LomoAmigo: Nilipek. × La Sardina

とびきりキュートな歌声と楽しいウクレレのメロディー、そしてフレンドリーでピュアなキャラクターで私たちを魅了する Nilipek. 。 今回は彼女に La Sardina DIY を渡して、LomoAmigoとしてオリジナルのLaSardinaと実際にこのカメラを使って撮影した写真を紹介していただきました!

"LomoHome of the Week"に彼女のロモホームを選んだ後、私たちはそれがNilipek.であることに気づいて驚きました!さらに、彼女の ロモホーム の紹介文から、彼女が熱心なアナログ写真愛好者であり、「手にしたアナログカメラは何でも挑戦してみる」人だと知ったのです。

Credits: aysegulnazcan

こんにちは、Nilipek.!簡単な自己紹介をお願いできますか?

こんにちは!私は子供でいることが好きです。だから大人ではありません。歌を歌うこと、絵を描くことが大好き!それが私です。

Nilipek.を知らない方にもわかるように、簡単にあなたの音楽について説明していただけますか?

私たちの音楽は披露するイベントや、そのとき私たちがどんな気持ちなのかによっても変わるんです。そのため、一つ楽器が追加されただけでもダメになってしまうような、非常にアコースティックな曲もあれば、熱狂したい気分のときにはたくさんの楽器を組み合わせるような曲もあります。ですが、どこにいても音楽が導いてくれて、私はただ静かに歌うだけという点は変わりません。あまり大声で歌うことは好きじゃないんです。

Credits: aysegulnazcan

写真を始めたきっかけはなんですか?初めてとった写真を覚えていますか?

たぶん中学生くらいの頃から、家にあったカメラを使っていたと思います。初めて写真を撮った時のことは覚えていませんが、2つ重要な出来事がありました。高校に進学する前、夏休みの間ずっと無給でお店の手伝いをして、父から小さなデジタルカメラを買ってもらったんです。いつもそれを使って写真を撮っていました。それと、大学時代の親友がカメラを貸してくれて、コンサートに行くように勧めてくれたんです。その2つの出来事が、私がカメラを始めるきっかけになりました。

よくアナログカメラを使っていますね。フィルム写真を好むのはなぜですか?

本当のところ、デジタルカメラを使うお金がなかったので、父の古い一眼カメラを使い始めたんです。私が写真に興味があると知ると、まず祖母が祖父の古いカメラをくれて、次に叔母が違うカメラを見つけてきてくれました。さらに、当時住んでいたアパートでも別のカメラを手に入れました。それから、どのカメラにも違う特徴があって、使っているときの印象も異なることに気づくようになりました。アナログカメラでの撮影はコレクションに変わって、私はカメラを集め始めたんです。

Credits: aysegulnazcan

La Sardinaで撮影してみた感想はいかがでしたか?

本当に楽しかったです!はじめは設定を調整できないことに少し驚きますが、慣れればなにも考えずに撮影を楽しむことができますよ。

La Sardinaでの思い出を聞かせてください!

私のオリジナルのLa Sardinaをみた人たちは驚いて、それがなにか確かめようとしていました。実際、このカメラは知らない人と話をするきっかけにもなったんですよ。
湖の傍で可愛い犬の写真を撮っているときに、ふと見上げると、大きなレンズのついた一眼レフカメラをもった男の人が立っていたんです。彼は私のカメラを指さしながら、「スペースカメラ(宇宙みたいなカメラ)ですね」と言いました。なので、私は「あなたのほうがスペースは取っていますね」と答えました。そこから会話が始まったんです。

Credits: aysegulnazcan

La Sardinaを3語で表現すると?

カラフル、スピーディー、ハッピー

Credits: aysegulnazcan

今回の写真の中でお気に入りはどれですか?理由もお聞かせください。

「FREE MUSIC」と書かれた紙を掲げるミュージシャンを撮影した、橋の上の写真です。彼はとても素敵なミュージシャンで、自分のことを「放浪ウサギ(wandering rabbit)」と呼んでいました。そのとき、私はただこの幸せな瞬間を思い出させてくれる何かが欲しいと思えたんです。この場合、それはLa Sardinaのフィルムでした。使い慣れたカメラではなかったので、思い通りの写真が撮れるかドキドキしていましたが、素敵な仕上がりでした。

Credits: aysegulnazcan

なにか新しいプロジェクトの予定はありますか?

もちろん!新曲もいくつか書かなければならないし、レコーディングや、いろんなコンサートや、絵だってたくさん描くつもりです。ですが、私はいつも自分で思い描いているうちの20%くらいしか達成できないんです。残りはアイディアが定まらなかったり、予定がいっぱいだったりで忘れてしまいますね。

今一番やりたいことはなんですか?

どこかのスタジオで音楽をつくるか、ミュージシャンに囲まれていたいですね。どちらも私をハッピーにしてくれるんです。

Credits: aysegulnazcan

撮影してみたい有名人はいますか?

Cem YılmazかÖzkan Uğurです。

La Sardina DIY をこれから使う方へなにかアドバイスはありますか?

私のお気に入りのフィルムは ISO 400 です。他には、難しく考えすぎずに写真を撮ることです!あと、使わないときにはフラッシュをオフにするのを忘れないでくださいね。そうしないと、いざ必要なときにバッテリー切れになってしまいますよ!

Credits: aysegulnazcan

インタビューにご協力いただき有難うございました!

こちらこそ有難うございました!

Credits: aysegulnazcan

Nilipek.による他の作品も見たい方は、彼女の LomoHome もチェックしてみてくださいね!また、 FacebookInstagramTwitter のフォローも忘れずに。

2017-01-14 #gear #people morlice の記事

他の記事を読む

  • 初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    2017-10-12 refallinsasaki の記事
    初めて LomoChrome Purpleを使う人へ

    まだ、 LomoChrome Purple を使ったことがない?「実際、上手く使いこなせるかな?」と迷っている人にオススメしたいのが Simple Use Film Camera LomoChrome Purple 。すでにフィルムが装填されているので、買ったらすぐに撮影をスタートできます!

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 【Best of Lomography Community】 2017年の人気記事・写真を大発表

    2018-01-02 choko3 の記事
    【Best of Lomography Community】 2017年の人気記事・写真を大発表

    ロモグラファーの皆さま、新年あけましておめでとうございます!昨年もロモグラフィーをご愛顧いただき誠にありがとうございました。おせちやお雑煮を食べながら、のんびり昨年を振り返ってみましょう。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • #イットガーリー SATSUKI × Diana Baby 110

    2018-05-15 erina の記事
    #イットガーリー SATSUKI × Diana Baby 110

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はフリーランスでマルチに活動している SATSUKIさんが Diana Baby 110で撮影した写真をご紹介。

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    <b>【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】</b>さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • 境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    2018-04-25 Jill Tan Radovan の記事
    境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    Veejayの作品は、忘れられた文化、社会、貧困など様々な世界の問題について私たちに考えさせるものばかり。悲惨な現実を突きつけられる一方、彼の白黒写真からは被写体の美しい人物像が伝わってくるのです。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!