LomoAmigo: Paul Del Rosario、Belairで撮る

Paul Del Rosarioは日本で24年間活動を続けているサンフランシスコ出身の写真家。外国人があまり目にすることの無い東京の裏側に着目し、ありのままの混沌としたダーティーな素顔をモノクロ写真に写し込みます。彼は120 loveというファッションブランドにも所属しており、フィルム写真の精神をストリートカルチャーに浸透させる活動をしています。

Photo by Paul Del Rosario

Name: Paul Del Rosario
Location: Tokyo
Camera: Belair X 6-12 City Slicker
Web: www.pauldelrosario.com

こんにちはPaul!まずは自己紹介をお願いします。

僕はサンフランシスコ出身だけど、1991年からずっと日本で活動しています。10代の頃に写真に惹かれて、僕の人生において欠かせないものになったんだ。今まで写真や映像制作(特に8mm)について少しでも考えなかった日はなかったよ。8mmは最近僕の興味をそそる新しいカメラレンズだね。昔はスタジオポートレイトをよく撮影していたけど、今では都市の景観撮影にこの身を捧げているよ。

どのように写真を学んで、なぜフィルムで撮影することを選んだのですか?

フォトジャーナリストとして、写真のプロフェッショナルになりたくて高校で写真を選考したんだ。でも正直にいうと僕はその道に進む勇気が足りなかったんだ。高校卒業後に写真学校に通おうか考えたんだけど、でもその時は僕には「現実味」が足りないように感じたんだ。

現在、僕は日本の写真家・ 金村修 さんに師事しています。彼は僕にどのようにして写真撮影のルールやガイドラインを気にせずに撮影するのかを教えてくれました。写真だけに限ったことではないのだけれど、建築仏やグラフィックデザインでも、僕はずっと型にはまらない物事に興味があった。だから金村さんのように究極の視覚的チャンネルを働かせる人と一緒に活動することは僕の抽象的な部分を広げるのにとても役に立ったんだ。

僕はフィルムと一緒に成長をし、そして未だに中判フィルムから「卒業」出来ずにいる。もし僕が独自のスタイルで実質的なものを生み出すことができたら、そのとき初めてフィルムを理解することになるだろうし、次に何に挑戦するのか決めることになるだろうね。

Photo by Paul Del Rosario

120 LOVE について教えてください。

中判フィルム写真の特別なものを他の人とファッションやライフスタイルを通して共有したいと思ったんだ。スポーツやストリートカルチャーなどのアクティビティーからファッションブランドは作られるものだから、それらの代わりに写真がその位置に就くべきだと考えた。そしてそこから120 LOVEは誕生したんだ。カメラを首からぶらさげていなくても、写真を楽しめるんだ。

日本では、「6x6」のことを「ロクロク」と言う。Tシャツにビジュアルとして「ロクロク」、「シックスバイシックス」が現れること、その「ロクロク」の言葉自体が少し風変わりで面白いと感じたんだ。このTシャツのデザインを見た時に、殆どの人が数学の方程式だと思うだろうね。でも写真が好きな人なら自然と本当の意味が理解できるし、自分が写真好きだと気づく。そしてこの「写真言語」を理解出来る人に出会える喜びもある。120 LOVEはまだ新しいブランドだけれど、僕はこの小さなベンチャーを通してアナログ文化を讃えたいんだ。

Photo by Paul Del Rosario

あなたのスタイルと主義を教えてください。

「trash(ごみ、ガラクタ)」がもしジャンルだったら、僕はカメラと共にその中にいるだろうね。具体的に言うと、僕は東京の混沌とした部分を撮影するのが好きなんだ。そういうガイドブックに載っていない、ありきたりの日本ではない場所を写すんだ。僕が日本で生活をしていて楽しんでいることのひとつが昭和の遺物の写真写りの良さなんだ。電線が無造作に伸びていて、都市部の象徴的な建物と衝突するように共存する様子は、何の規則も無くそれぞれが積み重なっているように感じる。僕は幼少時代を少し日本で過ごしたので、そういった昭和的な景観にノスタルジーを感じるんだ。ファンキーな60年代、70年代の美学を保持した現代の商店街と同じようにね。

でもスナップを撮る為に東京のスナップ撮影をしたくないんだ。僕は視覚的なゆがみや東京の変なところを撮り、皆が見たがらない世界を見せて上げたいんです。

暴力的で奇妙なもののシティースケープの撮影はオーガニックでアナログなワークフローと相伴って行われる。アナログな処理は、数字で確立で考えても、デジタルで撮影するより問題が生じやすい。最初にフィルムをカメラに装填することから、暗室でプリントするまで、ずっと失敗はつきものだけれど、僕はこのワークフローが好きなんだ。ライトリーク、薬品の温度の変動、ホコリ、ネガの曲がった跡など、フィルムで撮影し、クリエイティブなプロセスを踏むからこそ生じる結果や、予測していなかったことが起こるのが楽しいんだ。

Photo by Paul Del Rosario

コンタクトプリントもお見せしてくれてありがとうございます。どうしてコンタクトプリントを特別に感じるのですか?

