[レビュー]モノクロチェキフィルムでカラーフィルターを使ってみました!

Lomo'Instant Automat が手元に届くのが待ちきれない方!フィルムの準備はもうOKでしょうか?まだ用意していないという方は、カラーフィルムもいいですが、 Fujifilm Instax Mini Monochrome で白黒インスタント写真に挑戦してみませんか?
今回は、直営店スタッフが話題のモノクロチェキフィルムとカラーフィルターを使って、実験してみました!
通常のモノクロフィルムと同様に、カラーフィルター効果は得られるのでしょうか!?早速、結果をみてみましょう!

こんにちは、直営店スタッフの sikakuipanda です。
今回は、話題のモノクロチェキフィルム「 Instax Mini Monochrome 」とカラーフィルターを使って写りにどんな変化が起こるのか試してきました!

ところで、なんでモノクロ写真にカラーフィルター?って思ったそこのあなた!
一般的なモノクロフィルムではカラーフィルターを使うことで劇的な変化を起こすことができるんですよ!
たとえば、普通に撮るよりもコントラストをはっきりさせたり、特定の色にコントラストをつけてポートレイトを素敵にしたり、モノクロ写真こそカラーフィルターで劇的変化をつけることができちゃうんです。
(モノクロフィルムとカラーフィルターの関係をより詳しく知りたい方は こちらの過去記事 もご覧ください。)

では、本題に入ってみましょう!
まずは、使ったカメラとアイテムを説明します。


仕様機材はこんな感じで…

カメラは
Lomo'Instant Automat
【世界で最もスマートなインスタントカメラ】気軽にインスタント写真が楽しめるシャッタースピード、絞り、そしてフラッシュを自動的にON/OFF調節してくれる手の平サイズのインスタントカメラ!昼夜どんな状況でも、最適な露出でクリエイティブでアートのような傑作を撮ることができる素敵なカメラです。

アクセサリーは
・黄色フィルター(Y2)、オレンジフィルター(O2)、赤色フィルター(R1)
モノクロ写真のコントラストをフィルム以外で調整する便利なアイテム。黄色→オレンジ→赤色の順でコントラストが強くなっていきます。
今回はメーカーを揃えられずバラバラになってしまいましたが、性能が違うこともあるのでできれば揃えた方がいいようですよ。

・緑色フィルター(PO1)
緑色は赤色にコントラストをつけることで人の肌などにも程よくコントラストがつくので、モノクロポートレートの際によく使われます。
他に、黄緑色もありますが今回は入手できなかったので緑色のみ実験しました。

・ステップアップリング(43mm→49mm)
Lomo’Instant Automatのレンズフィルター径は43mmですが同径のフィルターを入手しづらかったので、ステップアップリングを使って安価で入手しやすいフィルターサイズに変換しました。

それでは早速実験の結果を見てみましょう。
期待通りの効果は得られているでしょうか!?


実験結果はこちら!

黄色フィルターから、比較してみていきましょう。
ちなみに撮影状況は全て屋外の晴天順光での撮影です!

黄色フィルターを使っての撮影

左:フィルター無し、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
右:黄色フィルター(Y1)、Aモード、明るさ補正+1、フラッシュ無し

うっすらと違いが出ましたね!
なんとなく、コントラストが強くなった気がしませんか?
後ろの木もフィルター無しと比較するとより浮き立ってみえます。


オレンジフィルターを使っての撮影

左:フィルター無し、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
右:オレンジフィルター(O2)、Aモード、明るさ補正+1、フラッシュ無し

なかなか違いが出てきましたね。
コントラストの強いパキッとした印象になりました。ただ光量不足が目立ってきましたね…。


赤色フィルターを使っての撮影

左:フィルター無し、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
右:赤色フィルター(R1)、Aモード、明るさ補正+1、フラッシュ無し

フィルター有りと無しでは一目瞭然の結果に!ですが、全体的にべちゃっとした印象に…。
原因としては盛大に起きてしまった光量不足も考えられますが、
赤色フィルターを使う際には少し気をつけないといけないようです。


緑色フィルターを使っての撮影

左:フィルター無し、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
右:緑色フィルター(PO1)、Aモード、明るさ補正+1、フラッシュ無し

これはなかなかいい感じですね!程よく写真にメリハリが出てパリッとした印象に!
肌の感じもピシッと決まってみえます。緑色おそるべし!


その他の作例もどうぞご覧ください。

左から:

  • 黄色フィルター(Y1)、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
  • フィルター無し、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
  • 緑色フィルター(PO1)、Aモード、明るさ補正無し、フラッシュ無し
  • 黄色フィルター(Y1)、Aモード、明るさ補正+1、フラッシュ無し

みなさん今回の実験は如何だったでしょうか?
インスタントフィルムでもしっかりとカラーフィルターを使うことで効果を得ることができましたね!ただ、レンズフィルターを装着すると若干緑っぽい写りになってしまう様です…何か解消するためのアイデアをお持ちのモノクロマスターなロモグラファーの方がおりましたら、是非コメント欄にアイデアをお願いします!

また、今回はレンズフィルターを使って試しましたが、ロモグラフィーのカメラでお馴染みのカラーフラッシュ用フィルターを下の写真の様にレンズ前につけることでも同じ様な効果が得られます!みなさんもレッツチャレンジ!

それと最後に大事なヒントを!色の濃いフィルターを使うときは、カメラ前面の露出を計っているところ(ロモグラフィーのインスタントカメラではフラッシュの横にある黒い小さな穴が該当)にもフィルターと同じ色を被せてください。そうしないと露光不足になってしまい、今回の実験の様にアンダーめの写真になってしまうので皆さんは気をつけて!

2016-12-05 #gear #culture #ニュース #monochrome #instax #b-w #lia #lomoinstantautomat sikakuipanda の記事

関連商品

Lomo'Instant Automat

Lomo'Instant Automat

小さく素晴らしく、自動露出のLomo’Instant Automatで、あなたが思うままの写真が手軽に撮影することができます。

他の記事を読む

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • 【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    2017-10-20 #ビデオ choko3 の記事
    【祝!Lomography 25周年】ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ!

    25周年を記念して『ロモグラフィーのカメラを全部使っちゃいましょうワークショップ』開催決定!Lomographyの代表的なフィルムカメラ LOMO LC-A+ と、さらにその他たくさんのカメラを使って撮影を楽しみながら、原宿や渋谷の街を撮り歩きます。フィルムカメラを使ったことがない人も、スタッフがフィルムの入れ方からレクチャーします!

  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Diana F+:変幻自在なスクエアフォーマット

    2018-06-15 #gear
    Diana F+:変幻自在なスクエアフォーマット

    無限の可能性を秘めた Diana F+。アクセサリーと一緒に使うことで様々な姿に変身するカメラです。今回はスクエアフォーマットがどのように変化するかに注目してみましょう!