Pinhole カメラを手軽に作ってみよう!

Lomography Laboratory Works(実験室)へようこそ。「世の中にはまだまだ不思議なテクニックやよく分かっていない撮影方法がたくさん隠れています。そんなテクニックを実験によって明らかにして行こう!」とそんな企画です。 今回は
インスタントバックを使ってピンホール(針穴)カメラを作ってみます。

Lomography Laboratory Works(実験室)へようこそ。「世の中にはまだまだ不思議なテクニックやよく分かっていない撮影方法がたくさん隠れています。そんなテクニックを実験によって明らかにして行こう!」とそんな企画です。 今回はインスタントバックを使ってピンホール(針穴)カメラを作ってみます。

ご利用の前に


通常の商品とは異なる使い方をしております。ご利用は各自の責任においてお願い致します。
この記事の内容に関するご質問にはお答えし兼ねます。予めご了承ください。

ピンホールカメラと聞いてピンと来ない方も多いと思います。
今週末4月25日(日)は、”World Pinhole Day”ということで、世界中のLomographyでも、ピンホールに関するイベント、ワークショップ、コンペが開催されるのですが、そもそもピンホールってなんだ?という方、いらっしゃると思います。そんな疑問に簡単にですが、答えたいと思います。

まず、カメラの基本。
カメラにはレンズが付いていますね。(Lomographyでは、レンズは一つ、なんて言いませんが。)

こんな感じです。

DianaF+


これに対し、ピンホールのカメラでは、針で開けたような小さな穴を使って写真を撮ります。

こんな感じの針穴です。

Diana Multi Pinhole Operator


大体針の先で開けたくらいの穴で撮る写真のことです。
(穴の大きさについては色々と複雑なので割愛です。)

レンズでは、何分の1秒、光を入れれば写真になりますが、ピンホールではそうはいきません。
1秒2秒・・・・・1分2分・・・・・1時間2時間、と必要な光の量によって時間がかかります。
その分、普段とは違った味わいのある写真を撮ることができます。


前置きはここまで、さっそく作ってみます。


用意したもの
- Diana Instant Back+
- Diana Miniパッケージの箱
- 黒いテープ
- ピンホールの穴を開けた厚紙(綺麗な穴が開けられれば何でも可。色が黒だとなお可)

工具
- カッター
- はさみ
- 針
- 黒いスプレー


制作の過程

1、Diana Instant Back+をDiana Miniの箱に仮付けし、フィルムの中心辺りにしるしを付けます。

2、しるしを中心に穴を開けます。

3、Diana Miniパッケージの箱の内側を黒くします。(今回は、スプレーで塗りました。)

4、スプレーが乾いたところで、2で開けた穴にピンホールの穴を開けた厚紙を取り付けます。

5、Diana Instant Back+を箱に取り付け、隙間の無い様に黒いテープで周りを塞ぎます。

6、ピンホールに直接くっつかないように気を付けながら、テープでシャッターを作ります。

7、完成


所要時間 約1時間 (主にスプレー塗装の乾燥時間)


アドバイス
- 厚手で無い箱や、缶などを使う場合には、直接ピンホールの穴を開けたほうが手間がかからず簡単になると思いま す。
- ピンホールの穴は、針の先が少し飛び出す程度で大丈夫です。裏からも同じ程度針を通すと穴が綺麗になりました。

さて、試し撮りです。

Lomography Gallery Store Tokyo店内、及びオフィス内 25秒露光

すこし暗めですが、なかなかドリーミーなピンホール写真となりました。
注意するべきは、チェキのフィルムはなかなか露光時間がシビアなことですね。

最後に本家Dianaのピンホール写真と見比べてみましょう。結構写真の表情が違うものですね。

ピンホール写真、みなさんもチャレンジしてみてください。

4月25日はWorld pinhole day!!
関連記事:
World Pinhole Day 2010!
マーティン・チャン - ピンホールマニアがピンホールで撮る
World Pinhole Day ワークショップ 参加者募集

2010-04-22 #gear #tutorials #tipster #lomography-laboratory-works #pihole # # # kyonn の記事

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    2017-10-20 #ビデオ choko3 の記事
    【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    25周年を記念して『ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ』開催決定!Lomographyの代表的なフィルムカメラ LOMO LC-A+ と、さらにその他たくさんのカメラを使って撮影を楽しみながら、原宿や渋谷の街を撮り歩きます。フィルムカメラを使ったことがない人も、スタッフがフィルムの入れ方からレクチャーします!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • 【フィルムビギナー】どんなフィルムを使ったらいいの?

    2018-09-20 #tutorials cheeo の記事
    【フィルムビギナー】どんなフィルムを使ったらいいの?

    一言でフィルムと言っても、どれを選んだらいいかわからない!という人も多いはず。まずはシンプルに、この4種類から選んでみましょう。