僕は10代の頃から長年自分で現像をしているけど、いまだに素晴らしいプロセスだと感じている。フィルムを自分で現像して、コンタクトプリントで初めて結果を見るとき、その用紙はまるで自分の写真スキルを写し出す鏡となるんだ。暗室ではいつでもクリスマスプレゼントを開封するときの様な経験ができる。コンタクトプリントには、ソフトウェアで作り出される「ウソ」はない。覆い焼きやバーニング処理などのプリントの際の加工技術も使えない。全てはコンタクトシートが写し出される前に決定していて、コンタクトシートで結果を見て、触れることができる。僕はコンタクトプリントをテーブルの上に置いて、ルーペでみたり、赤ペンでレビューを記入する触感をとても楽しんでいるんだ。最近はコンタクトシートを見ることも少なくなったけれど、僕はコンタクトシートで過去にしがみついている。

Photo by Paul Del Rosario

Belairカメラでの撮影はいかがでしたか?このカメラのどんなところが好きですか?

最初にロモグラフィーのBelairを見たとき、そのフォームにすごく関心したんだ。僕は蛇腹カメラが好きでね。Belairは軽くてコンパクトで、隠された強みもあった。
中判カメラの蛇腹をオープンするときは、まるでクラシックカーに乗って出発の準備が出来た時と同じ力を感じるんだ。そして、このカメラでは3種類のフォーマットで撮影できるから、幅広い撮影に対応してる。

そして僕が個人的に好きなところは、Belairカメラには異なったスタイルで撮影出来るようにレンズやマスクなどのたくさんのアクセサリーがあること。そして技術的なことをあまり考えなくても良いシンプルな操作性も。僕がBelairを使った時は、単純に撮影距離を無限に設定して、絞りとカメラポジション、その2つを調節しただけだ。この2つで光加減と写真の構成をするからね。たったそれだけ。ホワイトバランスも、シャッター速度も、オートフォーカスかマニュアルフォーカスかなど、余計なことも考えなくて良いんだ。カメラをポイントに向けて、ただ撮るだけ。液晶画面をみることよりも、フォトグラファーとして必要なことをするだけだ。

Belairカメラで撮影した写真について教えてください。

Belairで撮った写真はどれも僕の過激な主義、「目が泳ぐ余地はない」という、僕が東京で感じる感覚に則ったものだね。物が多すぎて何を見れば良いのかわからないんだ。たとえあなたが見たくなくても、どこからともなく視野に入って、従わなければならないというシステムはないんだ。

Belairの写真は性質が異なる物同士が激突している。例えば、電信柱が桜の木と建物の壁をまっぷたつに分けている写真、焼き肉屋の広告が建物の壁に不躾に割り込んでいる写真、油でベトベトな換気ダクトがレストランの正面に位置している写真(そのお店に入ろうと思っても、なんか美味しそうに感じない配置だろうね…)など、狭い東京で隠しきれずに目に入ってくるものを写したんだ。東京にはそういう美しさがある。それでも東京には建物は立ち続けるし、人々もそういった状態でもおかまいなしにやってくる。それが東京だ。

僕はこういった写真を撮るときはいつも6x7を使っている。だからBelairで撮影する時は6x9のフレームに細工して、写る範囲を狭めて撮影したよ。そういった遊びができて、面白いカメラなんだ。

これらの写真は、ちょうどそのとき御徒町と浅草橋にいたからそこで撮影したんだ。でもこういったイメージは日本の大都市ならどこでも見つかる光景だよ。

Photo by Paul Del Rosario

Paul、インタビューにお答えいただきありがとうございました!


