STAY FOCUSED: すべての始まり

2016-04-05

今回発表する新商品が一体どんなものになるのか、皆様推理していらっしゃる最中だと思います。この記事を第二ヒントとして投下したいと思います!

どんなに面白い革新的な商品でも、そのもとになる最初の発明があります。最初の発明に焦点を合わせてみましょう。新しいミステリープロダクトはとってもクレイジーで、信じられないようなアイテムです。私たちロモグラフィーにとっても「すべての始まり」になる、そんな予感で今からとてもワクワクします。

そういえば、みなさんにとっても馴染み深い写真の歴史はご存知でしょうか?今日は写真の歴史の「始まり」にフォーカスを当ててみましょう!きっとミステリープロダクトのヒントになるはずですよ。


Finders Keepers: 一番最初の写真

View from the Window at Le Gras by Joseph Nicéphore Niépce, ca. 1826. Reproduced by Helmut Gernsheim.

人類史上最初の写真は、1826年にニセフォール・ニエプスによって撮影されました。彼が写したのは自宅の二階からのフランス・バーガンディー地方の景観。この写真によって、ニエプスは写真の発明家として広く名前を知られるようになりました。もちろん歴史というものは複雑で、ニエプスの他にも"世界で初めての写真"を撮影したとされるフォトグラファーやアーティストもたくさんいますが、まさにニエプスこそが初めて写真を撮影した人物なのです。

View from the Window at Le Gras by Joseph Nicéphore Niépce, ca. 1826.

1905年、最初の写真が歴史上に現れたものの、長い間ニエプスは写真の発明家として賞賛をあびることはありませんでした。しかし、それから約半世紀後の1952年ヘルムート・ゲルンスハイムが現れたことで、一躍彼は写真の発明家として有名になったのです。なぜこの写真はそんなにも有名になったのでしょう?

ニエプスが残した写真はヘリオグラフィという手法で今の写真とは大きく異なっていました。ニエプスは太陽の光を使って板に溝を残しました。この溝にインクを流し、写すことでニエプスの写真は初めて完成するのです。まるで今でいう版画のようなものですね。しかし、ニエプスが撮影した写真の原版は長い間、箱にしまわれ人々の目に触れることはありませんでした。それを発見し、原版から写真を再現したのがゲルンスハイムです。この写真、「ル・グラの窓からの眺め」は今でも貴重な資料としてテキサスのハリーロンソムセンターに保管されています。

A Prolonged Polish: ポートレイトの誕生

Boulevard du Temple by Louis-Jacques-Mandé Daguerre, 1838.

ここでもう一つミステリープロダクトにまつわるお話を紹介しましょう。もし、あなたがタイムマシンを使って19世紀のパリへ旅行したら、豪華な街並みに心が踊ることでしょう。でも気を付けて!誰かがあなたのことを写真におさめようとしていますよ。タイムトラベルしてきた証拠写真を撮られないように注意しましょう。

なーんて、もちろんそんなことはないのですが、、、19世紀のパリではタイムマシンにも勝る驚くべきものが発明されました。1838年、フランスの芸術家ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールはダげレオタイプと呼ばれる新しい写真技術を生み出しました。彼によって人類は初めてポートレイトを撮影することに成功したのです。ダゲールは、先述のニエプスの友人でした。ニエプスの発明した写真技術ではイメージを原版に定着させるのに8-20時間もかかっており、動かない建物などしか撮影できませんでした。しかし、ダゲールの発明によって露出時間は10分程度に短くなり、人物の写真が撮影できるようになったのです。

Move Over Monochrome: カラー写真の発明

Tartan Ribbon by James Clerk Maxwell and Thomas Sutton, 1861.

写真技術が発明されてから、写真はリアルに世界をとらえ続けてきました。しかし19世紀の中旬までは、とっても大切なものが欠けていました。それはいったい何でしょう?
もちろん、セルフィー用の自撮り棒じゃないですよ。

1861年、イギリスの理論物理学者ジェームズ・クラーク・マクスウェルはカラー写真のヒントをひらめきます。そして光の3原色によって見事にカラー写真でタータンチェックを記録することに成功しました。彼は3つのフィルター(赤・緑・青)をそれぞれつけて撮影した3枚の白黒写真を重ね合わせることでこの写真のような色を再現したのです。ここであなたは何か気づきましたか?もしあなたがタータンリボンの写真についてインターネットで検索をしたらもう一人の名前が出てくることでしょう。トーマス・サットン、彼は一眼レフカメラの産みの親です。彼こそが、マクスウェルのアイディアをもとにこの写真を撮影したのです。アイディアはマクスウェルだけれども、写真のクレジットはサットン。うーん、人生って難しいですね。

Of Horses and Hooves: 写真から動画へ

Horse in Motion by Eadweard Muybridge, ca. 1886.

あなたはギャンブルは好きですか?もし好きだとしても写真の技術を使ってまで賭け事をする人はいませんよね。しかしその昔、写真を使って大儲けした人がいるのです。スタンフォード大学の創設者、リーランド・スタンフォードは自分の賭けに勝つため、エドワード・マイブリッジにあるお願いをしました。スタンフォードは友人と、馬は走っているときに4本足がまるっきり地面から離れて浮いている瞬間があるかどうかについて大金を賭けていました。しかし、その瞬間は早すぎて誰にも証明できません。そこでマイブリッジは15年もの月日をかけて連続写真を撮る技術を開発し、スタンフォードの賭けを証明することができたのです。

この驚くべき発明がもたらしたのは、スタンフォードの勝利だけではありません。この連続写真は動画が誕生するきっかけとなりました。


この記事では写真の始まりから今日までいくつかの印象的な出来事に 大まかにフォーカス を当ててみました。今はまだ大きな声では言えませんが、この中にミステリープロダクトにつながる大きなヒントがあります。ここで 1つめのヒント と照らし合わせてみるとあなたの頭の中にはミステリープロダクトが浮かんでくることでしょう!

2016-04-05 #ニュース Lomography の記事
翻訳 ciscoswank

他の記事を読む