アナログでやりたいことリスト:3月 - コーヒー現像

2015年は毎月1つずつ12個のプロジェクトを計画しています。3月は、コーヒー現像。たぶんもうコーヒーとナトリウム、ビタミンCででモノクロ写真を現像できるという素晴らしい事実をご存じかと思います。以前私も挑戦したことがありますが、それほど目ぼしい成果は得られませんでした。とにかくいつも失敗してしまうのです。今こそ、何本かフィルムを使ってコーヒー現像のコツを掴むときです。

まずは材料を集めました。
滅多に飲まないような安いインスタントコーヒー(×コーヒー豆はだめ)と、炭酸ナトリウム(×重曹はだめ)と、アスコルビン酸(ビタミンCの錠剤でもOK、でも普通は香料や砂糖が入っていることも考慮してくださいね)。
私の持っている炭酸ナトリウムはキッチンで袋が開けっ放しになっていて湿ってしまったので、低温のオーブンに数時間入れて乾かしました。しばらくして、飽きたのでもう十分に乾いたということにしました。

次に、どのレシピを使うか決めなければなりません。
caffenol.blogspot.com(英語) ではとても正確なレシピを見つけることができますが、これを参考にして私は今までちゃんと成功したことがありません。レシピが悪いのではなく、おそらく自分が正確でないからなのです。
だからPhotojojoで見つけた以下のレシピに従うことにしました。

  • 水・350ml
  • コーヒー・ティースプーン5杯分、それを上の水の半量で溶かします
  • 炭酸ナトリウム・ティースプーン4杯分、残り半分の水で溶かします(Photojojoでは湿った分も考慮されていました)
  • アスコルビン酸・ティースプーン半分、コーヒーへ加えます

一度コーヒーと炭酸ナトリウムがそれぞれ水に溶けてから、二つを混ぜてその悪臭に驚いてください。

私の通常のやり方はこちらです:

  • 1~2分真水に浸ける
  • 現像作業:最初の1分は撹拌し続け、その後は1分につき3回揺り動かす
  • 水の中で3回すすぐ
  • 定着液を注ぎ、1分に3回撹拌させる
  • 3回以上徹底的にすすぐ
  • 最後のすすぎの時に、食器用洗剤を一滴水に加える

こちらがその結果です:

Roll #1: Lomography Earl Grey 100 / Zenit Eで撮影

現像時間: 14分
定着: 5分
結果: ネガは大体はっきりと現像できましたが、スキャンしたときとにかくごみがひどかったです。少し暗くて、ざらっとしているので、もうすこし現像時間を長くした方がいいとわかりました。さらに、ネガの上に乳白色の何かが残っているのは、定着時間が足りないからだとのこと。定着液にネガをもう一度浸けると、その白い点は消えました。

Credits: stratski

Roll #2: Lomography Earl Grey 100 / Holga 120 CFNで撮影

現像時間: 18分
定着: 7分
結果: 写真で見ると暗く見えますが、それは曇りの日に撮影されたからです。振り返れば、HOLGAにISO100のフィルムの組み合わせはあんまりよくなかったのですが、よく写ってくれました。定着が甘いのは、この定着液を使うのが二回目だったからかもしれません。

Credits: stratski

Roll #3: Lomography Earl Grey 100 / Olympus OM-1で撮影

現像時間: 20分
定着: 7分(新品の定着液)
結果: この時、端の方の現像液が届かなかった変な部分を除いて、完璧な現像をすることができました。イエローフィルターの効果を計算せず撮ってしまったので、まだ少し暗く見えます。8000枚写真を撮っても、まだまだこういうミスをすることもあります!

Credits: stratski

Roll #4: Fomapan 100 / Horizon Perfektで撮影

現像時間: 20分
定着: 7分
結果: Earl Grey(恐らくFomapan 100の再生産品)の現像をしたので、ちょっとリスクを冒して、だいぶ時間が経ってしまったフィルムを現像しました。たぶんしみもあるとは思いますが、私にはちょうどいいでしょう。

Credits: stratski

このときはISO400のLady Greyへ移行している最中でした。今なら、高いISO感度はより長く現像時間がかかるとわかりますが、実際にどのくらいの時間が必要なのか見当がつきませんでした。そこで、 現像テーブル(英語) を勉強して、3番目に長いものにしました。

Roll #5: Lomography Lady Grey / Agfa Isoly Juniorで撮影

現像時間: 28分
定着: 7分
結果: それではこれはどうでしょう?うまくいきました。ちょっとしみがあるけど、いいネガ、まともな写真です。わーい!

Credits: stratski

Roll #6: Lomography Lady Grey / Olympus XAで撮影

現像時間: 28分
定着: 7分
結果: 最後に今までの結果を確かめました。少しスプロケット穴の周りにしみがありますが、どうやら強く撹拌しすぎたようです。生きることは学びつづけることです。でも私はこの結果に満足しています。そして、現像をがんばった自分に拍手をしました。

Credits: stratski

もっとコーヒー現像について深く知りたいですか?それなら この記事(英語) を参考に、実際にやってみてください。 ここ(英語) では私の使ったPhotojojoの方法も載っています。

4月は、 @fotoflix の撮影した このすごい写真 のような、流れる水の長時間露光に挑戦します。


関連記事:

2015-11-05 #lifestyle Maaike van Stratum (@stratski) の記事
翻訳 kotpa

他の記事を読む