Lomography Experimental Lens Kitで撮る赤外写真

Lomography Experimental Lens Kitで撮れるのは広角や、多重露光、ドリーミーな写真だけではありません。驚くような赤外写真も撮ることができます。今回は赤外写真の撮り方の詳しい説明を、作品と共にご紹介しましょう。

ウィーンのロモグラフィー本社のMichael Emhoferは、 インタビュー でLomography Experimental Lens Kitの第一印象を語りました。今回は彼による、Olympus EP-1とロモの最新イノベーションを使った赤外写真撮影についてのお話です。

Michaelによる準備作業の要約:

1.カメラをフルスペクトルに改造する。つまり、赤外線と紫外線光からセンサーを護っているフィルターを、透明ガラスに替える。

2.シーモスイメージセンサーは、少量の紫外線とかなりの量の赤外線(波長950nmまで)を捉えることが可能。

3. 通常、赤外線はセンサーから遮られている。でないと草木の色が茶色に、時間帯によっては白になってしまう。

4. 僕のカメラをフルスペクトルに改造する作業はこの ウェブサイト の運営者にお任せした。このサイトには各カメラの改造方法が書かれている。だが、自分でやるとなるとフィルターと交換する適当なガラスを用意し、はんだ付けもやらなければならない。他にもアメリカの Lifepixel. という会社が同様のサービスを行っている。

5. カメラを改造してしまえば、レンズの前に装着するいろんなフィルターを装着することで、赤外線光など様々な波長の光を選んでセンサーに当てることができる。

6. 僕は普段の撮影では、赤外線・紫外線カットフィルターを使って両方の波長を遮断している。

7. 赤外写真を撮るには、おなじみHoya R72や850nm 赤外線透過フィルターで赤外線以外をカットする。

8. その他の画像には色々なフィルターを使うが、お勧めは、イエローかオレンジ色のフィルターとディープレッドのフィルター。この点Experimental Lens Kitについているフィルターはかなり使える。Kitのレンズを使った撮影ではいつも使う。ただし赤外線光だけを通したい時は別。Kitに赤外線透過フィルターはない。

以上が彼による説明でした。Lomography Experimental Lens Kitを持っているなら、さらに実験を進めて、赤外写真に挑戦してくださいね。

クリエイティブな写真をデジタルカメラで! *Lomography Experimental Lens Kit.* はマイクロフォーサーズシステムのデジタルカメラで、アナログでクリエイティブな効果をお楽しみ頂くことができる革新的なレンズです。パッケージには標準24mmレンズ、ワイドアングル12mmレンズと魚眼レンズの3種類のレンズが含まれています。このレンズのちょっと変わった点は、レンズにもシャッターが付いていること。対応機種であれば、カメラの機能に関わらず、多重露光や、付属のフィルターを使用したカラーフィルター写真を撮影することが可能です。レンズの詳細は == マイクロサイト== へ。 オンラインショップ で好評販売中です!

2013-11-10 #gear #tutorials #landscape #gallery #interview #infrared #tipster #lomography-experimental-lens-kit #michael-emhofer jillytanrad の記事
翻訳 orangemikan

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • 暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    2018-08-28 #gear
    暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    撮影時に光がどの程度得られるかというのは、フィルム写真では最も重要な問題。晴天の屋外で撮影すれば極端に失敗することはありませんが、シチュエーションに合ったフィルムを選べば光の少ない環境でも撮影を楽しめます!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 紫色のパラダイスへようこそ:Jodie Cartman

    2018-01-13 #people cheeo の記事
    紫色のパラダイスへようこそ:Jodie Cartman

    まるで魔法のような景色が広がるこのシリーズは Jodie Cartmanによる作品。LomoChrome Purpleで撮影したポートレートは、被写体の雰囲気をよりミステリアスなものに仕上げています。

  • スクエアフレームでミニマルな写真を撮影する方法

    2018-01-30 #tutorials
    スクエアフレームでミニマルな写真を撮影する方法

    スクエアフレームで絵画のようなショットを撮るコツは、被写体以外の余計なものを徹底的に排除すること。色や被写体だけに集中して、ミニマルな1枚を撮影してみましょう。

  • 《新登場》焦点距離15mm、ウルトラワイドな Naiad 3.8/15 Art Lens

    2018-04-05 genevievedoyle931 の記事
    《新登場》焦点距離15mm、ウルトラワイドな Naiad 3.8/15 Art Lens

    コンパクトなレンズセット Neptune Convertible Art Lens Systemに、 焦点距離15mmの新たなフロントレンズ Naiad が加わりました!ロモグラフィーのテクニカルチームが試行錯誤を重ね画角を135度まで広げることに成功し、まるでパノラマのようなダイナミックな写りが実現。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【動画】Youtubeチャンネル Analog Thingsが Lomo'Instant Squareをレビュー

    2018-02-03 #gear #ビデオ
    【動画】Youtubeチャンネル Analog Thingsが Lomo'Instant Squareをレビュー

    アナログ写真にフォーカスした Youtubeチャンネル Analog Thingsの Marcoが、Lomo'Instant Squareの第一印象を動画で語ります。英文ですが、カメラの使い方等わかりやすく説明しているので、気になっている方は要チェック。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • 【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    2018-01-20 refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    ふんわりと幻想的な写りや、絞りプレートの種類が豊富なアートレンズ Daguerreotype Achromat 2.9/64 。アーティスティックな作品撮りだったり、非日常な場面で大活躍のレンズですが、日常シーンで使ったらいったいどんな写りになるんでしょう?Lomography Japanスタッフ keitauni94が冬の江ノ島で撮影した写真をご紹介します!