First Impressions of the Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens: Masataka Odaka

2016-04-27

音への情熱はさることながら、光を追うことにもその熱を注ぐ、サウンドデザイナー・Masataka Odakaさん。ロモグラフィーの新しいレンズで、光を追った写真を撮ってもらいました。

はじめまして、Masatakaさん。まずは自己紹介をお願いいたします!
◇Masataka Odakaです。私は作家、芸術家として活動していますが、他にも作曲家、ミュージシャン、サウンドデザイナー、プロデューサーとしても仕事をしています。写真というものは私にとって欠かせないものです。なぜなら写真は私に世界を新しいかたちで捉えることを教えてくれるからです。そして写真を通して行う視覚的解析は、時に私の音楽やサウンドへ多大な影響を与えます。

歴史的レンズである Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens の印象はいかがですか?
◇まずダゲレオタイプのことを知りませんでしたので、世界初の市販カメラなどその成功の歴史を知ることは非常に勉強になりました。また写真史に革新をもたらした機器へ敬意を払いながらも、現代に合わせた形で復刻させる。そして新世代のアーティストが生まれるきっかけを作り続ける。このようなロモグラフィーの姿勢に大変共感しています。

今回に使用したカメラとシチュエーションを教えてください。
◇Canon 40Dに装着して、日の出と日の入りをバックにした花や、ガラスに書かれた文字、夜の明かりを撮影しました。動物と人はよく動くので、少し苦労しました。

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens で初めて撮影した時のことを教えてください。
◇ピントの合わせ方を習得するのに少し時間が掛かりました。初めて撮影した時は、駅の近くにある夜の川辺で、Aquarelleの絞りプレートの3枚の型を駆使し、様々な光の形をつくる実験をしました。

このレンズはロモグラフィーの実験的な精神を引き継いだ製品です。今回はどのようなエフェクトが出るように撮影しましたか?
◇絞りプレートによる効果を光源で表すようにしました。例えば芝の上に座っている猫の写真ですが、背景の芝が星型に光り輝くような効果を狙って絞りプレートを挿入していて、猫のリラックスした表情を引き立たせるようにしました。このように絞りプレートを使うことで、写真に物語が生まれると感じました。

そして今度撮影する機会があれば、試したいことがあります。それは文字が書かれた透明な物体越しに何かを撮影することです。例えばプロジェクター用のシートを使ってもいいですし、高層ビルの窓に書かれた文字にピントを合わせ、背景にある夜の摩天楼を写す、といったようなことです。その時はAquarelleの絞りプレートを使ってみたいですね。

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensがMasatakaさんにもたらしたものは何ですか?
◇アナログですべてを調節するので、1枚と向き合う時間が長くなり、ゆっくりと穏やかな時を過ごすことができました。

Lomography Art LensシリーズのPetzval 58&85に比べて、どのような違いを感じましたか?
◇ペッツバールより、さらにソフトフォーカスが楽しめると感じました。

特別なアートレンズで撮影する理由を教えてください。
◇一つは自分の成長のため。初めて触る道具を理解するのには時間が掛かりますが、技術を習得するためのプロセスを踏むことで、確実に一歩大きく前進することになります。そしてもう一つは、いつもの習慣に疑問を持つためです。慣れというものは怖いもので、いつしかその方法が”唯一の正しいやり方”であると思うようになってしまいます。しかし新しいものに触れることで、いままでとは違った感覚が刺激され、習慣を見直すことになるでしょう。オートフォーカスから離れるきっかけをくれる、といったことが起こり得るのです。

これからこのレンズを使う人たちに技術面で何かアドバイスはありますか?
◇ピントの感覚を覚えるために、三脚を使って静止した被写体を撮りましょう。焦点距離を変えて撮影してみましょう。忍耐力を鍛えましょう。

最後に、今後のことを教えてください!
まずは日の出と日の入りの撮影をし続け、それらを15秒の動画に収め、オリジナルの音楽を作曲して Instagram に投稿したいと思っています。私は東京という巨大な都市に住んでいて、撮影する場所がたくさんあります。春になり日の出の時間も早くなってきたので、早起きして撮影を続けようと思います。


Masataka Odakaさん、この度はありがとうございました!Instagramへの投稿楽しみに待っております!

Masataka Odaka Website
Masataka Odaka Instagram

2016-04-27 #ニュース #gear #people #lomoamigo Lomography の記事
翻訳 ciaoannacotta

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensがあれば、シャープなイメージ、ソフトフォーカスの両方が一本のレンズで撮影できます!挿入する絞りプレートによってボケの発色、質感をコントロール可能。表現の可能性が無限大に広がる魔法のような一台です。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    2017-03-20 #ニュース lomographysoholondon の記事
    LomoChrome Purple と LC-Wide で超ワイドでクレイジーなパノラマ写真に挑戦

    ロモグラフィーのイギリス支店のスタッフHannah BrownがLomoChrome PurpleとLC-Wideを使ってカラフルなパノラマ写真を撮影!ここでは作品とともに、彼女のワイドアングルカメラへの情熱と現像されるまで結果がわからないフィルム写真の魅力について語ってもらいました!!

