スペシャルインタビュー:國廣沙織 ~ひらがなモチーフに思いを込めて~

東京で活躍する書家兼デザイナー 國廣沙織さんにPetzval 58 Bokeh Control Art Lensの被写体になっていただきました。彼女はひらがなアクセサリーのデザインや書道に関するワークショップの開催など、「書」を基盤にした様々な活動をしています。そんな國廣さんに自身の活動について、そして書に込める思いを伺いました。Petzval 58 Bokeh Control Art Lensが作り出すぐるぐるボケのポートレイトとともにお楽しみください。

國廣沙織さん。 Petzval 58 Bokeh Control Art Lensで撮影。

國廣沙織

広島県出身
6 歳より書を始める。2011 年より" 書" を基盤として、国際交流活動を重ね、商業ロゴ制作、書籍題字、命名書、印鑑制作、書道 に関するワークショップの開催など活動中。

「Hiragana」
ひらがなをモチーフにしたアクセサリー
hiragana.tokyo

「籠中会(ろうちゅうかい)」
名前を5種類の書体で書く教室
www.facebook.com/rouchukai 

「KANJI~感じる漢字〜」
漢字を動きでたのしむwebサイト
kanji.saorikunihiro.com

「書で綴る季節のことば(草冠の教室)」
書道講師


―書を基盤に文字に関する活動をされているとのことですが、具体的にどのような活動をされているのでしょうか?

ひらがなをモチーフにしたアクセサリーを制作しています。

―作品の一部を見せていただけますか?また、ちょっとした解説もしていただけると嬉しいです。

「うつくしい」
女性のボディラインをイメージしてつくりました。日本語のうつくしさを伝えたいという想いを込めて制作したこの「Hiragana」シリーズの代表作です。

「ゆめ」
このピンバッジは、"胸にゆめを掲げる”イメージで作りました。ビジネスのシーンで未来の夢について話すきっかけになればと思っています。

「とうきょう」
上空から見下ろした東京の街をイメージして作りました。外国の方へ向けた日本の新しいおみやげに、日本人の方がもっと日本のことが好きになるようなアイテムにしたいと思いつくりました。

―こういった作品にはどのような思いが込められているのでしょう?

日本に暮らしていると、日本の文化が持つ魅力や価値そのものに気がつく機会がなかなかないと思います。このアクセサリーを通して潜在的にある魅力に気がつくきっかけになればと思っています。

Photo by choko3

―今回、Petzval 58 Bokeh Controlレンズで浴衣姿の國廣さんを撮影させていただきましたが、Petzval 58を見て、どう思いましたか?また、出来上がった写真をみた時、どんな風に感じましたか?

とてもかっこいいレンズだと思いました。渋谷の街中で多くの人がレンズに釘付けでした。
雰囲気のある写真に感激しました。素敵に撮っていただいてうれしいです!

―國廣さんの「書」に関する作品も、筆圧や手書きならではの味など、「アナログ」なもののように感じます。國廣さんにとって、「アナログ」とは?

筆で書く文字はごまかしがききません。心が込もっている文字かどうかは簡単に見抜かれます。パソコンだと簡単にやり直しが効くけど、手書きでごまかしのきかない、真剣に向き合う時間が集中力を養ってくれる気がします。

Photo by choko3

―インタビューに答えていただきありがとうございました。最後に今後の活動予定を教えてください!

新作をWEBショップにて公開しました。以前のサイズより半分の長さのものや、男性向け商品も完成しましたのでぜひご覧ください。
hiragana.shop-pro.jp

11/6(金)Autodesk Tokyo Popup Gallery「Fab Meetup “CREATOR’S STARTUP”」に出演します。ぜひお越しください。
adsk-gallerytokyo.jp

11/8(日)草冠の教室「書で綴る季節のことば」筆ペンで季節のことばを5種類の書体で練習するワークショップです。ぜひご参加ください。
school.kusakanmuri.com


Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

この記事のポートレイト写真はPetzval 58 Bokeh Control Art Lensで撮影しました。
レンズ詳細 | 予約ページ

2015-10-06 #people #tokyo #art #japan #shibuya #hiragana #petzval #petzval58 ciscoswank の記事

New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

歴史的なデザインと機能を備えた58mmロシア製プレミアムレンズ。ボケ調節リング搭載でペッツバールのぐるぐるボケを7段階でコントロールできます。

他の記事を読む

  • Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    2018-03-22 #gear
    Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    ぐるぐるボケを生み出すアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで Raymond Chin (@raywychin) が多重露光に挑戦しました。花と被写体が重なることによって生まれた繊細な作品をご覧ください。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    2018-09-04 #ビデオ dnimdnim の記事
    Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    タイ人のシンガーソングライター Phum Viphuritの「Lover Boy」という曲を知っていますか?今年の夏、色々な場所で流れていたので聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。この曲のミュージックビデオには、一部 Petzval 58 Bokeh Control で撮影された映像が使用されています。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • Petzval 58 Bokeh Controlと冬の街へ:あしだち なお

    2018-01-12 refallinsasaki の記事
    Petzval 58 Bokeh Controlと冬の街へ:あしだち なお

    今回で Lomography Magazineには2回目の登場となる写真家の あしだち なお さん。 今回はロモグラフィーの Petzval 58 Bokeh Control Art Lensを片手に北千住・南千住の街を散策。どこか懐かしい街並みと、ぐるぐるボケが美しいポートレートをお楽しみください!

  • LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    2017-11-03 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamoto さんが、 Petzval 85 Art Lensを持って早朝の東京散歩へ出かけました。ナチュラルなぐるぐるボケの質感と、午前中の澄み渡る空気感が伝わってくるようなポートレートをインタビューとともにお楽しみください。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • 見たことのない写真を求めて:Dimitri Guedes

    2018-04-11 sragomo の記事
    見たことのない写真を求めて:Dimitri Guedes

    モントリオールを拠点として活動するフォトグラファーの Dimitri Guedes。彼が何からインスピレーションを得るのか、そしてどのように「平凡さ」を避けて作品作りをしているのか聞いてみました。