なぜフィルムで撮るのか。そこにLOMOのカメラがあるからだ。

1

フィルムで写真を撮っていると、なぜフィルムで撮るか聞かれることが良くある。
まぁいろいろな理由があるけど、僕にとって一番の理由はLOMOのカメラがあるからだ。
LOMOのカメラを使うということは、新しい世界を旅することと良く似ている。

LOMOのカメラと言えば個性的なFisheyeやSuperSampler、Horizonなんかもあるけど、一番はやっぱり、 LC-A+
その基本性能の高さと、アナログ、ローテクゆえの応用性の高さから、今では僕の中で標準のカメラになっている。

僕が初めてLC-A+で写真を撮った時は、フィルムの知識どころか、カメラの基本的な知識もほとんどなかったから、ごくごく普通に撮っただけだったんだけど、仕上がってきた写真を見てすぐに Lomo LC-A+ の威力に気付かされた。

Credits: gakurou

そしてその後に撮った何本かのフィルムは、LC-A+に撮ってもらったと言っていい、お気に入りの写真でいっぱいになった。

Credits: gakurou

途中、失敗写真を繰り返す時期もあったけど、そのおかげでより Lomo LC-A+ の特性を理解できるようになって、いろんなフィルムでいろんな写真を撮る楽しみに目覚めた。

Credits: gakurou

おまけにLC-A+なら、スプリッツァーやカラーフラッシュ、ワイドアングルレンズなんかのアクセサリーと、何より世界中のLomographerが編み出した数々のテクニックとその応用で、誰も見たことのない写真や世界を創り出すことができる。

もちろん誰でも簡単に驚くような写真が撮れるとは言わない。
失敗や偶然を積み重ねて、やっと撮れた写真だってある。

でも撮り方さえわかれば、それらを応用することでどんどん新しい景色が広がっていく。
LC-A+ はそんな可能性を秘めたカメラなんだ。

最近のデジカメには色々な撮影モードやアートフィルターなんかがあって、自由に写真の見た目を変えられるけど、なんでもすぐにできちゃうことって、すぐに飽きちゃうよね。

自由にならないからこそ面白い。
自分なりに工夫して、苦労して――あるいは偶然でも、撮った写真こそ自分の物だと言える。
そんな気がする。

LC-A+ほど気軽に多彩な写真が撮れるカメラは他に無い。
もし Lomo LC-A+ を持っているなら、それとも買ってみようと思っているなら、ぜひ新しい撮り方に挑戦して欲しい。

失敗しても、死ぬわけじゃなし(フィルムは無駄にするけど・・・)、
どう撮れるかわからないなら、撮るしかない!それが “Lomo 魂” だ!

LC-A+ でしか見えない景色、LC-A+でしか作り出せない世界がある。
さぁ、みんなでLC-A+とフィルムを持って新しい世界を探しに行こう!

Lomo LC-A+ はすばらしい機能を備えています。自動露出、ISOに合わせた感度設定、長時間露光、多重露光が可能です。 オンラインショップ にて販売中!

2014-08-26 #gear #night #fireworks #review #experimental #lc-a #color #japan #lca #lomo-lc-a #jp #gakurou gakurou の記事

他の記事を読む