビューでは、何が彼を写真に惹きつけるのかを紐解いていきます。「うまくいかなかった1枚は、思い通りに撮れた1枚よりも大切な1枚でした。」

  • お家でロモ:Lomo'Instant Squareでセルフィーコラージュ

    2020-06-04 erina の記事
    お家でロモ:Lomo'Instant Squareでセルフィーコラージュ

    いつもの写真をもっとかっこよくするために、写真を何枚も組み合わせて大きな1枚の写真にするコラージュに挑戦しませんか?Lomo'Instant Squareを使った撮影のコツを、surasurachanが教えてくれました。

    1
  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • インスタント写真の歴史

    2020-09-29 #ニュース
    インスタント写真の歴史

    インスタント写真には長い歴史があります。いつの時代も情熱を絶やさず、進化し続けるクールなインスタントスナップの歴史を追ってみましょう。

  • LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    2020-04-23 xcvllshawn の記事
    LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回はライブ写真を撮影している知衿さんに、Daguerreotype Art Lens使っていただきました。

  • 【スタッフレビュー】『紅葉』を撮る with Petzval 58 & Daguerreotype Achromat

    2019-11-20 erina の記事
    【スタッフレビュー】『紅葉』を撮る with Petzval 58 & Daguerreotype Achromat

    いつもと一味違う紅葉撮影をしてみましょう!日が落ちる時間も早くなり、紅葉の見頃が気になってきましたね。Lomography Art Lensで切り取る、うずまく紅葉の世界へようこそ。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【コーヒーで現像】第一回ロモグラフィー現像ワークショップ開催

    2020-01-23 plsrptme の記事
    【コーヒーで現像】第一回ロモグラフィー現像ワークショップ開催

    2020年2月8日(土)に直営店Lomography+はコーヒ現像ワークショップを開催いたします。フィルムの現像って難しそう思えますがあなたが飲んでるコーヒーでできちゃうって知ってましたか?撮影から現像まで(もちろんSNS投稿用のデータ化までも)お試しいただける豪華版になっております。

  • 【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT

    2020-10-06 xcvllshawn の記事
    【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT

    撮影したら次の人へ!撮った写真が複数箇所で展示、zineにもなる、参加型企画をギャラリー「TReC1and2」が開催。作ってしまったら削除も修正も出来ない。一発勝負の面白さを、皆さんと楽しんで共有できるような、そんな遊びが出来ないかと考えられたのが、この企画。

  • 人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

    2020-06-05 erina の記事
    人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

    ミュージシャンでありフィルムカメラマンの熊谷勇哉さん。これまでケータイでも写真をほとんど撮らなかったという熊谷さんが、なぜフィルムカメラを始め、なぜLC-A+に魅了されたのか聞いてみました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 「その一瞬」を求めて:Ryan Scott Grahamへのインタビュー

    2020-02-05 #people #places cheeo の記事
    「その一瞬」を求めて:Ryan Scott Grahamへのインタビュー

    感覚や感情をひとつのフレームに写し込むことが、写真に魅了され続けている理由だと明かす、Ryan Scott Graham。ミュージシャンやアーティストとして活躍する彼の「アナログ」に込める想いとは。

  • 暗いところで撮影するには?

    2020-05-27 erina の記事
    暗いところで撮影するには?

    夜やお家で撮影するにはどうすればいいの?いつでも思い通りに撮影するためのちょっとしたコツをマスターすれば、どんな環境でもこわいものなし!

  • LomoOdds:Rina Endo x Lomogon

    2020-03-31 erina の記事
    LomoOdds:Rina Endo x Lomogon

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回は会社務めの傍、写真家・ミュージシャンと多方面で活躍するRina Endoさんに、LomogonとLomographyのユニークなフィルムを使っていただきました。

    1