2015-05-13 #people #lomoamigo ciscoswank の記事
翻訳 ciscoswank

他の記事を読む

  • 失敗写真との付き合い方

    2019-06-05 #culture cheeo の記事
    失敗写真との付き合い方

    現像後のネガを受けとって自分のイメージとかけ離れている事にがっかりすることもあるでしょう。しかし、失敗は悪いことばかりではありません。

  • ActionSamplerでGIFを作ろう

    2019-09-03 #ビデオ erina の記事
    ActionSamplerでGIFを作ろう

    ActionSamplerは4枚の写真を1枚に収める4連射カメラ。もっとこのカメラを楽しむために、GIFアニメーションを作ってみませんか?ちょっと手を加えるだけで写真が動き出しますよ。

  • イラストレーター Mariya Suzuki × La Sardina DIY《プレゼントあり》

    2019-02-06 refallinsasaki の記事
    イラストレーター Mariya Suzuki × La Sardina DIY《プレゼントあり》

    東京を拠点として活動しているイラストレーターの Mariyaさん。普段は本や雑誌、壁画などさまざまな媒体でイラストを描いている彼女に、ロモグラフィーの La Sardina DIYを渡して「バレンタイン」をテーマに作品を描いてもらいました!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • GAMA ROCK FES 2019に参加決定!

    2019-08-28 erina の記事
    GAMA ROCK FES 2019に参加決定!

    塩竈出身の写真家・平間至さん、そして ATSUSHI(Dragon Ash)さんが主催するGAMA ROCK FESは今年で8回目の開催!ロモグラフィーはワークショップに加え、カメラの販売もします!フィルムカメラで GAMA ROCKの思い出を写しましょう!

  • 【作例紹介】B&W 400 Berlin Kino Film

    2019-07-26 keitauni94 の記事
    【作例紹介】B&W 400 Berlin Kino Film

    映画用フィルムから作られている Berlin Kino Film。普段カラーネガフィルムばかり使っているのであまり白黒フィルムには馴染みがありませんでしたが、「映画のワンシーンのような描写」という特徴に惹かれ早速使ってみました!

  • 花を写す人:Chikako Watanuki

    2018-12-11 #people
    花を写す人:Chikako Watanuki

    東京を拠点に活動するフォトグラファーの Chikako Watanukiさん。彼女のフィルムカメラが写すのはたくさんの花。フィルムらしい粒子感と色で描かれた花たちの姿を見れば、アナログ写真の魅力が伝わってくるはず。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 【スタッフレビュー】期限切れフィルムの楽しみ方

    2019-09-02 erina の記事
    【スタッフレビュー】期限切れフィルムの楽しみ方

    期限切れフィルム、使ったことありますか?今回は期限切れフィルムを使ってみたスタッフの作例を紹介。どんな変化が現れるのか、予測できない写りを楽しみましょう!

  • Diana Instant Square 付属説明書に関するお詫びと訂正

    2018-12-16 refallinsasaki の記事
    Diana Instant Square 付属説明書に関するお詫びと訂正

    Diana Instant Square 付属説明書に、Diana フラッシュ+の電池は「単4アルカリ電池」とありましたが、正しくは「単3アルカリ電池」となります。皆様にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、訂正させていただきます。

  • 【スタッフレビュー】Neptune Art Lensで撮り比べ

    2019-07-30 refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Neptune Art Lensで撮り比べ

    Lomography Art Lensの中では珍しく正統派な写りをするレンズ。35mm F3.5、50mm F2.8、80mm F4の3本を撮りくらべて、Neptune Art Lensの魅力を写真でじっくりとお見せします。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【レポート】GAMA ROCK FESTIVAL 2019

    2019-10-04 erina の記事
    【レポート】GAMA ROCK FESTIVAL 2019

    塩竈出身の写真家・ 平間至 さん、そしてATSUSHI (Dragon Ash) さんが主催する GAMA ROCK FES 2019に、ロモグラフィーが参加しました!当日の様子を参加者の皆様のお写真と共に振り返ってみましょう。

  • 被写体の形を上手く使った写真

    2019-08-01 #tutorials cheeo の記事
    被写体の形を上手く使った写真

    どこに注目してほしいのか意図せずに写真を撮ると、被写体の形の美しさは上手く表現できない。「形」は皆が共通して認識出来る視覚的言語だ。

  • ロモグラフィーのブースでカメラやグッズをGETしよう!【CP+ 2019】

    2019-02-25 erina の記事
    ロモグラフィーのブースでカメラやグッズをGETしよう!【CP+ 2019】

    2/28(木) ~ 3/3(日) にパシフィコ横浜で行われる国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「 CP+(シーピープラス) 2018 」。当日ロモグラフィーブースにご来場いただいた方にオリジナルグッズがもらえるキャンペーンをご用意しております。さらに抽選でロモグラフィーのカメラをプレゼント!