Petzval LomoAmigos: CHARLIE.AKI(チャーリー・アキ)

CHARLIE.AKI(チャーリー・アキ)さんは奈良県出身のフォトグラファー。音楽家として活動していた経験もある表現者です。そんなCHARLIEさんにPetzvalレンズをテストしていただき、星型のユニークなボケが特徴的なポートレイトから、桜が満開の京都のスナップまで存分に楽しんでいただきました!

photo: CHARLIE.AKI, model: Lavrova Victoriya, hair&make: MARINA

Name: CHARLIE.AKI(チャーリー・アキ)
Location: 東京、京都
Camera: Canon EOS-1DX、7D mark2
Lens: Lomography Petzval Art Lens
Web: digital-gekkan.jp/charlie.aki


CHARLIEさんこんにちは!まずは簡単に自己紹介をお願いします!

こんにちは、奈良県出身で、奄美大島加計呂麻島(カケロマジマ)出身の母を持つ2世のチャーリーです。最近ではめっきりこう言うようにしています。何故なら、日本の方ですか?と、よく言われるので。笑

活動拠点は東京でフォトグラファーやってます。主にポートレートを撮ります。

どのような経緯でフォトグラファーになられたのですか? いつごろから写真に興味を持たれましたか?

写真は15歳ぐらいから興味はあった気がします。友人や風景を写した写真がたくさんあります。20代の頃は音楽家をやっていました。映像、イベント演出に音楽を制作、提供する仕事です。その頃から企業スポンサーのもとに、プロジェクト単位で広告を創ったり、コンテンツプロデュースしたりと、写真やムービーなどを制作する機会は多くありました。

カメラワークは、ディレクションから入り、必要なことは全て実践で身につけました。写真は見える様をこの世に残すという行為であり、音楽をこの世に残すという行為と最も近い存在である、=イコールと思います。音楽を制作するイマジネーションの世界が、カメラワークに非常に役立っています。

写真を撮る時のお気に入りの被写体は?

アーティストライブ!!アクター・アクトレス、プロフィールなど熱く撮ってます。

photo: CHARLIE.AKI, model: Lavrova Victoriya, hair&make: MARINA

あなたの写真のスタイルを3 単語で表すと?

ファンタジー・イマジネーション・ロック

意識することは、「写真にルールは無い。」と思っている。

わあ、ロモグラフィー10ゴールデンルールと一緒ですね!(笑)
さて、話をPetzvalレンズに移そうと思います。実際にPetzvalレンズを使ってみて、いかがでしたか?普通のレンズとかなり使い勝手が違うと思いますが、どれくらいで慣れましたか?

ファンタジックなヴィジュアルになりますね!ボケの感じも、ピントを合わせる時にそれぞれの個性が出る気がしますね。「雰囲気」や「味」という表現が撮れるレンズだと思いました。
とてもシンプルなので、1日使っていると感覚はつかめました。
時間をかければ時間をかけただけ、いろいろな撮影にチャレンジさせてくれるレンズのような気がします。

星型のボケをとてもユニークに使いこなしていますね!変わった形のボケに挑戦してみていかがでしたか?

Petzvalレンズの★型ボケは面白かったです、熱くなりました!他にもいろいろな絞りプレートがあり、様々なカタチのボケが生み出せました。
今回は主に絞りプレートに、「★」を使用しています。

photo: CHARLIE.AKI, model: Lavrova Victoriya, hair&make: MARINA

Petzvalレンズで撮影したお気に入りの写真と、撮影時の面白いエピソードがあれば教えてください!

お気に入りの写真は、Vickyと共に星型を生み出せた写真が好きです。レンズデザインがレトロでゴールドに輝いているので、目立ちましたね!!沢山の方が、おお!というリアクションで反応するのが良くわかりました。ビジュアルでも人気者になれるレンズですね! みんな写メに撮ってたし、通りがかりの人に「ワォ!」とか、「グレイト!」とかって、言われたりね。笑

京都でも桜や竹林などのずばり日本な場所をpetzvalレンズで写していただきました。具体的に京都のどこを周られたのですか?

嵐山から祇園のほうをスナップしました。今年の桜は雨が多くて、この日しかピーカンの日はありませんでした。このpetzvalレンズで撮影出来て本当に良かったです。

Photo by CHARLIE.AKI

Petzvalレンズを持って、世界中どこでも誰でも撮影できるとしたら、CHARLIEさんはどこで誰を撮影しますか?理想の撮影シチュエーションを教え てください!

京都の祇園で、David Bowie(デヴィッド・ボウイ)を撮りたい。

最後の質問になります。CHARLIEさんのこれからの活動予定を教えてください!

写真や映像、音楽をクロスオーバーできる、ムービー作品を今後は増やしていきたいと思っています。個人の作品を、 月刊デジタルファクトリー さんでデジタル写真集として配信しています。

写真を撮ることで沢山の人と出会い、それを人生の中に残していけることが、写真撮る事で最も幸せな瞬間です。今回のVickyとの撮影や、京都のスナップショットなどもリリースしていきますので、是非、ご覧ください。

チャオ〜。

CHARLIEさん、インタビューに答えていただきありがとうございました!これからも素敵な写真を拝見できるのを楽しみにしています!


