ラッツアイビュー(ネズミ目線)ショットを楽しもう

皆さんは地面にカメラを置いてノーファインダーで写真を撮ったことはありませんか?これは「ラッツ・アイ・ビュー・ショット」(rat’s eye view shot…ネズミ目線ショット)といって、暗い場所でもぶれずに撮影できる三脚いらずの気軽な撮り方としてポピュラーな撮り方です。ぜひネズミになったつもりで地上ゼロメートルからの豪快なローアングルの世界を体感してみましょう。

この写真は、ロンドンの地下鉄の駅構内のトンネルで撮った写真です。とても暗い条件でしたが、LC-A+を地面にセットして撮ることでぶれることもなくシャープに写っています。このように、超ローアングルから撮ることで、地面を豪快に取り入れたあおり感のある写真になります。これはロモグラファーの皆さんには定番の撮り方のひとつといえますが、今回この撮り方を説明したいと思います。

※カメラはLC-A+、フィルムはISO100のスライドフィルムを使用しました。(暗い場合はなるべく高感度のほうがよいです)

1.カメラの設定ですが、ISO100、距離モードは無限遠にしておきます。(被写体により変えてください)

2.魅力的なポイントを見つけます。今回は駅構内だったので、周囲の構造物の色や明るさ、デザインなどをよく見て選びました。地面部分も半分ほど写り込むので、地面の模様や反射の有無・量など考慮に入れます。

周囲をよくチェック!

3.場所が決まったら人の往来を待ちます。この場合は、人物を入れることで写真の魅力がよりアップすると判断しました。周囲の色とコントラストを成すような色や明るさの服を着た人物を入れると写真によいアクセントが生まれてきます。

4.ベストな人物が現れたらシャッターを切ります。トンネルの中心に行きカメラをトンネルの「なるべく真ん中」に、そして進行方向に向かって「なるべくまっすぐ」にカメラを地面に置きます。地面が安定していないとぶれてしまうので気をつけてください。左手でカメラを固定して息を止めてシャッターを切ります。シャッター時間はやや長いのでぶれないようにしっかりカメラを支えていてください。

地面に置いてシャッターを切る

以上です。結果は、地面が半分ほど写った遠近感あふれるラッツ・アイ・ビュー・ショットとなりました。地面には周囲からの反射もしっかり写っています。カメラはトンネルの先に向かってほぼまっすぐに置くことができ、左右どちらかに大きくずれることなく撮ることができました。スローシャッターのため動いている人物は少しぶれますが、これが写真に躍動感を与えてくれているような気がします。

今回はカメラをそのままセットしましたが、地面の写り込みが多すぎると思われる方はこんなちょっとした工夫もぜひ試してみてください。カメラの底に(レンズ側のほうに寄せて)、約1mmの厚さの小さな細い板を貼ります。これでカメラの角度を少し調整することができ、地面の写る部分は少なくなります(上がより多く写ります)。

角度の調整をする厚紙

こちらが板を取り付けて撮った写真の見本です。地面部分が画面全体の約3分の1ほどとなりバランスがよくなります。被写体によってはこの撮り方も有効です。私はいつもこの板を常備していていつでも使えるようにしています。

板を使用した場合の写り方

ちなみに他のカメラでももちろん可能です。私はたまにLC-WideやHolga、Horizon Perfektでもネズってます。カメラの露出の設定はそれぞれ異なりますので気をつけてください。

他のカメラでもできます♪

そして恒例の応用編です。多重露光、フィルムスワップ、フィルムスープと組み合わせています。

他のテクニックに応用

最初はどんな写りになるかわからなくて戸惑うかもしれません、でも慣れてくると素早く狙い通りの構図が得られるようになります。ぜひやってみて~。もちろん屋内じゃなくてもどんな場所・場面でも気軽に使える撮り方ですよ。あ、男性諸君、女性が近いときにはくれぐれも変な人と思われないように気をつけてくださいね(^^)

慣れると楽しいネズミ目線ショット♪

他のユーザーさんの素晴らしい写真です(^^)

fotobesさん、icomewhenieatcaponataさんの写真

さらに、こちらのflickrのグループにも素晴らしいラッツアイビューショットが多く載っています。ぜひ参考にしてみてください。 Lomo lc-a rat's eye view

Enjoy your Rat’s Life!


Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2013-11-17 #gear #tutorials #long-exposure #lc-a #tipster #long-exposure #lc-a # #rats-eye-view #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about #rat-s-eye-view-shot #rats-eye-view-shot # hodachrome の記事

他の記事を読む

  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    1
  • 4連写なら楽しさも4倍:ActionSampler

    2018-01-24 #gear lomosmarti の記事
    4連写なら楽しさも4倍:ActionSampler

    何を撮っても面白い仕上がりになる ActionSampler 。動くものを撮っても、動かないものを撮ってもOK!あなたはその仕上がりに驚くはず。シンプルでコンパクトな見た目ですが、長年のファンも多いユニークなカメラです。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【フィルムビギナー】どんなフィルムを使ったらいいの?

    2018-09-20 #tutorials cheeo の記事
    【フィルムビギナー】どんなフィルムを使ったらいいの?

    一言でフィルムと言っても、どれを選んだらいいかわからない!という人も多いはず。まずはシンプルに、この4種類から選んでみましょう。

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    <b>【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】</b>さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • フォトグラファー mick park × Lomography

    2018-05-24 keitauni94 の記事
    フォトグラファー mick park × Lomography

    惜しまれつつも生産中止が発表された高感度フィルム「NATURA 1600」。その開発にたずさわった mick parkさんは、当時言われていた「高感度撮影は荒れて使いものにならない」「暗いところはフラッシュ」という概念を壊した伝説的なフォトグラファー。今回はその実験的な作品の数々を紹介。

  • #イットガーリー AYAMI × Simple Use Film Camera

    2018-05-12 erina の記事
    #イットガーリー AYAMI × Simple Use Film Camera

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回は役者を目指すAYAMIさんが Simple Use Film Cameraで撮影した写真をご紹介。

  • スクエアフレームでミニマルな写真を撮影する方法

    2018-01-30 #tutorials
    スクエアフレームでミニマルな写真を撮影する方法

    スクエアフレームで絵画のようなショットを撮るコツは、被写体以外の余計なものを徹底的に排除すること。色や被写体だけに集中して、ミニマルな1枚を撮影してみましょう。