カメラレビュー:LOMO LC-A+ RL

1

LOMOLC-A+はコンパクトで撮影しやすく、アクセサリーも充実しているデイリーユーズに特別お勧めなカメラです!
LOMO LC-A+を買うなら、オンラインショップとLomography Gallery Store Tokyoでしか購入できないLOMO LC-A+ RL(ロシアレンズバージョン)がお勧めです。

LOMO LC-A+ RL はすべてのLOMO LC-A同様35mmフィルム(別称135mm/カラーネガ、スライド、b&w)を使用するカメラです。フィルム装填後はカメラ前面のビューファインダーの隣にあるフィルム感度を設定してください。設定範囲はISO100からISO1600までです。

このカメラはマルチコーティングのロシア製 Minitar-1、32mm /f2.8レンズ を搭載し、フォーカス設定を4つのポイントから1つを選ぶゾーンフォーカス方式のカメラです。距離は0.8m、1.5m、3m、または無限から選択ができます。このカメラには三脚穴、フラッシュマウント、多重露光、そしてケーブルレリーズソケットが標準装備されています。さらにレンズとビューファインダーの保護のためのスライド式カバーも装着しており、カバー使用の際には誤作動を防ぐようシャッターが切れない仕組みになっています。フィルム全部を使い切った際にはカメラの左上にある巻き戻しレバーを時計回しに巻いていきます。巻き終わるとレバーが軽くなるのが感じられます。

このカメラの最大の特徴はその小さなサイズにあります。ロモグラフィー10ゴールデンルールの中にある大切なルール、「あなたと一緒にどこにでも連れて行こう」にのっとったロモファンのための愛すべきカメラです。

私がLOMO LC-A+ RLを気に入っている理由はその仕上がりのクオリティーにあります。中でも想像を超えたアーティスティックな仕上がりが楽しめる多重露光は特にすばらしいです。そして誰にでも簡単に撮影が楽しめるオート露出や長時間露光機能を私はいつも使っています。簡単に取り付けられる Colorsplash Flash もまた私のお気に入りです。

オプションである Wide Angle LensSplitzer を装着したり Tunnelvision Lens や水中撮影できる Krab Under Water Housing を使えば、想像を超えたロモグラフィーの世界へとあなたを誘うことでしょう。LOMO LC-A+ RLを手にして考え込むことはありません。まずはシャッターを切るのみです。

まずはLOMO LC-A+ マイクロサイトをチェックしてみてください。

LOMO LC-A+ RLのご購入は こちら
LOMO LC-A+ のご購入は こちら
LOMO LC-A+のアクセサリー一覧は こちら

その他のLomography商品のマイクロサイトは こちら

2009-04-02 #gear #review #wide-angle-lens #lomo-lc-a #lc-a #rl # # # agrimony の記事
翻訳 kyonn

1 Comment

  1. takezzo
    takezzo ·

    what a gallery...

他の記事を読む