大好きなDiana F+ モーメント

カメラは人生の瞬間、瞬間の味わいを教えてくれる。写真を通じて、人は過去を愛おしみ、手元には選ばれた大好きな時だけが残る。Diana F+―この美しいビンテージ・カメラで撮れば、あらゆる時間はノスタルジーに染まる!

このクラッシックなLomographyカメラが6歳を迎えた誕生祝いに、コミュニティー・メンバーからのDiana F+ モーメントをまとめて振りかえり、ノスタルジーに浸りましょう! 素敵なコンテンツですよ! 読みながら、あなたの大切なDiana F+ モーメントを思い出してみて!

Credits: mczoum

「今は空き家となった実家の祖母の部屋に、彼女の古い花瓶が残されていた。湿気で壁という壁のペンキが剥げ落ちていた。」[2006年製期限切れフィルム、クロスプロセス、露光時間3-4秒。] — mczoum

Credits: laurasulilly

「2012年5月初め。わたしのボーイフレンドの両親がハンブルクに住んでいて、その近所の自然保護区には野原がいくつもある。その風景に目と心を奪われてしまったわたしは、ハンブルクを訪ねるたびにそこに行くのを楽しみにしている。これは彼が三脚もケーブルレリーズも使わず、立ったままで撮影したもの。Diana Splitzerは初めてだったけど、狙いどおり!」— laurasulilly

Credits: megs79

「アンダー露出の多重写真。雲の上の気球から地上を見下ろしているのは、実に不思議で孤独な感覚だろうと思う。これがわたしのお気に入りのロモグラフであるのにはいろいろ理由がある。わたしの写真で一番人気のあるロモグラフ。二重露光は大好き。熱気球も大好き。いつか乗ってみたい。」 — megs79

「僕のカメラの選択は間違いない。僕はDiana F+に恋したのだ。ちょっと撮ってみたただけで、すっかりのめりこんで、さらに深く知りたくなっていく。最初慣れるのに大変だけどその甲斐はある。Diana F+は君の大切な友になるだろう。」— cpolpa.

Credits: andrejrusskovskij

「自分が撮ったたくさんのポートレートの中で、この写真はとびぬけた出来というわけではない。でもこの写真の意義は、何かを強く見つめているイザベルを捉えることで、自分自身の美を彼女に教えようとしたことにある。私が写真というものの何をもっとも愛しているかに、この写真で気づいた。思いもかけない表情を撮って、他の人から見た彼らがいかに素晴らしいかということを、本人に理解させることができる点だ。Dianaに感謝しなければ。」 — andrejrusskovskij

「どんなシチュエーションでもDiana F+で撮れば最高。でも、なんといっても一番な瞬間は、旅行で見知らぬ街や風景をさまよっている時。他の旅行者が首から下げた重たいデジタル一眼レフで肩こりに悩んでいるのに、わたしは羽みたいに軽いDiana F+ですいすい歩き回り、もちろん、美しくてドリーミーな写真を撮るのだ。この写真はアイルランドのホウスにて、Diana F+とLomography Redscale XR 50-200フィルムで撮影したもの。」 — kekskonstrukt

「そのころ付き合っていたボーイフレンドがアメリカへ行くことになり、その前に二人でいわゆるピクニックに出かけることにした。フルーツを詰め込んだバスケットと草の上に広げるブランケット、サンドイッチとか用意して! 天気の良かったその日、初めてDiana F+を使った。この二重露光写真を撮った直後、空が灰色になり、暗い雲が垂れ込めたかと思うと、見る間に二人とも雨でびしょ濡れになってしまった。雨はその後ずっと激しく降り続いた。わたしたちは雨宿りしながら静かに暗い空を見ていた。今思うと一種の前触れだった気がする。それからほどなくして私たちは別れた。この写真はわたしたちが共に過ごした最後の「楽しい」瞬間であり、大好きな写真だ。浮気者のアイツと別れて、今ではセイセイしているけど。」— shhquiet

Credits: sobetion

「Diana F+の120フィルムで、僕は自分の初恋に気づいた。僕とガールフレンドの幸せな瞬間はいつも Diana F+を前に演じられ、旅の最中に彼女を撮る度に夢中になった。Diana F+があれば、いつも特別な時間!」— sobetion

Credits: shoujoai

「僕のお気に入りのDianaモーメントは最初のフィルムを入れて以来ずっと続いているよ。新しいカメラを手に入れて鼻高々! ガールフレンドと一緒に街を歩きながら、いたるところで写真を撮って、その合間にマニュアルを読んだ。写真はオーバー露出やオーバーラッピングじゃないけど、楽しく撮れてる。それに、ロモグラフィック熱が始まった魔法の瞬間をとどめておくのは悪くない。」— shoujoai

ハッピーバースデイ、 Diana F+! Diana F+誕生6周年の記事は こちらにも。.

2013-10-05 #lifestyle #birthday #community #diana-f #diana-f-birthday-2013 mayeemayee の記事
翻訳 orangemikan

他の記事を読む

  • Dianaにまつわるストーリー:忘れられない1枚

    2018-06-04 #gear
    Dianaにまつわるストーリー:忘れられない1枚

    Diana F+ は記念日や誕生日、忘れられない旅、日常のささいな瞬間など、たくさんの人々の個人的な記憶を写してきたカメラです。今回は Diana F+で写した忘れられない一枚について世界中のロモグラファーに聞いてみました。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • 《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    2017-10-18 #gear
    《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    今年で10才になったロモグラフィーの Diana F+ は長年のファンも多い中判フィルムカメラ。そのドリーミーな写りはたくさんの人々を魅了してきました。たくさんのカラーやデザインから選べる Diana F+ シリーズ のカメラを、今日はおさらいしてみましょう!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    2018-05-26 #gear
    Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    太陽が登って世界が夏色に染まる季節です!さあ、写真を撮りに外へ出かけましょう。重いカメラは家に置いておいて、あなたが必要なのは小さくて、シンプルで、それでいてパワフルなカメラ。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    1
  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    2018-04-25 Jill Tan Radovan の記事
    境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    Veejayの作品は、忘れられた文化、社会、貧困など様々な世界の問題について私たちに考えさせるものばかり。悲惨な現実を突きつけられる一方、彼の白黒写真からは被写体の美しい人物像が伝わってくるのです。

  • 【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    2017-08-26 refallinsasaki の記事
    【ロモってどこで買えるの?】京都:Photolabo hibi 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第二弾は京都市左京区正往寺町にある Photolabo hibiさん!普段からロモのフィルムやカメラを使っているお店の方に、個人的にイチオシのカメラや今後お店でやってみたいイベントについてお話していただきました。お近くにお住いの方は必見です!