    2017-03-20
  • LomoAmigo: アーティスト Saiko Otake × LC-Aシリーズ

    2017-03-10 #people refallinsasaki の記事
    LomoAmigo: アーティスト Saiko Otake × LC-Aシリーズ

    ドローイングや刺繍、そして写真などさまざまな表現活動をしているアーティスト Saiko Otakeさん。昨年はロンドンやシンガポールで個展を開き、大忙しの一年でした。そんな彼女にロモグラフィーのLC-Aシリーズのカメラで3ヶ月に渡り撮影していただきました。Saikoさんの写すビビッドなイメージは、どこか無機質で不思議な世界。ロモグラフィーのLC-Aシリーズのカメラで撮影した、東京や宇和島、そしてシンガポールの写真をインタビューとともにお楽しみください。

    2017-03-10
  • LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    2017-09-26 refallinsasaki の記事
    LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    インフルエンサーの日常を切り取った写真集『 #イットガーリー 』。 ふだんはSNSで写真をアップロードしている若者たちの素顔が、フィルム写真で切り取られているのが印象的。 #06 ではロモグラフィーのムービーカメラ LomoKino で撮影された写真も登場します!

    2017-09-26
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    2017-06-22 #gear lomographysoholondon の記事
    The Smoking GunsがLomo'Instant Automatで写す晴天のロサンゼルス!

    The Smoking GunsというDJデュオとしても良く知られるIrainaとSam。彼らはロモグラフィーのソーホー店のすぐそばにあるソーホーラジオでのレギュラー番組も持っているんです!今回ロモグラフィーでは二人にLomo'Instant Automatを渡して、雨ばかりのイギリスとは正反対の晴れ渡るロサンゼルスへの旅行をインスタント写真に収めていただきました!

  • Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    2017-02-28 #ビデオ mpflawer の記事
    Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

    Solène Ballestaは15歳から写真を始めたパリの写真家です。Solèneの作品は観るものを魅惑的な世界へと惹き込みます。今回、彼女はDaguerreotype Achromat Art Lensを使って、朝霧のなかで誰かを待っている美しい女性の物語を描いてくれました。インタビューとともにお楽しみください。

  • Sarah Longworth:Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの第一印象

    2017-04-10 lomographysoholondon の記事
    Sarah Longworth:Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensの第一印象

    イギリスを拠点に活動するSarah Longworth。マンチェスターでのウェディング撮影にロモグラフィーのDaguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensを使った感想を聞いてみました。美しい花嫁たちの写真とインタビューをお楽しみください。

    2017-04-10
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • シンガポールの写真家・Jen PanとPetzval 85の気まぐれな結びつき

    2017-05-07 #gear #people Crisselda Robles の記事
    シンガポールの写真家・Jen PanとPetzval 85の気まぐれな結びつき

    情熱を共有するライフスタイルはシンガポールで赤ん坊や家族を撮影している写真家・Jen Panのアーティスト魂に火をつけます。 このインタビューでは、JenとPetzval 85 Art Lensの気まぐれな結びつきによって生まれた素晴らしい作品をお楽しみください!

    2017-05-07
  • [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    2017-01-27 #people #ビデオ choko3 の記事
    [LomoAmigo] Ken_Youth of TokyoによるPetzval 58のポートレイト

    東京を拠点として活躍する音楽プロデューサー兼フォトグラファーの Kenさん。日々数々のポートレート写真を撮影している彼に、今回はロモグラフィーのPetzval 58 Bokeh Controlで撮影して頂きました!スタイリッシュなポートレートとPetzval 58が生み出すボケのコンビネーションを、作品作りに対する想いを語っていただいたインタビューとともにお楽しみください。

    2017-01-27
  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

    2017-06-23
  • ショップニュース

    《2018年》数量限定ロモグラフィーの福袋が登場!

    《2018年》数量限定ロモグラフィーの福袋が登場!

    毎年大人気のロモグラフィーの福袋。2018年もアナログ写真を極めたい方、初めてフィルムカメラを使う方、考えずにただただ撮りたい方など、皆さんに喜んでいただける福袋をご用意しました!売り切れ続出のフィルム福袋や、フィルムとカメラがセットになった福袋など、どれも大満足な内容。2018年最初の1枚はロモグラフィーのフィルムやカメラで切り撮ってみませんか?数量限定なのでお早めにどうぞ!

  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

    2017-05-01
  • 【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    2018-01-20 refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    ふんわりと幻想的な写りや、絞りプレートの種類が豊富なアートレンズ Daguerreotype Achromat 2.9/64 。アーティスティックな作品撮りだったり、非日常な場面で大活躍のレンズですが、日常シーンで使ったらいったいどんな写りになるんでしょう?Lomography Japanスタッフ keitauni94が冬の江ノ島で撮影した写真をご紹介します!

    2018-01-20
  • 2017年3月のトレンド写真

    2017-03-31 Lomography の記事
    2017年3月のトレンド写真

    3月もたくさんの写真がロモホームにアップされました。その中から2017年3月のベストフォトに輝いた写真をご紹介します!あなたの写真も載ってるかも?

    2017-03-31