好奇心から愛へ: ロモグラファー・Peiqi LohによるLomoChrome Purple Filmでのアナログ写真体験

好奇心は愛に変わることもあります。シンガポールのロモグラファー・Peiqi Lohの場合、好奇心は彼女をアナログジャンキーに変えました。

現在ではアナログ写真を続けて約10年を迎えた彼女が、 LomoChrome Purple Film によるロモグラフィックな冒険を共有してくれました!

  • 名前: Peiqi Loh
  • ロモホーム: @chayneh
  • 国: シンガポール
  • 使用フィルム: LomoChrome Purple
  • 使用カメラ: LC-A+ & Superheadz Wide Angle
Credits: chayneh

早速ですが、写真をはじめたきっかけを教えていただけますか?

9年前、オンラインショッピングをしているときに、マルチレンズカメラのセールがやってたんです。そのときまで全く写真に興味はありませんでしたし、いまだにアナログカメラを使っている人がいることすら知りませんでした。好奇心からネットでフィルム写真のことを調べてみて、ビビッドな青空と牛を写した写真に目が釘つけになりました。それがきっかけでフィルム写真を始めて、以来ずっと続けています。

普段はどのようなものを撮影していますか?

古い場所でも新しい場所でも、外に出かけていろんな場所を探検するのが好きです。なので、カメラを持って出かけるときはいつでも、その場所の特徴を写真に収めるようにしています。風景や人、ときには建物や花だけに焦点をあてて撮影しますが、どの写真も私にとってはその場所の物語を持ってるんです。

ご自身の写真スタイルについて説明していただけますか?

自由ですね。特定のスタイルといえるものはなくて、その瞬間を場所やタイミングに縛られずに撮影しています。

Credits: chayneh
Credits: chayneh

なぜフィルム写真を続けているのか、理由を詳しくお聞かせいただけますか?

フィルム写真は良い意味で制限があるんです。たとえば、フィルムでは良い写真を撮るために36回の限られたチャンスしかありません。デジタルでは私はその5倍も撮影してしまいます。たった一度のチャンスしかなく、どの写真も成功するか失敗するかわからないために、フィルムではいつも素早く設定とアングルを決めなければなりません。現像後の写真が良いものになるように結果を想像しながら撮影することが、私にとってのフィルムカメラの醍醐味なんです。

LomoChrome Purple Filmを利用する理由はなんですか?

私は不思議な色合いの写真が好きなんです。LomoChrome Purpleは作品にシュールでミステリアスな雰囲気を与えてくれるんです。まるで奇妙な映画のワンシーンみたいに。特に風景写真で、私が好きな被写体でもある花や葉を写したときの紫色が気に入っています。

LomoChrome Purple Filmで撮影した写真でお気に入りのものはありますか?

Credits: chayneh
Credits: chayneh

これは最近、日本へショートトリップに出かけたときのものです。私はそこで古い街並みや建物の美しさに魅了されました。この場所は歴史ある街で、どこもかしこもフォトジェニックな風景でした。写真を見返しているとあのときに引き戻されて、冷たい空気と感動が蘇ってきます。

Credits: chayneh

ここはおそらく私が今まで訪れたなかで一番せわしない街でしょう。その慌しさを写さずにはいられませんでした。

Credits: chayneh

私と兄弟は去年ようやく学校を卒業したのですが、そのときに楽しい非公式の写真を撮影しました。みてわかるように、この写真には3人の卒業生が写っています。私は母にプラスチックカメラを渡して、「これは素晴らしい写真になるぞ」と思いました。そして、その通りになったんです!完璧な写真とは言えませんが、母の指が写真に入ってしまったのは作品にコミカルな印象を与えてくれました。母親はいつでも母親ですね。

Credits: chayneh

この素敵なSamanea samanの木は私のイスタナ庭園のお気に入りの一つです。この場所で何枚か撮影して、私はその結果に驚かされました。素晴らしい紫色に染まった葉と木の形は、どんな写真にもぴったりの完璧な背景だったんです。

LomoChrome Filmでの撮影の感想をお聞かせください。

LomoChrome Purpleはいつだって私を驚かせてくれます。このフィルムの良い点はショットごとに紫の強さが異なるので、現像するまで結果が決してわからないところです。それに、カラーの特殊さから不思議に思えますが誰にでも扱いやすいフィルムだと思います。ですが、一定の光量を満たした場所で撮影しなければ、写真全体が暗い紫に覆われてしまうので注意が必要です。

最後に読者の皆様に一言お願い致します!

実験を楽しみながら、ランダムに色んなものを撮影してみてください。撮影の時には失敗したと思っていたものが、現像してみるとベストショットだったなんてこともありますよ!


2017-01-04 #gear #people Crisselda Robles の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

他の記事を読む

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 紫色のパラダイスへようこそ:Jodie Cartman

    2018-01-13 #people cheeo の記事
    紫色のパラダイスへようこそ:Jodie Cartman

    まるで魔法のような景色が広がるこのシリーズは Jodie Cartmanによる作品。LomoChrome Purpleで撮影したポートレートは、被写体の雰囲気をよりミステリアスなものに仕上げています。

  • LomoChrome Purple フィルムと行くアイスランド:Eden Carter

    2017-11-17 #people
    LomoChrome Purple フィルムと行くアイスランド:Eden Carter

    イギリスの写真家 Eden Carterが撮影したアイスランドの荒涼とした大自然。全てをパープルに染め上げる LomoChrome Purple フィルムで写された、息を呑むような景色をご覧ください!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • スクエアフレームでミニマルな写真を撮影する方法

    2018-01-30 #tutorials
    スクエアフレームでミニマルな写真を撮影する方法

    スクエアフレームで絵画のようなショットを撮るコツは、被写体以外の余計なものを徹底的に排除すること。色や被写体だけに集中して、ミニマルな1枚を撮影してみましょう。

  • LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    2017-10-21 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    今年開催された フォトコンテスト Gritty Woman 。たくさんの応募の中から『ロモグラフィー賞』を受賞したのは、 ケイスケミツモトさん。被写体の芯の強さが伝わってくるような写真がとても印象的でした。ステレオタイプに捉われない、被写体の「強さ」が伝わってくるポートレート作品をご覧ください。

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • 山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    2018-01-12 hodachrome の記事
    山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    多重露光による様々な幻想世界を魅せる山本穂高氏 ( @hodachrome )による写真展のご案内です。今回のテーマは近年取り組んできた「ポートレート多重」。様々な女性たちの個を生かしつつ、日本の四季の題材とを融合させました。デジタル合成ではない、アナログでしか味わえない四季折々の群像劇をぜひご堪能ください。

  • 【2017年】日本ロモホーム大賞発表!

    2018-01-01 refallinsasaki の記事
    【2017年】日本ロモホーム大賞発表!

    親愛なるロモグラファーの皆さま、2017年もロモグラフィーのコミュニティにたくさんの写真を投稿いただき、ありがとうございました!2017年に日本のロモホームで一番多くの「♥LIKE」を集めた写真やロモホームを大発表!!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

  • ★Diana Instant Square - 6/22(金) 正午よりプロジェクトスタート!

    2018-06-20 #gear #ニュース
    ★Diana Instant Square - 6/22(金) 正午よりプロジェクトスタート!

    Dianaが正方形フォーマットのインスタントカメラとして生まれ変わる!鮮やかな色とコントラスト、特徴的なビネット(四隅の周辺光量落ち)、ふんわりとしたソフトフォーカスに予測できない光漏れ。そんなアナログな写りを撮ってすぐに楽しめる Diana Instant Square !