  • model: Lavrova Victoriya
  • hair&make: MARINA

2015-05-01 #people #amigos #amigo #lomoamigo #petzval # ciscoswank の記事

New Petzval 85 Art Lens

シャープさと中央の明瞭さ、強い彩度、背景に渦巻くボケ、アートフルなビネットや、浅い被写界深度等の特徴的な写り。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Lomogon 2.5/32 x LomoChrome Purple:カンナ (@canna_tkhs)

    2021-01-22 xcvllshawn の記事
    Lomogon 2.5/32 x LomoChrome Purple:カンナ (@canna_tkhs)

    特徴的な絞り調節ダイヤルからクラシックな見た目まで、Lomogon Art Lensは素早く、簡単に、そして楽しく撮影できます。そして、サイケデリックな発色のロモクロームフィルムを使い、幻想的な世界をカンナさんが撮影してくれました!

  • LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    2020-11-20 xcvllshawn の記事
    LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    ポートレートプロジェクト #イットガーリーなど、普段はカラーネガで撮影することが多いという 梅澤 勉さん。そんな彼に、4x5 大判カメラで Instax Wide Filmが楽しめるロモグラフロック 4x5 インスタントバック を使用して撮影していただきました。

  • Petzval 80.5の第一印象:クリタ

    2020-10-08 erina の記事
    Petzval 80.5の第一印象:クリタ

    まだ強い日差しが降り注いでいた真夏、クリタさんがPetzval 80.5 mm f/1.9で、フレッシュなポートレイトの数々を撮影。Petzval 80.5と、Petzval 55の違いについても聞いてみました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    2020-11-06 keitauni94 の記事
    【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    ついに開催する11/21(土)まで1ヵ月を切った、ロモジャパン初のロシアと日本をオンラインでつないだイベント。貴重なЛОМО (LOMO) 社の情報が詰まった、ロモ歴史博物館に潜入し、LC-Aの謎を紐解いてゆきます!海外旅行に行きたくてもなかなか行けないこの時期だからこそ、ご自宅から気軽に参加できますので、みなさまとオンライン(ZOOM)上でツアーできることを楽しみにしております!

  • Atoll Ultra Wide Angle 17 mm f/2.8 Art Lensの第一印象:橋原大典 (@helloelmer)

    2021-02-04 #tutorials xcvllshawn の記事
    Atoll Ultra Wide Angle 17 mm f/2.8 Art Lensの第一印象:橋原大典 (@helloelmer)

    超広角レンズを採用したAtoll Ultra-Wide 2.8/17 Art Lensが描く103度の画角は、見ている瞬間を1つのフレームに収めます。日本に一台しかないプロトタイプで、東京のクールなシーンを橋原さんに撮影していただきました。

  • Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    2020-06-20 xcvllshawn の記事
    Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    美しいぐるぐるボケを描くPetzval 80.5 mm f/1.9アートレンズで、尾道〜しまなみ海道周辺の島々を撮影した写真をご紹介。ソフトなボケとシャープな絞りを写すレンズ、そして繊細なグレートーンを写す映画用フィルム Potsdam Kino Film。相性抜群なコラボレーションはポートレイトはもちろん、景色まで絵画のように幻想的に描きます。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【レポート】LOMORIDE! Nov,14 @ THE KNOT TOKYO Shinjuku

    2020-11-30 xcvllshawn の記事
    【レポート】LOMORIDE! Nov,14 @ THE KNOT TOKYO Shinjuku

    先日 11/14(土)に行われたLOMORIDE!では、6名の方々に参加いただき、たくさんのベストショットが生まれました!今回は参加者のみなさんが撮影した写真をご紹介します。

  • 【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT

    2021-04-01 xcvllshawn の記事
    【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT

    *展示日程決定!*撮影したら次の人へ!撮った写真が複数箇所で展示、zineにもなる、参加型企画をギャラリー「TReC1and2」が開催。作ってしまったら削除も修正も出来ない。一発勝負の面白さを、皆さんと楽しんで共有できるような、そんな遊びが出来ないかと考えられたのが、この企画。

  • 雨をすり抜けて:クマガイユウヤ with Petzval 80.5

    2020-09-17 erina の記事
    雨をすり抜けて:クマガイユウヤ with Petzval 80.5

    長く続いた雨季の中、アーティストのクマガイユウヤさんがPetzval 80.5で撮影。フィルムカメラとPetzvalシリーズ最高のポートレートレンズが織りなすあたたかみのある写真、そして撮影の裏話をお楽しみください。

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • LomoOdds:さくらいたかよし x Lomo'Instant Automat

    2020-05-15 erina の記事
    LomoOdds:さくらいたかよし x Lomo'Instant Automat

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回のLomoOddsは、4人組ロックバンド マイアミパーティのボーカル、さくらいたかよしさんに、Lomo'Instant Automatを使っていただきました。

  • わたしのカメラ:原田泰地

    2021-03-30 erina の記事
    わたしのカメラ:原田泰地

    フィルムカメララバーはどんなカメラを使っているの?ちょっと気になるみんなの愛用カメラをご紹介。今回は映像カメラマンの原田泰地さんに、共に人生を歩んできた大切な1台をご紹介いただきました!

  • データ化されたフィルム写真の真実とは?

    2020-09-04 xcvllshawn の記事
    データ化されたフィルム写真の真実とは?

    「ロモグラフィーのカラーネガティブフィルムは黄色だ!いいや、青色っぽいよ。ん?緑?」そんな声をたくさん聞いたので、この際はっきりさせてしまいましょう。