MX(多重)機能のないカメラで多重露光をする方法

皆さんの大好きな(きっと大好きなはず!)の多重露光(MX)。皆さんはどんなカメラで楽しんでいますか?いろいろなカメラで簡単にMXが可能ですが、持っているカメラの中には、気に入っているんだけど多重露光の機能がないというカメラもありますよね。今回は、そんなMX機能のないカメラで多重露光を可能にするという方法を教えちゃいます。

この写真は、多重露光機能のない「旧式」のLC-Aを使って撮影した多重写真です。MXスイッチがないのにどうやってやったの?って思いますよね。今回はそのTipsを紹介したいと思います (^_^)

【必要なもの】
1. MX機能のないカメラ(LC-A、Horizon Perfektその他のカメラ。自動巻き上げのものは除きます)
2. フィルム(当たり前ですが…)

【方法】
1.
1回目の撮影終了後、カメラ内のフィルムのゆるみ(たわみ)を取り除く必要があります(下のイメージ画像参照)。フィルムが緩んだままだと位置ズレを起こしてしまいます。あ、あくまでもカメラ内のイメージなのでフタは開けないでね!

フィルムがカメラ内で緩んでいる(たわんでいる)もの(左)と、たわみのないもの(右)

2.
カメラ内のフィルムのゆるみ(たわみ)を取り除きます。まず、「巻き戻しクランク」を引き起こし、ゆるみがなくなるまで巻き戻しレバーをゆっくり時計回りに回します。手ごたえがだんだん固くなってきたらゆるみがなくなってきたことを意味します。このとき、強く回し過ぎるとフィルムが破れてしまうので注意です。回した後はその指を離さず、巻き戻しクランクを指で押さえておきます。

巻き戻しレバーをゆっくり時計回りに回す

3.
巻き戻しクランクを指で押さえたまま、カメラの底の「巻き戻しボタン」を押して、スプールをフリーな状態にします。そして、その巻き戻しボタンを押さえっぱなしにしておきます。二つの箇所をしっかり固定したまま、もう一方の手で巻き上げダイヤルを一枚分ゆっくり巻き上げます。これでスプールがひとコマ分「空回り」をしシャッターチャージが完了します。このとき、巻き上げダイヤルの感触は軽いはずですが、もし重たい時には巻き戻しボタンが効いていない可能性がありますので巻き戻しボタンを確認してください。

二か所を押さえたまま一枚分巻き上げる

4.
巻き上げた後、2回目の撮影をします。さらに露光を重ねる場合は、2~3を繰り返します。

5.
撮影が終わったら、通常通りに巻き上げてひとコマ分送ります。ただし、次のコマと少し画像が重なってしまうことが多々あります(下のネガの画像参照)。もしそれが気になる場合(私は大いに気になります)、通常の巻き上げをする前に次の6の手順を行ってください。

次のコマと画像が重なってしまう

6.
多重を終えたらレンズ前を暗く覆い(レンズキャップを被せる、黒い布で覆うetc)、1枚分空シャッターを切ります。そして通常通りに巻き上げてひとコマ分送ります。こうすれば画像の重なりを防ぐことができます。もし1枚分のロスがもったいないという場合は(私には大いにもったいです…)、次の方法を試してください。「巻き戻しボタン」を押したままにしてフィルムを2分の1フレーム分ほど巻き上げます(空送りします)。その後押さえていた指を離して巻き上げを続けます。すると通常のフィルム巻き上げが始まり残り約3分の1ほどが巻き上げられます。これで画像は重ならずフィルムのロスも少なくて済みます。(ちょっと慣れるまで難しいです)

画像が重ならずロスも少ない

わかりましたか~?私はこの方法を、旧式LC-AやHorizon Perfektでよく使います。他のクラシックカメラでも、おそらく同じ方法で可能だと思います(キヤノンAE-1、キヤノンニューF-1等)※ニコンのクラシック機には多重露出レバーを搭載したモデルもあります。

なお、上のフィルム画像でもわかる通り、重ねたそれぞれのレイヤーは多少は左右にズレている可能性があります。そして、カウンターの表示は空の巻き上げを行った分増えていきますので、実際の撮影枚数と変わっていきますのでご注意を。

ぜひあなたのクラシック機のコレクションでもこの多重露光にトライしてみましょう~♪
Enjoy your MX life!

旧式LC-Aによる多重作品
Horizon Perfektによる多重作品

Author: hodachrome山本穂高
岐阜県出身のカメラマン。2007年にトイカメラの代表格であるLomo LC-Aと出逢い、その魅力の虜となる。世界のロモグラファー・フォトグラファー達と研鑽を重ねながら、国内外を問わず写真展への参加、写真集・グッズ販売、写真講座・ワークショップ等、幅広く活動する日々を送る。

2014-03-04 #gear #tutorials #lc-a #multiple-exposure #tipster #doubles #double-exposure #lc-a # # # #select-type-of-tipster #select-what-this-tipster-is-about hodachrome の記事

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    2018-03-15 hodachrome の記事
    多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    多重露光アーティスト山本穂高氏(@hodachrome)主催による多重露光写真展「 カサナリノセカイ 」が京都で開催中です。コンセプトは「日常ではありえないような夢の世界──。何度でも心に刻んでほしい…」。全国から集まった多重露光好き・フィルム好きがそれぞれの幻想的な多重露光の世界を奏でます。ぜひ足をお運びくださいませ!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • 暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    2018-08-28 #gear
    暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    撮影時に光がどの程度得られるかというのは、フィルム写真では最も重要な問題。晴天の屋外で撮影すれば極端に失敗することはありませんが、シチュエーションに合ったフィルムを選べば光の少ない環境でも撮影を楽しめます!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    2018-01-12 hodachrome の記事
    山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    多重露光による様々な幻想世界を魅せる山本穂高氏 ( @hodachrome )による写真展のご案内です。今回のテーマは近年取り組んできた「ポートレート多重」。様々な女性たちの個を生かしつつ、日本の四季の題材とを融合させました。デジタル合成ではない、アナログでしか味わえない四季折々の群像劇をぜひご堪能ください。

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    2018-03-22 #gear
    Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    ぐるぐるボケを生み出すアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで Raymond Chin (@raywychin) が多重露光に挑戦しました。花と被写体が重なることによって生まれた繊細な作品をご覧ください。

  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

  • アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    2018-04-09 #places
    アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのMélanie Hubert-Crozet (@melanie_hc) が撮影したドバイでの多重露光ショット。アナログ写真でみるドバイは、私たちがイメージする街とは少しちがっていて何だか不思議。